転職で成功できた理由

転職で成功できた理由転職をしたことがあり、成功したと感じている方に、どのような部分でそう感じたか、どうして成功することが出来たかなどを聞いてみました。自分の転職を成功させるために、参考に出来ることが沢山あると思います。

回答一覧

  • 全て
  • 成功
  • 自分
  • 仕事
  • 理由
  • 時間
  • 職場
  • 残業
  • 前職
  • エージェント
  • 企業
  • 人間関係
  • アップ
  • 職種
  • 転職活動、求職活動
  • 資格
  • 勤務
  • 勤務時間
  • 希望
  • 業界
  • 環境
  • 面接
  • 経験
  • 収入
  • 給与
  • 条件
ライトムーン
いつでも好きなときに有給休暇を取得できたので成功したと感じました。前の職場では慢性的にスタッフが足りていなくて思うように休めませんでしたが、今回はそのような失敗をおかさないよう事前に面接の段階でしっかり現場の状況を質問しておいて、私は必ず有給を取りますというように意思表示できたのが成功した理由ですね。
転職し太郎
技術職で、10年務めた会社を辞めて転職した先で、技術的な方向性が合って技能を発揮できた時に転職に成功したと思いました。求職活動でも自分の保有技能を生かせる技術系の会社を探してはいましたが、なかなか見つからず苦戦したのを覚えています。専門性が高い分野では方向性が合うということは稀で、めぐり合わせも良かったのだと思います。自分の努力要因を挙げるとすれば、前職のろくでもない会社にいるうちに腐りそうになりながらも技術面での研鑽を怠らなかったことが、この時の結果に結びついたとも考えています。
丸山 美代子
転職して残業がなくなり、定時に帰れるようになりました。ボーナスも貰え、勤務時間は減少、年収は100万円増えました。医療期間勤務ですが、2年に1度大きな改正があり、それ以外にも部分的な改正があります。日々進化する医療についていく為に医療の本を呼んだり、研修やセミナーに参加して勉強を怠りませんでした。知識を増やせたことが成功出来た理由だと思います。
ooooo
私は転職を通じて、収入増、勤務時間の短縮を実現し、結果として転職に成功したと感じております。成功の秘訣は、たとえ実務経験がなかったとしても、持っているスキルを最大限にアピールしたこと、自分が一番こだわるポイント以外のことについて細かい条件を設定しなかったことが要因であると考えております。
山口あまね
私が転職で成功したと感じたのは自分の時間を持つことができたことです。今までの仕事では残業が長く、休みも少ない仕事でした。確かに仕事に対するやりがいもありましたが自分の時間を持つことができず、仕事だけの毎日がとても苦痛でした。そんな日常から脱却するために私は残業の少ない会社に転職をしました。早く帰る事で自分の趣味の時間を作る事ができ、知識の幅や友人も広げることができました。これらは私の人生の財産になると感じています。
梁山泊梶原
私は、以前新聞会社に勤めておりそこから友人が立ち上げたベンチャー企業に転職いたしました。私は以前から、自分で考えた上で自分の足で何かを作り上げることにワクワクや感動、やりがいを感じていました。しかし前まで働いていた会社では、言われたことをやるだけ、ただの作業を繰り返していました。それがいつの日か耐えれなくなり苦痛に変わったことで我慢ができなくなり思い切って転職し、友人のベンチャー企業に再就職しました。こちらではほとんどが1からのスタートなので自分の考え、判断次第で結果の良し悪しが明白に数字に現れます。会社が始まったばかりで、借金もあるため安月給ですが、今までの悩みや不満は全くありません。自分の能力、やりたいことを大いに披露できるのはとてもやりがいがあります。生きるのさえ楽しく思えます。自分の個性をつぶし働き続けるのはあまり得策ではないと、転職した身であるからこそはっきりといえます。私は本当に転職して良かったと思います。
くりたまたろう
私は三回転職しています。成功したと感じるのは年収が上がっていったということです。業種は変わりましたが、職務内容に大きな違いがなく、経験とスキルが向上したことにより年収も上がったのだと思います。転職の際にはこの自己の職歴が評価されてました。
ますだじろう
良いサービス、よい担当者に巡り会えたのは成功だったと思います。事前口コミなどで評価とサービスの実態を下調べしていたのが良かったです。噂に違わぬ良質なサービスがうけられたのには感謝でした。良い会社は噂でそれが分かるのに、世間に声には耳を済ませるべきです。
くりはらはるみ
