転職検討中の方へ経験者からのアドバイス

転職検討中の方へ経験者からのアドバイス転職経験のある方々に、転職を検討している方へのアドバイスを聞いてみました。実際に転職した人で無ければ分からない生の声が沢山書かれています。多くの人が書いている事は、やはりそれだけ重要なことなのだとも感じます。一通りご覧になると、きっとご自身の転職にも役立つことと思います。

回答一覧

  • 全て
  • 転職活動
  • 転職エージェント、エージェント
  • 職務経歴書
  • 履歴書
  • 人間関係
  • ブラック企業
  • 転職
  • 会社
  • 仕事
  • 給料
  • 負担
  • 退職
  • 業務
  • 社員
  • 条件
  • 希望条件
  • 企業
y-ichii
今いる会社に退職の意思を伝え、退職して役所で諸々の手続きをし、次の会社に転職するまでに具体的に何をしなければならないか、どれくらい時間がかかるかを把握することが必要です。転職までの手続きの方法やコツが載ったハウツー本を購入しイメージすることをお勧めします。転職先の業種・どんな業務があるか、志望動機、今の会社を退職する理由は面接で必ず聞かれるので、ノートに書くなどして整理してください。退職理由はネガティブなことは言わず、ステップアップするための前向きな転職であることを前面に押し出しましょう。志望動機については給与面や福利厚生のことには言及せず、自分が持つ能力を活かしその会社に貢献できることをアピールすることが必要です。今は転職は当たり前の時代ですので、思い立ったらすぐに動きましょう。
ベリーキューブ
これから転職をする方々へ。まずは転職エージェントに2つから3つ登録して具体的な求人案件をもらうことをお勧めします。自分の経験や能力と希望する仕事内容でどのくらいの案件(需要)があるのかと条件が知れるからです。また、条件だけで見るよりは入りたいと思えて、入った後が良いも悪いもイメージできるところが良いと思います。
真白xxx
自分にその仕事があっているかどうかをシミュレーションすることが大事だと思います。また、自分の適性を見極めるなど、客観的に考える時間も必要だと感じました。
くりはらはるみ
現職がありながら転職活動するのであればエージェントを使った方が効率的です。職務経歴書も作りやすく、必要情報が整えばすぐに希望条件にマッチした求人を勝手に紹介してくれるので手間も省けます。
本田ひかり
新しい会社で無事働き始めたとしても、自分に合わなくてすぐに辞めることになる可能性もないとは限りません。経済面で逼迫することがないよう、それなりに貯金のある状態で転職を決めることをおすすめします。
ザックマイルド
実際に転職に踏み切るまえに、まず自分自身が本心として「何を求めているのか」を優先順位を決めて、改めて考察してみることを強くおすすめします。というのも、実際に転職した際、新しく得る事もある代わりに、それまで当たり前のように享受していた事が失われることが多いからです。あれも欲しいこれも欲しい、というのが本音のところかもしれませんが、再度自分自身に問いかけ、「本当に求めている事」をひとつ、また最低二つまでに絞り、それ以外の事は、バッサリ捨ててしまうくらいの覚悟があった方が、前に進みやすいです。ケースにもよりますが、実際に転職して実務に就いてみないと分からないものです。しかも、大きな覚悟を持つことで、実際には想定していたよりも安心できた、という場合も多いです。優先事項を絞り、覚悟を持って前に進むこと。転職にはそれが一番大切なことだと私は考えています。
くりたまたろう
転職するときはその仕事内容や会社の文化が自分に合っているか、いそうかを第一に考えるべきです。よほどの専門職でもない限り、職種が同じであればどの会社も同じようものです。
kiyo-5
転職する際には現状の仕事より給料が安くなる所は避けた方が良いと思います。最初は安くても仕方ないと思っていても生活水準を落とすのはとてもストレスになります。また、転職先のHP、口コミなど多くの情報をネット収集して判断した方が良いと思います。
まさかどたいち
辞めたいと思ったらはやくそうしたいのはやまやまですが、具体的な次の道が見つけるまでは我慢した方が良いです。必ずしもすぐに次が見つかるとは限りません。しっかり先行きを検討してことを起こすべきです。
赤いきつね
やりたい事が見つかったなら転職をおすすめします。また仕事内容が酷くなければ給料アップを目指した転職も良いと思います。嫌な人はどこにでもいるので、人間関係で転職するのはあまりお勧めしません。
totototo
・現場見学をする際に、最低でも現場で働いている人達の顔をよく見るといいと思います。何人かの顔に疲労や暗さが濃く表れている場合は、考え直した方が良いです。濃い疲労を抱えたまま働き続けることは、体にとても強い負担となってしまうからです。・面接で、仕事で使用する備品が会社負担か聞くと良いと思います。ひどい会社では、仕事で必須の高額な備品を自己負担で購入させられる可能性があります。
山田志津香
とりあえずで求人サイトに登録をしても、結局途中で転職活動が面倒になって転職活動を辞めることになります。それはまだ転職するタイミングではないから。とりあえず応募してみようというのも経験としては有かもしれませんが、どうしても転職したいと思えたときにすぐ動けるように、履歴書と職務経歴書は日々アップデートして保管しておくのがおすすめです。アルバイトでも、履歴書も職務経歴書も出さずに受かるはずないので、本気で転職を考えるのであれば、まずは応募書類作成から始めるのがいいと思います。
stepmew
よくある転職のパターンは、段々と待遇が落ちていくパターンです。ある一点だけに目が行き、勢いで転職をしてしまうケースが多いということでしょう。給料・休み・人間関係・・これが転職をしたくなる三大要素です。この中のどれかがいいと、割と長く勤められたり、とても嫌になると、転職をしたくなります。まず自分は、なぜ転職をしたくなったか・・を、考えてみてください。次に、何をやりたいのでしょうか。そして、新しい所の情報を集めることです。さすがに、人間関係を調べるは難しいのですが、会社・あるいは事務所に入った時の、社員の雰囲気は、その会社や部署の長の性格です。単に嫌になったから転職ということは止めて、自分の人生です。じっくり、そしてしっかり歩いて、よかったと言える転職をしてください。
よっしいっす
会社に勤めながら転職活動をするのであれば、転職先企業との面談の日程調整をしなければなりません。従いましてあまりエントリーを多くし過ぎない方が良いです。既存の業務調整をするのが大変になりますし、業務調整をし過ぎると変に怪しまれます。ただし、転職に関してオープンな会社であれば問題ありません。そうでない場合には気をつけた方が良いです。
gouyan
まず初めに、転職したいと思ったきっかけは何でしょうか。仕事内容ですか?やりがいですか?人間関係ですか?お金ですか?転職を決める前に、もう一度自分の立ち位置を確認することを薦めます。自分の立場を十分に理解して、尚且つ十分に納得して転職をしたことを前提にしたとき、転職で重要だと感じたことは、転職先の入社タイミングです。日本は新卒一括採用の国ですので、中途採用者は余程のスキル持ちでない限り、入った途端に即期待に応えられないと少し肩身の狭い思いをすることがあります。しかし4月入社であれば学校を卒業したばかりの新入社員もいるでしょうから、部署としても新入社員への教育等で忙しく、中途採用者へのプレッシャーが軽減されて、比較的自分のペースで新しい会社に溶け込むことが出来ると思います。
たかちゃんまん
転職するには勇気がいると思います。1番注意するべき事は、収入だけで転職を決めない事です。確かにお金は大事ですけど、それだけで決めてしまうとまた、転職する事を考えてしまいます。しっかりと転職先の会社を調べ自分に適しているか、長く働く事が出来るのかをポイントに転職を考えた方がいいと自分は思います。
あいかわらず