残業や休日出勤が多かったので、もっと働く環境が整った職場で今後を見据えて転職活動をしました。その結果残業も半分以下になりましたし、休日出勤も年数回で、したら必ず振休を取らないといけないので格段に身体が楽になりました。転職時にエージェントを利用して自分が何に重きを置いているのか、転職したらどうなっていたいのか、をきちんと相談し持てたことが、成功の理由として大きかったと思います。
マリンのおかん
一年前に入社した現職場ですが、前職に比べて休みは減ったものの、毎月の給与とボーナス額が上がったことで年収が増え、前職では無かった退職金もあるので、毎月の生活が余裕ができ、将来の見通しもつくようになりました。この転職を成功させることが出来たのは、同業種を狙ったからだと思います。規模は違えどやっていることは同じで、前職の経験があったからこそ採用していただいたと思っています。
芥川虎太郎
私が転職することに成功したと思った理由は、自分の能力を発揮できる環境だと確信することができたからです。また、成功することが出来た理由については、安易な妥協は避け、納得いくまで勤務先を見つけ続けたことだと思います。
赤いきつね
やりたい事が見つかり、転職しました。なので転職後は仕事が楽しくて仕方ありませんでした。たまたま給料もアップし、勤務地も近くなったため、プライベートも充実することができ、転職が成功したと思っています。転職活動は自分のやりたい事に絞り、時間をかけて見つけ採用が決まってから前職を辞めました。焦らすじっくり取り組むことが出来たのが成功の理由だと思います。
Takeshi19
成功したと感じること・労働時間が以前より短くなった・通勤距離が近くなった・店舗移動がほとんど無くなった・人間関係が以前よりも良くなった・給料は10万円ほど減ったがプライベートの時間が増えた。成功した理由退職するのに1年待たされたので・働きながら就活をした・5〜6社の面接を受けて採用された中から会社を選択できた・仕事を取るか家庭を取るかで家庭を優先にした・自分の得意分野で技術、知識か生かせる仕事を探した
fqjbh903
転職前より収入が増え、安定したことで転職は成功したと言えます。転職を決意してからは焦ることなく、10社程の候補会社の面接試験を受け、2社から内定をもらった上で比較検討したことが、成功に繋がったと考えています。
みんなのターちゃん
家族に相談し協力をしてもらう事が大切です。転職して半年、仕事に慣れて来て任せてもらえる仕事も増えて責任感が出てきた。転職前に決めていた給料よりも良い待遇で雇われた事。社員達との人間関係が上手く出来るようになった。社員が良い人ばかりでした。
クリストフ
成功したと感じたことは、入ってみて良い方のサプライズが多かったことです。外から見て、知人などからの情報だけでは分からないものが職場にはあります。入ってみて初めて分かるものが、悪い要素ならば、それが原因で離職する人がいます。良い要素なら離職者があまり出ないということです。成功することが出来た理由は、運任せが9割以上です。残りの理由として、万事を尽くすこと。諦めないことです。万事を尽くす例として、面接前日に床屋に顔剃りに行きました。見栄えは大事ですから。そして、面接訪問時に行ったときだけでなく、帰りも受付の人に挨拶をしました。ダメでもともとの気持ちでしたが、気持ちよく去りたいという思いから、挨拶をしました。すると良い返事が次の日に来ました!最後に諦めないこと。何をやってもダメと自暴自棄になるときもあります。何日かは腐って生きても良く、自分を解放するのも手です。最終的には、このままでは終われないと強い気持ちを持って、自分の足で力で立ち上がること。克服した暁には、一回りも二回りも自分が成長していますから。
いとうゆきえ
資格手当が付き収入がアップしました。介護職でヘルパーとしていましたが、転職前に実務者研修というヘルパーの上位に位置する講習を受けて資格も取得しました。転職先では実務者研修を受けている場合に手当があったので、前職よりも給料がアップし、なおかつ残業もない職種を選んだので、兼業主婦として生活が回しやすくなりました。
もふたろう
一部上場の有名企業に転職できました。転職前の会社の業績が悪く、早めに見切りをつけて転職活動をしていました。転職エージェントサービスに数社登録したことで、応募企業の絞り込みや面接の日程調整をエージェントに任せることができ、自分は応募書類作りや面接対策に専念できたことが成功の理由だと思います。
サブコンシャス
年収が上がり、休暇や福利厚生も充実した会社に転職できたので、成功を感じます。成功した理由は、自身がなりたい像を目指し、そこに足りない資格やら経験といった客観的にも評価されるような定量的な結果を積み上げ、挑んだからだと思います。
小川さくら
私が転職に成功したのは、子育てをしながらしていたパートを正職員になるかもしれないと3年くらい前に資格を取り、パート先でリーダーを任されるようになっていたことも大きいと思います。パートから正職員でしたが待遇もいい職場に採用が決まりました
ガパオライス
上司を始め、同僚の方々等、一緒にお仕事をする社内の人たちとの関係性が良くなり、助け合いたくなるほどの間柄に繋がったことです。成功できたのは、自分が将来描くビジネスパーソンとしての理想像を明確に持っていて、面接官にハッキリと伝えられたことだと感じています。
いわしたまゆみ
以前の職場は何となく新卒で就職を決めた事務職をしていましたが、趣味で勉強を続けていた韓国語を生かしたくなり韓国系の貿易会社に転職しました。趣味ではなく仕事で使う語学は難しいところもありましたが、やりがいもありますし語学力も上がりました。収入も以前より少しよくなり満足しています。
Mr.バスター
成功したと感じたのは、時間は長くなったか、やりがいを感じるようになった。以前よりも人間関係か良くなったので働きやすくなった。そのお陰で、自分の意見も言えるようになったことです。以前は、なかなか自分の意見も言えなくて、ストレスがたまっていたように思います。ちゃんと話し合いを出来るようになったことが、成功出来た理由だと思います。
どうやら猫太
転職前の会社は業界内では歴史だけはある中小企業でした。その分会社の体質も古く、残業、休日出勤当たり前、しかし残業代や休日出勤手当は出ない、という状況でした。そこで同業種に新規参入を考えている会社に転職しました。新会社は労働時間や残業代の管理もしっかりしていて、保険などの福利厚生も完備。結果として収入は増え、仕事の時間は減って余裕のある生活を送れるようになりました。転職に成功した理由は、まずは自分の持つスキルを分析し、自分が得意な業務を必要としている会社を探したこと。それにより、転職先に対して自分を有利に売り込むことができました。そして待遇や会社の状況について、求人情報の表記だけでなく実際にリサーチしました。私の場合は転職先の会社に知人がすでに在籍していたので直接聞くことができるという運もありましたが、それ以外にもその会社と付き合いがある同業者を探して、評判などを聞きました。それらの情報を参考に、自分でも「この会社なら問題ない」と判断しました。自分が必要とされるタイミングを見極め、転職先の実情を知ってから転職を決めたことが、成功の理由だと考えています。
かんぷぅぅ
主にパソコンのスキルに関してです。福祉の職場で事務員をやっています。福祉の職場は初めてだったので転職を決めて実際の業務に入る前に関連する資格を二つ(ホームヘルパー、介護事務)取りました。現場でも事務方でもどちらにも対応できるように。自分だけの武器(能力)を増やすこと。そして、さらに転職後一つ上の資格も取りました。(社会福祉主事)準備をしっかりしてから仕事に入っていったこと。その後も関連する資格等勉強を続けることでもともとPCのスキルは教えられるレベル(パソコン教室講師)MOT資格取得なので唯一無二の存在になれました。スキルがあったので希望の事務方にもなれました。
大文字やま
転職後、給料は上がったのに残業はほぼなくなりプライベートも充実させることができました。長期休暇も年2回必ず取得できたので海外旅行にも行けました。前職では安い給料と月100時間を超えるサービス残業でお金も時間もありませんでした。不満だった部分が全て改善され、転職して成功だと感じました。成功した理由は、やりたい仕事ではなく働きやすい会社を選んだことです。やりたいことができる中小企業でボロボロになった経験から、大手企業の興味のない業界へ飛び込みました。結果、プライベートが充実したおかげで仕事のやる気もアップし、3年後には昇進してさらに給料が上がりました。
山田和歌子
前職を辞めて、ハローワークで職業訓練を受けていた時のことです。前職は介護の現場で、夜勤もあり、おまけにお給料が低かったので辞めました。私はデザインに興味がありましたが、どうやってデザイン業界に入れば良いのかわからず、また介護職に就職しようかな、と思っていた時に、友達のデザイン関係の仕事を個人でされている方と知り合いました。思い切って「デザインの仕事をしてみたい」と相談したところ「何か作品集はある?」と聞かれました。私は、趣味で作り続けていた作品があったので、それらを持っていき、見てもらったところ、採用をいただきました。チャンスはいつ訪れるかわからないので、自分が飛び込んでみたいと思う世界や、挑戦してみたいことには、常に誰かに見てもらえる状態を作っておけば、成功を掴めるのではないかなと思います。