新しい勤務先の業務内容と給料明細の確認と、残業代がどれだけ残業をすると出るのかの確認が必要だと思います。できれば、その職場で勤務している人と会話をし、実際の勤務内容について質問できることが望ましいと思います。
nanami
次のキャリア、人生の中でやりたいことを明確にしてから転職活動、退職手続きをするべきです。ただ今の仕事が嫌だから転職、とするとあまり良い方向に進まないような気がします。
so-suke
転職時に大事だと感じたところはできることをアピールすことではなくやる気をアピールすることであると感じました。
ハラダユキマサ
給与や休日といった待遇面だけで転職先を決めずに職場の雰囲気や人間関係といった点もしっかり調べないと転職後にこんなはずじゃなかったとなる可能性もありますので注意してください。
みんなのターちゃん
当たり前ですが、転職先での手当などの給料面をきちんと決めてある事が重要です。書面などが有れば尚良いと思います。
jetzin12
まずは今の会社の自分の収入、福利厚生がどうなっているかをまずは確認する。次に転職したい理由が何かを箇条書きにする。数個だけなら今のままで良いと思うし、それより多い数ならもう一度現状と比較して転職の行動に移るべき
masacyu
転職の際には転職エージェントを使ったほうがいいです。自分の労力を使わずに良い条件の職場を探せるからです。
小川 さくら
転職するときにその仕事をどのくらい続けたいのかも考えて転職先を考えるといいと思います。自分のスキルアップになる仕事、興味深い人に知り合える仕事、この先の人生が変わってしまうような出会いもあると思います
Masahiro
これから何に挑戦してキャリアアップを考えているのか、それは今の職場では叶えられないことなのかをしっかりと考えるのが良い。
転職マニア
会社を続けながら転職活動をした方が良いです。会社を辞めてから転職活動をすると、上手くいかなかった場合に非常に焦ってしまい、条件をどんどん妥協し始めます。結果何のための転職活動だったのかとなってしまいます。
ktfs10250517
派遣社員と正社員の割合は絶対に確認するべきです。仮に派遣社員が多い場合は正社員に負担がかかっている可能性が高いです。逆に派遣社員に負担がかかっているところもあるので割合は注意した方が良いです。
おうまさん
「自分の実力以上に給与が高い企業はブラック企業である」これは間違いないです。派遣社員がつらくて正社員求人を探していた時にどう考えても記載の業務内容の割に高い給与を提示され、即戦力として迎えられましたがそれは間違いなく人手不足企業で大した研修もなくこき使われるだけの毎日が待ってました。自分の実力を過信せず、身の丈にあった基本給の企業で充分にサポート体制が整っているかどうかを念入りに確認してください。求人原稿はほぼウソということを理解しておいてください。
マルゲリータ
2年、3年経って転職したくなる気持ちはよくわかります。このままで良いのだろうか、別の世界はどうなっているのだろうと気になって仕方なくなりますよね。もちろんよく考えて転職を検討する方がよいです。衝動的にやってはいけません。自分でやりがいを感じる仕事だろうか、ストレスにならないだろうか、人間関係は、悪くないだろうか、福利厚生はきちんとしているかしっかり調べたりきいたりしてください。転職することは、視野を広げるために、決して無駄にはならないので勇気を出してしたほうがよいともいます。転職エージェントはもちろん味方になって親身になってくれますが信頼しきってもよくないのだろうと思いました。自分の目や耳できちんと確認してからの転職がよいですね。企業側かた転職エージェントに支払われる額じゃ驚くほど高いみたいです。転職後にすごくかかったといわれたことがあります。しっかりしなくてはいけませんね。
吉田ホタル
転職を決意した日から残業をやめ、有給取得に励みます。余った時間をつかってハローワークなら通い1ヶ月かけて次の転職先を決めます。決意してすぐ辞めるのでなく、一度考えをまとめることが一番必要だと思います。
てんとうむし
ただ今の職場が嫌だから別の職場に移れたら良いと思って安易に転職してしまうと失敗することがあります。転職先のことをちゃんと考えて、転職に必要な資格の勉強をしたり、必要な経験を積んでから転職した方が成功すると思います。
もふたろう
なぜ転職したいのか、次はどういう分野で働きたいのかを明確にしてから会社に退職の意志を伝えることをおすすめします。そこが曖昧なままだと、やっぱり辞めなければ良かった、と後悔する確率が高いです。
田中さくら
なんとなく、ここがいや、というなんとなくの理由ではなく、給料が安い、労働時間が長い、などの具体的な理由がある人は転職はおすすめです。
ねこぽちゃ
職場は人が大事だと思います。職場に嫌な人間がいると毎日そこに通わなければならない事が苦痛になりますので、販売・飲食店などならそこで買い物したり飲食したりと職場のふいんきや定員の態度を見るべき。面接時の会社の人や職場のふいんきで感じ取る事が大事だと思います。
アルキメデス
転職するにあたり内定後に、雇用条件を明確にして、書類にしてもらうことをお勧めします。雇用条件を当社規定とかしている会社は特に明確にしてもらってください。いざ入ると想像と違う場合があります。基本給、賞与などできれば7、取り年収の提示をしてもらうと良いです。してくれない会社は怪しいと思います
キングダム
迷わず行けよ、行けばわかるさ。迷っていてもしかたない。あなたが20代、30代で若いなら転職してみるほうがいい。いろいろな業界を経験することは知見が広がります。今、そしてこれからは人手不足の時代。選ばなければ仕事はあるので野垂れ死ぬことはありません。好きなこと興味あることに挑戦してみましょう。
なるとなるみ
三回にわたり転職したものから得たものは、人間関係だと思います。同じ職場の人間とは、毎日八時間以上、家族よりも一緒にいる時間が長いのです。嫌な所も嫌でも見えてきます。いくらお給料が高くても、ストレスがたまり行きたくなくなってしまうのが人間だと思います。
りんたろー
空白期間の説明は、自営業や主婦以外の人は、介護していたや資格の勉強していた等よりも、在宅でクラウドワーカーなどの仕事をしていたと書いておいたほうがいいです。年単位でもごっそり空白を埋められるし、相手への説明もしやすく、突っ込まれにくく、多少オーバーに言っても、嘘ではないので説明しやすかったのでお勧めです。
トルコライス
本番の面接では、前職の退職理由を必ずと言っていいほど訊かれるので、単に仕事が好きでなかった、人が合わなかったと答えてしまうと、落とされるケースが高いです。そのため、やりたい仕事への熱意を全面に出すことが面接突破のカギになってきます。
努力家を目指すおじさん
ストレスマネジメントが重要だと思います。今の仕事内容に対してどこに不満があるのがを見極めて、新しい職場ではそのストレスに接することが少なそうかを考えた方がよいと思います。
あすなろa
求職活動して、応募会社で内定を貰ったら、期限が書いてなくても遅くても2、3日内に回答するようにしましょう。もし、返事を少し待ってもらいたい場合は、「いつまでに返事をすればよいでしょうか?」と確認すると、相手も段取りが組みやすくなります。逆に、1週間以上返事をしなければ、応募会社から見送りとされる恐れがありますので、注意が必要です。
チョロジャガ
私は飲食店の仕事から派遣の仕事に転職する際、『働けたら何でもする』というような気持ちで応募しました。ただ、この気持ちで入ったので、後々いろんなことを任せられ、NOは言えず、自分が思ってたのと違うと思うようになります。転職を考えとられる方には、『具体的にやりたいこと』、『自分がどれだけ働けるか』、『休みなどの多さ』など、当たり前かもしれませんが、思っていることを書き出してみたり、それを面接などで言えるような準備をした方がいいと思います。会社側が言われることに対して、ちょっとでも疑問に感じたり、自分はこうしたいんだという気持ちがあれば、それは言った方が絶対にいいと思います。
しっかりとしたびじよを!
当たり前ですが、転職はポジティブな行動でなければならないと思います。ご自身のビジョンを見つめ直し、前向きかつ人生の戦略的な行動として計画すべきだと思います。
Grace
自分の貯金額にある程度余裕のある状態で転職活動を始めたほうがいいと思います。すぐ新しい転職先が見つかるかわからないし、お金の心配があると、希望の条件に当てはまらなくても焦って転職を決めなくてはいけなくなるからです。そうなると結局また不満がでてきて転職を考えるという悪循環になるかもしれません。
サブコンシャス
転職エージェントのアドバイスを聞く際は、相手はあくまで営業であり、自身だけではなく、企業側の支援もしていることを念頭にし、親や親しい友人とは違い必ずしも純粋に自身のためを思いアドバイスをしているわけではないことを注意すべきです。
渡辺みさこ
もし転職したい所がサービス業などならば、面接に行く前にお客さんとしてそこへ行ってみて、会社の雰囲気やスタッフ同士の仲を見ると良いと思います。
やまもとみや
面接官の第一印象で会社の状態がわかることもあります。あまり良い印象を持たなかったときは、その開始や早めたほうが無難です。給料面はしっかり聞くこと。残業代が出るのかなど、入社してから話が違ってたということがないように。人事の人は良いことしか言いません。入社する前にネットでよく調べるか。一番良いのは勇気がいりますが、そこで働いている社員をつかまえて聞いてみることです。
小林 なつこ
今の職場や仕事の何が嫌なのか、冷静に分析してから辞めることをおすすめします。感情で辞めると後悔します。仕事が合わないのであれば違う職種に転職もいいと思います。営業職から事務職などです。何の仕事、職種に転職するにしても、次の仕事に役立つ資格を取ることをおすすめします。
カズトヨコ
給与の希望額の提示(意思表示)はしっかりしておくのがベターだと思います。面接で実力が分かることはなく、入社時の給与が後々もずっと基準になってしまうからです。
よこたてよこよこ
今の給与の保証など、譲れない点はきちんと先方に伝えた方がいいと思います。また、もし事前に社内の会議室でも見せてもらえるなら、見せてもらった方がいいと思います。何となく暗い気がする、と思って入った会社は、いずれも自分には合わなかった経験があります。
よたこんだ
自分が何が原因で前職を辞めたのかを考え、自分が絶対無理な部分と嫌だが諦められる部分わしっかりと頭に入れて転職するといいかと思います。
はるぼーん
約2年前に転職を致しました。転職市場が比較的売り手市場であったため、転職活動期間は半年ほどで終わりましたが、やはり大手や優良企業の中途募集は希望者が多く、書類選考を通過しても、先行して選考が進んでいる応募者の採用が決まれば話は無くなってしまいます。そのため如何に早く応募するかが大事になると思います。早く応募するために、転職を考え始めたら自己PRや志望動機の雛形をあらかた作成しておくと良いと思います。また人材募集の掲載自体にお金が掛かるためひとつの転職サービスにしか掲載していない会社もたくさんあります。そのため、複数の転職サービスやハローワークなどで満遍なく人材募集の情報を確認されたらより良いと思います。
nina1231
一般的に転職すると以前の職場より待遇面や金銭面で落ちることが多いので、今の職場である程度経験を積んだり、資格を取ってから転職をした方がいいと思います。衝動的に転職すると後悔することになると思います。
tatsuya-0729
・現職を辞める前に探し始めた方がいいと思います。・現職をの給与が高いなら最後の6ヶ月間はなるべく残業をして給与を上げた上で転職前に失業保険をうけとるのも有りだと思います。
コッシーさん
周りにいろいろ言われると思いますがそこは家族であろうがアドバイス程度に受け止めること。そして、自分のやりたいことをきちんと分析しそれに進んでいくべきだと思います。
さととさん
転職エージェントを使う場合、エージェントは転職者の年収の一定割合を報酬として得るのが一般的であるため、自身の想定年収相場が高ければ高いほど手厚いフォローが得られるということは忘れないほうがいいと思います。
uganda
まずは時間期間に余裕を持って動いた方が良いです。働きながら転職活動するのは結構大変です。実際甘くもないです。焦らず、1つづつ動きましょう。
じぇじぇた
求人で若い人が活躍していますと書いている所は離職率が高い可能性があるのと長く会社で活躍できないという事が多いので気を付けた方が良いと思います。
パラのこにたん
エージェントを利用する際の注意点です。1週間に最低1回は何らかの転職情報の紹介をしてもらえるエージェントが良いです。こちらから連絡を入れるまで、放っているエージェントは、あなたのことを二の次に考えています。もしくは求人案件の持ち駒が少ないため、人材会社として実力がありません。いつまでも相手をすることなく、他のエージェントと掛け持つくらいに手を広げましょう。
吉田 由男
転職すれば現状がすべて改善され、安泰な結果をつい想像しがちだが、新しい環境というものは決して優しいものではない。転職の条件として何を重要視するかを重々検討したうえで転職してほしい。
りりのすけ
転職する理由にもよりますが、アットホームで皆仲良し!って言葉は信じない方がいいと思います。少人数でアットホームな雰囲気があったとしても、それは上辺だけで実際違う場合が多いです。
髑髏森餓鬼太郎
内定をもらって即座にOKをしないことが大切です。学生時代の就活でつらい思いをしているとすぐに内定に飛びつきたくなるかもしれませんが、今は完全な売り手市場。比較することが大切です。
さかもと りょう
もし今いる会社で、これ以上続けることは無理だなと思ったときには転職してしまって良いと思います。だた、今その会社でしか経験できないようなこともあると思うので(良いことも悪いことも含めて)、後ろ向きな気持ちで逃げるように転職して行くのではなく、前向きに「ココでこれだけは経験してから転職してやろう」という気持ちがあった方が良いと思います。イマイチな会社だったとしても、せっかくですから自分に吸収できることは吸収してみてください。
たのしんご
転職するにあたり、今の会社の人たちには少なからず迷惑をかけることになります。いくら今の職場が過酷で、上司、同僚に恵まれていなかったとしても、退職の意向は早めに伝えた上で行動に移すべきだと思います。基本的なことですが、転職したい理由を正直に述べることが大事だと思います。
リッキード
転職をしたいと考えたら、何度もメリット、デメリットを考えてから。それでも転職をしたいと思うなら行動あるのみ。
yoshi_5
転職する時期やタイミングについてですが、まずは前職である所属組織に対して、これから転職するに値する十分な動機があるかを自身できちんと整理、把握した上で転職活動に入るべきではないかと考えます。準備してから挑んだ方が良いことですが、やはりこれまで培った業務経験を職務経歴書としてどのようにまとめきれるかが重要と思います。また自身の将来の方向性に合致している転職先であるかについてしっかりと情報収集を行うに越したことはありません。またハローワークに登録する場合は、転職活動に有効な各種セミナーや研修会に参加することも意義があると思います。転職で最も重要なことは、今の職場より次の職場で自分自身が何をしたいのか、これからどのような業務スキルを向上したいのか、自身のワークライフスタイルを確立していく重要な局面と捉え、最善の職場を選択していくことが大事だと思います。
ミトコンドリア