work happy
もともと転職先にとても興味があって転職しました。成功したと感じたことは、たくさんの知識を学べたことです。成功することができた理由は、事前調査と勉強です。新しい勤め先に行きたいという思いだけではどうにもなりません。勤め先の特徴などしっかり押さえておいたのが成功の鍵だったと思います。
もりやなお
学生からずっと仕事をしてきましたが、職種はバラバラでどれも成功・やりがいのある仕事に就く事ができていました。共通として言えるのは、仕事を始める時は誰もが初心者から始まるという事。試用期間という時間を十分に活用して、わからない事やできない・苦手な事をなるべく率先して取り組むようにしています。「まだ自信がないので取り組んでみてもいいでしょうか」「試用期間内には完璧にできるようにマスターしたいのですが」など、自分から失敗を前提にして仕事を覚えていく。教える方もやる気を感じ取ってくれる事が多いので、自然と熱が入り、見守ってくれる事が多かった気がします。
ひかる現実
目標をシンプルに明確にすることで成功できると感じました。転職活動中に決めた目標は、「正社員になること」と「自分で仕事をしている感覚を得たい」の2点だけに絞っていました。目標を明確にするだけでなく、色々な条件を付けずにシンプルに絞ることで、転職は成功できると思います。その結果、期限付きの契約社員から、正社員へ転職できたので、振り返ってみても大事なポイントだったと思っています。
セブンのコーヒー
第一に自分の性格をよく考え、なるべく従業人数の少ないところを選びました。私は女性なのでとくに女性の人数を意識し、面接でもなるべく今働いておられる女性の方の年齢やお子様状況を聞ける限り聞き、自分の性格に合うかを確認し今の会社に決めました。そしてもう今の会社には15年務めております。
カズトヨコ
転職後の会社で、ユニークなプロジェクトを企画・実行できました。きっかけは偶然でしたが、結果的に転職前に所属していた業界と転職後の業界の接点を、うまくつなげられたからだと思います。転職後においても、転職前の業界の人脈は重要です。
プリンママ
小学生と幼稚園の2人の子供を持つ、30代フルタイムワーママです。結婚後に飲食店の正社員から事務職の正社員への転職に成功しました。成功できた理由は、簿記2級の取得です。事務職は経験者優遇が多いのですが、当時事務職未経験だった私は退職後にハローワークの職業訓練に6ヶ月通いました。そこで簿記2級と会計ソフトの資格をとり、めでたく自宅近くの会社に事務職として正社員で転職できました。
カストロくん
自分のやりたい仕事に就けました。結構時間もかかりましたし、上手くいかないでテンション下がる時もありましたが、そこで焦らずに、時間がかかってでも自分の仕事選びに対しては妥協しないで行動したことが最終的には良い方向にいきました。
髑髏森餓鬼太郎
年収を40万円ほど上げれたことが、成功と感じた理由です。その理由が、複数社からの内定をもらって吟味できたことです。内定をもらったら嬉しくて即座にOKをしたくなりますが、そこはぐっと我慢。今は完全な売り手市場ですから、待遇を比較することが大切です。
さととさん
前職に比べ、業務環境は劇的に改善しました。勤務時間は短くなり、自身への裁量も拡大し、何より年収も大幅にアップしました。私の場合は同業種内の特定の会社を希望しており、エージェントにもその旨伝えていましたが、一つ目のエージェントでは自身としては不可解な形で上手くいきませんでした。そのため二つ目のエージェントに自身として納得がいかず、再度提案をお願いしたいと伝えたところから転職が実現しました。なので、ひとつのエージェントに固執することなく、合う、合わないの判断をしながら自身にマッチするエージェントを選択することも成功へのひとつの要素になるのではないかと思います。
hironaka
自分の裁量で仕事ができるようになったのが、転職の成功の最大の理由です。やる気が自然と出て、好結果につながり、給与もアップしました。入社前に念入りに下調べをしたのをはじめ、知り合いを通してその会社で働いていた人を紹介してもらい、自分の力が発揮できそうな話を聞けたことが面接を受けた動機となり、転職を成功させることが出来た原因です。
つかもとのりお
成功したことは、仕事中のストレスがなくなり精神的に楽になったこと。成功することができたのは、数々の職業を経験したことで自分になにが合わないかを把握していたこと。私は頭を使う仕事は苦手なので、仕事のほとんどが単純作業な仕事を転職先に選びました。すると案の定仕事が楽にこなせるようになって精神的に楽になりました。今までは、社会的に意義のある事や人から見てかっこいいとされる仕事を探し求めていたが、それをやめて、自分になにが合うかだけを考えて選んだ。人からの目線を気にすることを辞めたことが成功することができた理由だと思います。