同じ企業の求人でも求人サイトにより入社条件が違う場合があります。入社祝金などの記載がある求人サイトもあるので希望の企業が見つかったら色々な求人サイトを検索するといいとお思います。サービス業などでは休日はきちんと確認することです。こちらに希望日がある時は最初に申し出るようにした方がいいです。残業がある場合、条件を確認した方がいいです。私の場合、現在の職場では無償残業が毎日です。何分単位でどのような時でも残業扱いになるのか確認するといいです。実際に働く職場も可能なら面接時に見せてもらうと雰囲気がわかっていいと思います。
MIMAMORU
当方2回転職経験があります。2回とも諸般の事情で次の仕事が決まる前に前職を辞めました。1回目は半年以上、2回目も1カ月以上無職となりました。金銭的に余裕があるのなら別ですが、そうでないなら次の仕事先のめどが立ってから辞めるのがベストです。
ADJG.9
転職を考えている方へのアドバイスですが、有効的な転職活動を挙げるとすれば確実に転職エージェントを利用する事がオススメです、とはいえ一番大切な事は自身の転職に対する熱意やモチベーションですので頑張り過ぎずにマイペースに活動する事がより良い転職活動が出来るコツです、頑張り過ぎずに頑張って下さい!以上です。
coron‐1004
退職届けを出す前に、どうして転職したいのか、自分自身が今の職場でどのような役割なのかを整理する。就業規則などを確認し、引継ぎも含めて退職希望日の何か月前から退職の意思を伝えるべきか決める。また退職の意思を伝える前に、次に自分がしたいこと、出来ることを整理する。転職後の仕事を決めてから退職の意思を伝えるのがベストです。仕事を辞める時は、思っているよりもストレスもありますが、最後の最後に一緒に働いてきた仲間をがっかりさせることのないように、前向きな退職理由を告げるようにしましょう。希望の会社の面接時は、会社に入る前から誰かに見られているかもしれないという意識をもって向かうべきです。面接で質問される可能性がある内容をきちんと前もって整理しておく。志望動機、自己紹介、自己分析、この会社でやりたいこと、どうして他の会社じゃなくてこの会社を希望するのか等です。事前準備は必ず力になります。
すもももももももものうち
転職は悪いことじゃないと思いますよ。仕事をする上で、精神衛生や収入は大事です。結婚を機に転職しましたので収入は減りましたが、残業はほぼないし、パワハラもなくなって楽になりました。働きかたはいろいろある時代だし、我慢はしなくていいんですよ。
Tkeshi19
アドバイス・本業を辞める前までに次の就職先はリサーチしておく・現在持っている資格、技術、知識などが生かせる仕事先を選ぶ・10年後、30年後その会社で働いていける覚悟はあるのか・自分のやりたい仕事なのかを見極める・現在の環境とこれから先の環境のメリットとデメリットをリサーチする・転職先に何を求めて応募したのか、その求めているものは今後叶うのかを確認する
佐倉みちる
まず、なぜ転職したいのかよく考えた方が良いです。基本的に転職したい時というのは、感情的にとてもマイナスになっていますので、それをできるだけフラットな状態に戻しましょう。そして、次の仕事への準備期間としてどれくらい必要なのかを計算すると、冷静にスケジュールが立てられると思います。しかし、毎日涙が出るとか、吐き気が止まらないなど、明らかにメンタルヘルスケアの必要な場合はとにかく病院に行って休職し、即転職と動いた方が自分の人生のためです。
ポン・シェー
自分の短所、長所、スキル、今まで経験してきたこと、どいうことができるのか、これからどういうことがしたいのかなどを徹底的に考えてまとめておいた方が良いと思います。
miho09
転職で重要と感じたことは、全職種と少しでも似ている部分があったほうが良いということです。前職と同じ系統には就きたくないが、といった時でも、少しでもかかわりがある仕事の方が次に生かしやすいと考えるからです。
たみたみぽん
転職前にいかに現職に迷惑をかけずに転職ができるのか、事前に準備すべき。この段取りができずして転職先で成功なし。
むらさきふじ
休日が確保されるかどうかはきちんと確認を取った方がいいです。求人誌などにある「アットホームな会社です」という文言ですが、わたしの経験上、新しく入ってきた人が馴染みにくい雰囲気だったり、休日に半分仕事のような、いわゆる“付き合い”が多く、プライベートにやたらと干渉してくる場合が多かったです。
ぼーちゃん
転職する際は必ず自分が何が目的なのかを明確にして転職した方がいいです。そしてその明確に出来た部分を会社のホームページや面接の時に聞いてあっていた場合転職をおすすめします。自分の目標などを定めず転職するとまた同じ事を繰り返してしまうだけになります。
work happy
就職サイトに頼り切りにならず、自分でも新しい勤め先を調べたりする前向きな気持ちが必要です。あとは、自分の思いや主張をしっかりと持つこと、それを伝えるスキルを身につけることも大切です。
たんちゃろ
都会で働いている友人は最低でも1回は転職したことがある人が多く、「誰でも一度は転職をするもの」と思っていたけど地方なので半ばあきらめていました。だけど調べてみるだけでも気分転換になり、自分のやりたいことが見つかりました。
ささきあや
人事の人は大抵良い人(対応が悪い会社は論外)なので、実際に通勤、退勤時の様子をこっそり確認するのは良いと思います。始業時間に対しての出勤時間帯もわかりますし、雰囲気が合っているか見た方が良いと思います。人事に職場の人を紹介してもらう手もありますが、良い人しか紹介されません。
マリンのおかん
今は昔のように終身雇用の時代では無いので、自分がその会社に合わないと思ったら転職をしたほうがいいと思います。20代のうちに何度か転職をして経験を積み、30代に入るころに一生勤めることができる会社を見定めて最後の転職をするのがいいと思います。
ペロリちゃん
まずは自分の好きな事や、やってみたい仕事から探すほうがよいと思います。休日や所得の条件も大事ですが、やり甲斐をもてなければまた転職を考えないとダメだからです。それ以外のお仕事なら副業と両立できるお仕事がいいでしょう。
なうまいる
転職をするポジティブな理由を考えるも大事ですが、ネガティブな理由を突き詰めて明確にすることも大事だと思います。嫌なことを解消するために転職するのに、それをはっきりさせないまま転職先を探しても「働く場所は変わったけど嫌な部分は変わらないな」という悲しい結果になってしまいます。実際に私も面接で「前職はこういうところが苦しかったが、御社はそういう制度ではないので安心して働けそうだと感じました」とはっきり言って、採用してもらえました。入ってみないと分からない要素もあると思いますが、残業に対する価値観、休日の取り方、昇進のスピード感など、じっくり自分と向き合って見てください。
なべぶた太郎
1つの場所に3年以上いなければいけないと言う人には気をつけたほうがいいです。なぜならその人は転職をしたことがない可能性があるからです。自分はその言葉に悩まされ転職になかなか踏みなかったですが、いざ転職してみるとそんな事はなかったです。
KAEDE
もし、その転職したい会社を見つけたのが求人広告であったなら、頻繁に求人を出していなかったかチェックしてみて下さい。不景気の今、「儲かりすぎて人を探している」ところは稀です。という事は、求人を頻繁に出している所はほぼほぼ離職率が高く良い職場とは判断出来ない何かがあるはずです。注意してください。
初期型専用バグ
ネット上の情報を参考しながら、転職したい会社のの所在地付近に出かけて働いている社員の顔を見ることである程度の目星は付くと思います。私の場合は同業種でしたので転職したい会社の方と休憩室などで実際に話してみて前向き・後ろ向きどちらの発言が多いかじっくり聞いてみて判断しました。
三藤ふみか
転職したい、という気持ちと、焦る気持ちはセットのようなものだと思います。しかし、その焦りをぐっと抑えて、冷静な目で転職先を見極めることが大切です。企業や仕事の良い点だけ、悪い点だけではなく、その両方をきちんと洗い出して、どの転職先が自分に合っているのかじっくり考えてみてください。
れもんけーき128
自分は与えられた仕事をコツコツ確実にやるタイプでしたが、転職先は立ち上げたばかりの会社で、積極的に自分の考えを提案したり事業に参画していくことが求められ、自分にはきつかったです。自分のポジションが、自分の特性に合っているかどうかを確認しておけばよかったと思いました。
mallo
転職に関してですが、ご自分の今置かれている環境を整理しながら前向きな気持ちで検討されることをお勧めします。今いる職場の「人」が嫌なのか、職業そのものが嫌なのか、収入に不満があるのか、そのほかにも理由はたくさんあるかと思います。自分がどういった理由で転職したいかを明確にしておくと、次の職場はどういった場所がいいのかということがはっきりしてきますので、同じような失敗を起こしづらいです。
marimo
ハローワークから応募する時には、応募する際にハローワークの職員さんに「補足事項はありませんか?」と聞いてください。職員さんの端末から、過去に面接に行った人の口コミのようなものを見ることができるので、ブラック企業の場合はそのような情報が上がっていることがあります。
ぴよっしー
福利厚生や有給取得率、平均残業時間は面接時に確認した方が良いです。募集要項にあらかじめ記載してますが、記載内容と違う会社が稀にある為、入社するか関わらず応募して面接を受けてから(気になった条件を質問してから)考えた方が良いと思います。
転職し太郎
在職中は月1度定期的に振り込まれていた給与が、止まるだけのことがものすごく不安に感じました。ある程度貯蓄もあり、技能的にも再就職に自信はあったので焦る必要はなかったのですが、社会生活のある種の刷り込みでしょうか。十分に働いたので少し自由なことがしたい、という考えの人でなければ、在職中に転職先を決めて、退職したらほどなく再スタートできるようにした方が、精神衛生上も良いです。転職しようと決心した時は得てして、こんな仕事やってられるかという気分なのですけどね。在職中から転職活動を始めることには、罪悪感を感じる必要はありません。すべては自分や家族のためです。
たむたむぽん
転職を考える際にまず、優先順位を考えるべきです。収入なのか、やりがいなのか、ライフアンドワークバランスか。全てを求めるのは無謀。
ウルるウルる
私自身人材ビジネス業界に転職して現在も働いておりますが、今は能力があれば転職しても仕事は見つかります。転職前より給与が上がるケースも多くあると思います。昔と違って年齢制限も大分緩やかになっているので、40代位までは十分転職できると思います。ただし、50歳を過ぎてからの転職はやはり厳しいです。また、同業界への転職はすぐに決まりますが、業種・職種を替えての転職はやはり苦戦します。年齢が上がってから転職するなら、やはり経験を活かすことが必要かと思います。また、自分以外にも厳しい業界を経験した方は転職しても成功するケースが多いと思います。大手でそれなりの待遇で働いている方は、転職すると厳しいのではないかと思います。
さくらもち
まずは自分が何が得意で何ができるのかなどの「スキルの洗い出し」が必要です。それに加えて、これから何がしたいのか、何が好きで何なら頑張れるのか、の「好き」「やりたい」の洗い出しが大事です。
転職応援します子
自分が転職してよかったなと思うのは、やはり世界が広がり自分の可能性や能力も広がったなという点です。転職するときの不安や、心細さは、目的をもって転職することできっと乗り越えられると思います。最初は認められなくとも自分を信じて誠実に進んでいくことです。頑張って下さい。
いけまる。
とにかく今の会社辞めたくて転職する方に少し考えていただきたいことがあります。それは給与のことです。今の会社をやめたい理由は各々違うと思いますが、今の会社でもらっている給与で皆さんの今の生活があることは同じだと思います。だからこそ新しい会社を探す際にも仕事の内容や勤務場所だけでなく固定の給与やその他の手当てがどのくらい支給されて月額いくらの給与かということ内定受諾の前に少しだけ考えて決断していただきたいです。当たり前のようなことですが今の時代働き方も様々ですし、急いで転職したい場合に少し忘れられがちなので記述しました。
たけのこのさと
私は次の職場を探すのは仕事を辞めてからにしようと思っていたのですが、上司からの引き止めがすごくて予定していたよりも退職時期が遅れてしまいました。もしも少しでも早く辞めたいという思いがあるならば、嘘でも次がある決まっていると話した方が良いです。
たぐちみさと
私が転職する上で伝えておきたいことは、どの転職サービスを選ぶかが大事であるということです。事前に調べることが必要です!
にじたろう
私が転職したのは、リーマンショックの年1年前でした。年齢は30代後半で派遣会社の正社員としてCADの専門性を高めようと転職を決意しました。案の定、リーマンショック後、首切りにあったのですが、今になって思うことは、時期と年齢は、もっと考えて転職するべきだったと後悔しております。ただし、技術に自信がある人は、年齢関係なしに転職した方が良いと思います。
転職4回目
転職する際、私が考えた事は現状と同じ仕事をしてキャリアアップを目指すか、将来独自に事業を起こす為に様々な経験を積み続けるかでした。結果、私は多業種を経験し将来に活かすことを考えて転職活動をしました。転職は目の前の仕事が辛いから等でするものではなく、自分のキャリアアップを真剣に考えて転職活動を行った方が良いと私は考えます。
hotmot2
体を壊して仕事をまくなく辞めざるを得なかった人はまず労働条件によって身を守りましょう。就職斡旋サイトに登録するときには、自分の労働条件を把握してもらい、面接時に採用される会社側に細かく話し納得してもらった方が、後々会社側にも自分にとってもウィンウィンな関係が構築できます。
こたつむり
まず自分が何のために転職したいかを考えてから職を探さないといけないです。例えば、お給料が安いからや、今の仕事にやりがいが見つからない、等です。それによって探す職が大きく変わってくるので重ねてになってしまいますが「何の為に」というのを振り返って決める必要があります。
カメレオン
募集要項を信じて入社したのですが、実際働いてみると書いていた内容と違うことがあります。面接時に臆せずきちんと確認して、聞いたことをメモする方がいいと思います。
かんぷうう
お金(所得)で決めないほうが良い。特に微妙な会社で賞与ありとなっていても実際はないところもある。カラクリは役員などに賞与を払っていればありと記載ができるらしい。本当にやりたいことで決めるのがベストな選択である。あと職歴はいくつあってもよい。密接に係る場合もあるし、間接的に前の職種や技能が活かされる場合も多々あるので、いろんな職種を体験するのも一つである。
田中林太郎
転職活動で企業に応募するときは、応募先を絞ったうえで複数の企業に同時に応募した方がいいです。すなわち、1週間に2社ずつ、3週間で6社応募するよりは、一気に6社応募した方が良いです。面接の時期が重なりややつらいかもしれませんが、内定を同時に2-3つもらい給与交渉がしやすくなります。内定をもらって1週間以内に回答しないといけないが本命企業は1次面接も終わっていないという状況だと苦しいですよね。1度に複数内定もらうのがベストです。
S×L=SL
会社の評判を事前に良く調べましょう。求人情報の載っている情報だけで決めたり、給料だけで決めては絶対に失敗します。ネットで会社の評判を検索するだけでなく、離職率が高すぎないかや求人を継続して出していないかなども調べましょう。求人サイトの担当者に聞くことも忘れずに!
bannin009
私の場合は、以前栄養士の仕事を行っていましたが、結婚を機に家族を養う目的にて現在の工業系へ転職しました。アルバイトも含め全く畑違いの職種を行ってきましたが、仕事に関しては真面目にさえ取り組めはよほどの専門職でない限り身につくと私は体感してきました。一つ気を付けるとするならば、以前の職場の方々の名前や特徴を自分の出来る範囲で控える事をお勧めします。職場のつながりが無くなったとはいえ、何時何処で繋がりがあるかわかりません。偶然に街中で会う事や、親戚になる事も考えられるからです。色々な事で言えますが、在職転職かかわらず様々思いはあるかと思いますが、人との適度なうまい付き合い方さえ意識していれば殆どの事は上手くいくものです。
tnsub
まずは、ふたつのことをやったほうが良いと思います。・自分が何をやりたいのか?・自分がどういう環境、条件で働きたいのか?これが明確になってから、実際の企業選びやエージェントの利用を開始した方が良い。
金子 ゆみこ
転職する際にも新卒同様に自己分析が大切です。苦手意識を持っている方も多いと聞きますが、自己分析のシンプルな方法として<どんな老後を過ごしたいか>だけでも考えることをお勧めします。老後から逆算するとどんな会社に勤めたら良いのか考えやすいからです。例えば老後は田舎で穏やかに暮らしたいのであれば、高い報酬以上にずっと健康でいることが大切だと判断できるかもしれません。その判断を元にすることで、今どんな暮らしをしてどんな仕事をしたら良いのか考えやすくなるかと思います。ちなみに私の場合は年を取っても独り立ちできる自分で在りたいと考えています。そのため一生もののスキルが欲しいので、一気通貫で業務を担当できる中小企業で働いています。長いスパンでどんな暮らしがしたいのか考えることで、転職先に求める条件の優先順位が付けやすくなるかと思います。
いいあんさ
転職は年齢などにもよると思いますが、甘くないです。すぐに決まる人もいるでしょうが、すでにそれなりの待遇の会社に勤めている人は年収が下がることだって当然あります。余裕を持って、時間をかけてでも、じっくり動きましょう。焦らないことが大切です。
曽根ちゃん
自分にとって、転職するという意味をしっかり考えたうえで転職することが望ましいです。単に「やりたい仕事ができる」や「給料が上がる」など、今の会社に在職していてもできる可能性があることを他社に求めると、また同じ理由で転職を考えることになるからです。
失敗経験太郎
自分が最も重要視している待遇に加えて昇給とボーナス面はしっかり見ておくべきです。この面の待遇は仕事のモチベーション維持に繋がります。
om3838
私は人生の中で大きく3回の転職を経験を致しましたが、何れも業種を超えての転職でした。この場合、ハードルが高くなることが一般的ですが、例え転職の理由の本音がネガティブなものであっても、表向きな理由はポジティブなものに変換することで、成功率がアップすると思います。
BLAST
転職をする場合には現在の年収より転職後の年収が下がる事を覚悟する必要があります。なぜなら、現在の年収は会社に勤めている期間が長ければ長いほど、これまでの経験や実績に基づいて給与が上昇している場合が多いからです。しかし、転職をする場合には、新たな会社はそれまでの経験や実績を明確に知っている訳ではありません。もちろん、履歴書や職務経歴書に経験や実績も記載しますが、文章と面接の短い時間だけで全てを説明するのは不可能と言っても良いでしょう。そういった面でも、年収については下がる事を覚悟した方が、後悔のない転職活動が出来ます。
冬はまだ未使用
当然ですが、ネガティブな理由、例えば、パワハラがひどい、などの理由でどうしても会社に行きたくなくて辞めると、次の会社が決まるまで無収入になって焦って結局わけのわからない会社に就職することになるので、なるべく在職しながら仕事探しをすることをお勧めします。失業保険も、自己都合だと数か月は出ないので、だいぶつらいです。一人暮らしならなおさらです。どうしてもだめならしかたないですけど。ただ、現代は派遣の仕事とかもあるので、いったんそちらに逃げて、そこで気楽に働きながら次の仕事を探すなどの手もあると思います。なんにせよ、CMにもありますが、転職は慎重に。
転職マニア
面接当日は、時間に余裕を持って出かけた方が良いです。早めに行って面接会場の下見をしたり、喫茶店で良いので面接のシュミレーション練習をしましょう。
さいとういつか
転職するのはどうしても焦ってしまうと思いますが「自分がどうしたいか」「何をやりたいのか」を大切に、長い目で選んだほうが良いと思います。
nisimiya1130
社会にどれだけ貢献しているかを、肌で感じられる仕事を選ぶことをお勧めします。また、自分のライフスタイルの基準に合った仕事を選ぶのも良いと思います。
前田あずみ
過去に二度転職を経験しております。転職時の注意点を以下にまとめました。・できるだけ在職時に転職活動を行う。・福利厚生面は納得が行くまで話し合う、はっきりさせる。・社内を見学できるのであれば見学させてもらう。
セキモト ユリ
 私が転職経験者としてアドバイスすることは、なぜ転職したいのか、新しい職場でどのような仕事をしたいのか明確にしておくということです。これは転職活動の中でも必ず問われることですし、ここが自分の中で定まっていた方が転職活動自体がスムーズになるはずです。 転職活動を始めるきっかけや理由は人それぞれだとは思いますが、その結果今後はこうしたい、こうなりたい、だからこの会社に入社したい、という軸になる部分にブレの無いようにしておくことが大事だと思います。
もりたいら
今の職場を辞めて転職するからと言って、引き継ぎをいい加減にしたり後足で砂をかけるようなことは控えた方がいいです。仮に異業種に転職するとしても、いつどこでまた関わり合いになるかわかりませんので、立つ鳥後を濁さずの精神でいきましょう。
A.shinagawa
〇転職エージェントを利用する際には、メールのやり取りでヒアリングを済ませるエージェントではなく、面談して希望を詳細にヒアリングしてくれるエージェントを利用するほうがいいです。面談を通してエージェントの担当者と信頼関係を築いておけば、思わぬ案件を紹介してくれることがあります。〇事前準備で大切なことは、なぜ転職するのかポジティブな志望動機を考えておくことです。現在勤めている会社への不満からの転職ではなく、自己のキャリアップにとって転職が本当に有効・必要である理由を準備しておきます。〇応募する際には、エージェントをとおして福利厚生についてしっかりと確認します。給料以外の手当て関係については会社によってかなり異なるので注意が必要です。〇転職時期をよく考えておきます。人事異動の時期に求人数は増える傾向にありますが、現在勤務する会社の人事とも関わりますので、退職の際にトラブルになることもあります。
なかみちまっちー
転職先は自分で決めるのではなく、条件に合った求人をプロに探してもらうことがお勧めです。自分で探すと、範囲も狭いし求人数が限られます。また、給与や休日などの待遇面は突っ込んで聞きましょう。ここを正直に話してくれない企業には要注意です。
moamoai
給与の金額だけで判断せず、その他の条件や人間関係など総合的に考えた方が良いです。仕事の拘束時間や休暇などを踏まえて待遇が良くなるならいいですが、給与の増加分よりストレスが上回ったりすると、結局職場への満足感は下がるので気をつけてください。
あーるまま
今働いている会社が合わない、別の興味があることにチャレンジしてみたい、もっと収入の高い会社に転職したいと思ったら、その思ったときにすぐに行動した方がいいです。若ければ若いほどチャンスはあるので、すぐに行動する!それが一番大事です。
Stellie
12月は年末で企業側も忙しくなるので対応が遅くなります。また、新卒も就活を行っているので求人もすぐに埋まっていく時期になります。転職を考えている方は年末年始は避けた方が無難です。
みんなのうた
人間関係が嫌だと思い、アットホームな雰囲気という会社へ転職をしても、もっと人間関係が濃厚で辛い思いをすることがあるので、気をつけてください。
川北三十尾
なんとなくやりたいことがある人は、転職エージェントは使わないほうがいいと思います。転職エージェントは自分の持ち案件を中心に売り込んできますので、安易に言うことを聞くとこんなはずではなかったのに・・・と後悔することになります。お気を付けください。
doryokuka
働きながら転職活動するか、やめてから転職活動するかの選択がありますが、自分はある程度(2ヶ月分ほど)を貯めてから転職活動をすることをお勧めします。前の仕事はすっぱり辞めて、気持ちを切り替えてから臨んだ方が良い結果がでると思います。
に肉うどん
*心身ともに疲弊して休息が必要な場合は、1度退職してから転職活動を行うのが良いと思いますが、そうでないなら在職中をすすめます。一番の理由は、収入を得ながら転職活動ができること。やはり、収入が1度途切れると、生活が圧迫され余裕がなくなってくるので、落ち着いて次の仕事を探すことができません。職場にバレないようにする。やはり、バレてしまうと会社の人間から悪いイメージを持たれてしまい、会社に居づらいなり、孤立してしまいます。私も経験ありますが、バレた状態で会社に出勤するのは相当辛いです。
テレサザン
転職をする時には絶対に求人に対して妥協をしない事。妥協をする事によってせっかくの待遇の良い企業へ雇用されるチャンスを失ってしまうからです。
名無しさん
転職をしようと思う人に向けてアドバイスです。・準備を怠らないこと。転職をする事はすごく重大な事と思います。漠然と考えず準備を怠らないでください。・次の仕事を探す。やりたい事が定まらないうちに簡単に退職を決めず、次の仕事の目星がついてから退職を勧めましょう。中々やりたい事を見つけきれない人は求人サイトや転職エージェントに登録をするのも良いと思います。・仕事は選ばずに。仕事は選ばないで給料や労働条件から探しましょう。中々転職が難しい年代でも考え方を変えると見つかります。
てくてくちゃん
転職エージェントを活用する際は、どんな業界にパイプが強いのかあらかじめ、調べておくべき。場合によっては個人の伝の方が良いかも。
きたちっぷ
仕事をしながら転職活動をする方も多いと思いますが、転職サイトのエージェントを利用すると、自分の希望に沿った求人を多く紹介してくれるメリットがある反面、面接を入れようとバンバン連絡がくるので、仕事が忙しいと対応が大変でした。面接が週に3,4回入ってしまうこともあるので履歴書や職務経歴書を用意するだけでも大変です。面接の対策をする時間もあまりとれず、結果うまくいかなかったということもありました。可能性を広げるために面接をたくさん受けるのもよいですが、どうしても行きたい企業があれば、他の面接を断ってでも、余裕をもってスケジューリングし、万全な状態で臨むのが一番だと思います。
石焼ステーキ
転職が成功しやすい時期として、個人的には12月頃が最も有力だと思います。冬の賞与(ボーナス)が出る月としても該当する上、年を跨ぐ意味でも、離職者が出やすい時期なので、スポット的に狙いどころで、おススメのタイミングだと感じます。
ミスグラス
最低でも2社の選考過程を同時に進め、条件や社風等が比較検討ができるようにするとよいと思います。(そうすることで、重視するポイントや価値観が更に明確になるため)
松本タクタロウ
現在の職場から転職する場合は当然ですが働きつつ、水面下で転職活動を行い、目星がついてから退職して下さい。あと転職エージェントは最低でも1つには登録しておいて下さい。自分1人で探すのには限界がありますし、やはりプロの力を借りた方がいい案件に巡り会える事が多いので。あとこれは自分が福祉関係の職場で働いているので言える事ですが、福祉の職場は人間関係が悪いところが残念ながら多くあります。そのため、実際に面接を受ける前に必ず「見学」をしてから面接をお願いして下さい。酷いところだと見学をお願いしたのに見学をさせず、来社したらいきなり面接を始めるところがありますが、そこはもう諦めて次を探して下さい。何かやましい事があって見学をさせたくない、もしくは人手不足なため、何としても人手が欲しいといった相手方の事情が過分に含まれているのは間違いないですので、そういったところはスルーした方が賢明です。
senri
未経験職種へ転職しようとする場合、面接では「なぜなりたいのか」の志望理由を必ずと言っていいほど聞かれます。そのために職務経歴書を作成する上で、自己分析と面接対策をしっかり行い、面接時に矛盾のない説明をできることが望ましいと思います。
タカトシくん
自分が現在の職場を何故辞めたいのか?はっきりしておくことと、転職する職場が何故自分を採用したいのかはっきり見極めておくことが大事です。以前の職場に転職した際に、段々とブラック企業であることが分かって苦労したので気をつけて欲しいです。
あずさ二号
今の企業を退職した後、他企業から自分は求められる人材であるかどうかを、一度客観的に考えると良いと思います。「誰からも欲してもらえない」と思ったときは、おそらく、まだ辞め時ではないため、精神的、肉体的な限界でないのであれば、もう少しだけ今の会社で頑張ることをお勧めします。逆に、求められる人材だと思えるのであれば、今の会社で得られるものは少ないと思うので、なりたい自分になるために、転職をしても良いと思います。
たれぱんだれた
私は転職を考え始めてから、約1年間転職サイトを見続けました。転職サイトに掲載される仕事は時期によって変化しますので、辞めようとと思い始めた段階(まだ本気で辞めようと思っていなくても)から、転職サイトや自分の興味のある企業の採用ページを見始めるべきです!
ワタナベサキ
退職日による社会保険料に注意!社会保険は、退職日の翌日が喪失日となるため、月末の1日前であれば、その退職月までの分しか引かれないが、末日で退職すると、喪失日が翌月にかかるので、結果最後の給料から2ヶ月分引かれる事となる。
しゅかぴん
私は複数の転職エージェントを利用し転職に成功しました。2、3人の転職エージェントさんに相談すると、様々な視点での意見や提案をいただくことができるため、広い視野を持って転職活動できるかと思います。
Ippadasuke
まず、必ず次の職場が見つかるまでどんなに今の職場が嫌でもしがみつていた方がよろしいと思います。あと、現状のまま転職すると大抵の場合、現在の待遇より悪くなるので、現時点で取得出来るスキルや資格等を出来る限りとっておいた方がよいと思います。
hotmot2
履歴書のほかに、職務経歴書を新たに作らなければいけないので、前職のことを思い出せなければなりません。これが結構、苦痛です。
tamarin
転職を考える際にはとにかく客観的に冷静になって、自分自身の状況・絶対外せない希望条件・現在の不満点・自身のスキル・能力・強みと弱みを分析し、転職先企業や業界、転職市場をしっかりリサーチした上でエージェントなどを有効活用して「戦略的に」転職活動を進める必要があります。分析と戦略無しに勢いで会社を辞めたり、対してリサーチもせずむやみにパッと見良さそうな求人案件に応募したり入社を決めたりすると、後から絶対後悔します。もし今現在会社に在籍しているのならば、どんなに仕事が多忙だったり辛い環境でも、在籍したまま転職活動をしましょう。どうせ辞めるつもりの会社ですので、パワハラがあろうとブラックで休みが取れなかろうと、上司に従わず人事へ訴えて有給を取得or仮病を使って休み、転職の面接に行きます。有給休暇は従業員の権利ですし、どうせ辞める会社ですので遠慮はいりません。
五反田の住民
年齢が高い人、キャリアが浅い人は、知り合いに「仕事を探しているが、良いところがあったら教えてほしい」と声を掛けておくと、見つかりやすいです。私自身、40代半ばで転職しましたが、周囲に仕事を探していると相談したら、今の会社を紹介してもらい、スムーズに転職でした。
qmlw0025
まずは転職の動機をはっきりさせましょう。転職のタイミングや良い転職サイトも自分の転職理由が明確であればあるほど有効になってきます。ですので、現状転職について考え始めているという段階であれば、メモに動機を書き、客観的な視点で考えてみてください。そうすれば、いざ転職サイトを利用した時も自分の要望がはっきりする分検索の時も候補は最初からある程度絞られてくるはずです。
サイトウモモ
現在働いている職種が自分に向いていない、職場でストレスをあると感じている方はすぐに転職を考えたほうがいいと思います。若ければ若いほど転職先は多いですし選びやすいと思います。気を付けることは募集要項などで記載されている勤務時間や体制が実際と相違がないか徹底的に調べることと思います。実際に働いている方に会って聞くことが一番いいと思います。
ひいぼんたろう
私は45歳女性です。転職歴が少ないですが、久しぶりの転職活動で感じたのは、転職する際に些細なことでも自分をアピールすることが大事です。こんな事は当たり前と思っていることが、相手にとって必要なスキルである事があります。pcが得意でエクセルが使えるというだけでなく。マクロや表計算が使えるとか、メール設定が可能であるとか、資格だけではなく実務能力の部分をアピールする事で、企業に与える影響は大きいです。
ともやんまん
40代以上で転職する時、10人前後の中小企業だと長年勤めている人が幅を利かせているので非常に息苦しくなります。少なくとも100人以上従業員がいる企業を選びましょう。
yasu5807
20代での転職と30代以降の転職では評価される部分が大きく異なると思います。20代の場合は元気の良さやキャラクターが評価され伸びしろありとして未経験の業界でも採用される可能性がありますが、30歳以降になればどの会社も即戦力を求めるので実績をアピールすることが大切です。自分がやってきた業務で大変だったことを詳しく話し、その経験をどう新しい職場で活かせるかアピールできるよう3つくらいは準備しておくとよいと思います。
あーのるど
今の仕事を一旦やめてから転職活動をしたいなら、最低3ヶ月分の生活費は貯めておいた方がいいです。自己都合退職した場合、失業手当は3ヶ月待たないともらえません。また、転職活動には意外とお金が掛かります。履歴書に貼る写真代や郵送代、面接に行くための交通費など。早く収入を得たいがために妥協して就職すると、大抵後悔します。転職を成功させるためには、安易に妥協せずじっくりと企業を選んだ方がいいです。そのためにも、資金は十分に用意しておきましょう。
ひまわり821
長年勤めていて、この先も定年までこのまま、65歳までの人生が見えてしまっている、これでいいのか?と考え転職を考えている方へ。長年勤める事が出来ているのは、それが自分に合っているかです。隣の芝はよく見えると言いますが、その通りです。実際転職してみると、夢と現実は違います。冒頭の理由で転職を考えている方は、考え直した方がよいと思います。
りゅうどうじ
まずは、今の職場との良好な関係を最大限維持する努力をしましょう。必ずどこかで関係を持つことがあるでしょうし、とにかく悪い印象は可能な限り避けます。良い印象で他業界に行けば、業界をまたぐコネクションが手にできます。間違えても前職の悪口などはいけません。エージェントは退職についても相談できる相手を選ぶべきです、とにかく手数料をとりたいだけのエージェントは、就職させることをやたらと急かしてくるので注意です。
ワークマン
仕事を続けていると、マンネリ化により転職を考えたりする事でしょう。テレビなどを見ていると大儲けできるように見えます。しかし、世の中で成功できる人は数%。転職する時はじっくり考えて構想を練り転職を考えましょう。早まらないようにしましょう。
かきざきゆい
一番のアドバイスは、どうして転職をしたいのかをリストアップすることです。例えば、現職は人間関係が良くない、給与が低いなど。その中で、どれも実現させるのではなく、一番譲れないものは何かを決めてから、それを軸に転職探しをすると成功すると思います。
ふふふみみ
給料や休日や仕事内容等は募集の際にある程度は把握できます。面接があるのならば、会社の雰囲気や経営状況など、事務所の中から情報がよく見受けられる会社が多いので、面接の際には自己アピールだけでなく情報収集も行いましょう。
イヤーオッ!
転職する前に、クレジットカードは最低一枚は作っておいた方がいいと思います。カード会社はどこでもいいです。転職してからでは、まず三カ月間は作れないので、使う使わないに関わらず作っておきましょう。
坂上駄菓子屋
あがり症の人などは、面接を不安に思うかもしれませんが、あまり気にする必要はないと思います。というのは、自分の場合、面接の最中に「そんなに緊張しないでください」と言われましが、採用になったことがあるからです。面接官は、面接者の本質を見抜くようです。とは言うもののやはり面接は緊張すると思います。ただそこでことさらに緊張しないようにしようと思う必要はないということです。緊張していてもその人の好さは伝わるのですから。要は緊張しても大丈夫ですということです。
斎藤高一郎
これから転職される方へ、転職は新たな生活の始まりです。失敗しないようにしっかりと事前に転職先企業のリサーチ活動や、また自分の適性を知り、資格勉強や資格取得をして自分の価値を上げると、より良い転職先に巡り会えると思います。また、自分にも自信がつくと思います。
かりあつまり
私も転職の際、面接を受けましたが、今となっては逆に面接をする側となっています。そんな私がアドバイスするのは、面接用の自分ではなく、普段の自分で面接を受けてもらいたいという事です。転職活動して採用されるまでがゴールではなく、入社して活躍するのがゴールだと思います。偽りの自分ではなく、本当の自分で採用を勝ち取ってください。
ばりばりマン
転職先の社長や上司の人柄をよく観察し、自分に会った人かのジャッジが大切です。会社の雰囲気と社員たちの人間関係は良いかの確認。

お知らせ・ご案内

聞きたいこと募集中
多くの方に聞いてみたい事を募集中です。

転職

転職で成功できた理由
回答:89件
転職をしたことがあり、成功したと感じている方に、どのような部分でそう感じたか、どうして成功することが出来たかなどを聞いてみました。自分の転職を成功させるために、参考に出来ることが沢山あると思います。
転職で成功したと感じたこと
回答:65件
転職をして、成功した、良かったと感じたことを聞いてみました。人それぞれの価値観があり、異なることで成功を感じることがわかります。自分が気付いていなかった価値観を知ることも出来ます。
転職で失敗した原因
回答:70件
転職は残念ながら失敗したと後悔してしまう場合もあります。何故そう感じるのか、そうなってしまったのかを聞いてみました。実際に転職をしたことが無ければ得られない感想も沢山ありますので、ご自身の転職活動で同じ様にならないように役立てられます。
転職で失敗したと感じたこと
回答:82件
転職後に失敗したと感じる事を聞いてみました。人それぞれ価値観は違いますが参考になりますますので、ご自身の転職活動で、きっと役に立つと感じます。
転職エージェントの利用経験談
回答:110件
転職をする際、転職エージェントを利用する方は大勢いらっしゃいますが、まだ利用したことがない方は、実際に利用するとどうなのかなど心配な事も多々あるかと思います。そこで、既に転職エージェントを利用したことがある方に、感じたことを聞いてみました。
転職サイトレビュー
回答:198件
実際に利用した転職サイトの感想をお聞きしました。10サイト以上、200人近くのレビューを掲載しております。
転職フェア参加経験談
回答:61件
実際に転職フェアへ行った事がある方々に、心構えや準備してから行った方が良いことなどを聞いてみました。ご自身が行く際のご参考になさってみて下さい。