はるるんるん
転職したら、給料があがりましたし、有給休暇の数が増えて取りやすい環境で働くことが出来るようになりました。またオフィスの環境も良くて働きやすい職場でしたので、転職したことは成功だったと思いました。成功できた理由は、前職に就いている際に色んな経験を積んだこと、必要な資格を取ったこと、退職するタイミングをちゃんと考えて出来るだけ迷惑をかけないようにしたこと、だと思います。
みたむらかずえ
工場作業の仕事についてましたが、人間関係がかなり悪く耐えられなくて辞めました。それから初めての職種でしたが、小学校の給食の仕事をする事になりました。最初は良い人ばかりで良かったと思いましたが、皆で協力してやる仕事なんで、違う意味で大変でした。初めての仕事の為色々と言われましたが、ここで諦めてはいけないと自分自身変わっていこうと思いました。人の話をよく聞く事。相手が何をして欲しいか察する。自己中心的にならず、協力していく。を心がけました。そうする事であまり言われないようになり、成功したなと思います。働いて現在3年半になります。
初期型専用バグ
情報処理サービスでの転職に成功しました。以前は典型的な「ブラック企業」で朝起きるたびに気持ちが暗くなりがちでしたが同業種の会社に転職してから、作業量などおおいものの早く出勤して前向きに仕事したいと思えるぐらいの気持ちが多いです。成功した理由としては、ありきたりですが実際に転職を希望する会社で働いている方の生の声を聞くことです。私の場合は、転職を希望する会社の方と接することも多く休憩の合間に話を伺ったりネット上での情報を玉石混合を承知で集めて自分なりに解釈・判断して決めたことです。それだけでもすんなり転職先の試験や面接をクリアできました。
かみかみぽんた
同じ業種で転職をしたことが何よりも成功の要因。また、人脈は引き継ぐことがコンプライアンスにも影響はなく、転職先にすぐに貢献することができた。また、ノウハウがいきたので転職先のやり方に慣れさえすればよかった。
坂下みどり
私は総合病院の看護師から、老人介護施設の看護師に転職しました。総合病院で働いていた頃は、夜勤もあり残業も多かったです。でも、老人施設に転職してからは、夜勤もしなくて良くなったし、定時になればすぐに帰ることができるようになりました。病院で看護師をしていた頃は、確かに給料は良かったですが、夜勤が続くと体調を崩してしまうことが多かったです。仕事をする上で、お金を稼ぐことはもちろん大切ですが、自分の無理がないようにするということも大切だと思います。私はお金のことだけじゃなく、自分がどうありたいかという事を考えて転職を決めたので、結果自分としては成功だったと思っています。
KAEDE
転職予定の会社の仕事内容や残業、福利厚生、雰囲気等を実際に中で働いている友人に細かく聞き込みして転職しました。自身のプライドから自社を良く見せようとするOGやOBとは違い信頼出来る友人からの情報でしたので、中に入って「聞いていたのと違う」という事はなく、ほぼ情報通り・希望通りの職場でした。婚活同様、条件やスペックだけで会社を見ず、事前に中の実態を詳しく調べることが出来た事が成功した秘訣だと思っています。
秋山田花子
・個人の裁量でできる仕事が増えました・残業時間を大幅に減らすことができました・外資系企業を選んだことも理由の一つとして大きいと思いますが、成果主義であるため、残業を長時間していると逆に仕事ができない人と見なされました。定時で帰る企業カルチャーがあることは大きいです。・実際にその会社、そのポジションで働いている人に平均残業時間を確認することは重要です。・個人の裁量範囲についてもよく見極めるべきと思います。
ペロリちゃん
転職するにあたって、自分は仕事に対して何を求めるのかを明確にする必要があると思います。私の場合は飲食業から、全く未経験の介護職に転職しましたが、将来の自分の家族の為に介護技術を学びたいという事と、他に副業ができるようにある程度休日の融通がきく職場を探しました。今は空いた時間で副業をこなすこともでき、介護技術も身につける事ができています。人それぞれ職場に求める事は違うが、やり甲斐のある仕事を求めるのか、時間の融通がきく職を選ぶのか、所得を重視するのかを明確にすると転職のカギが見えてくると思います。あとは思い切りが大切だと思います。
miho09
転職して成功したと感じたのは、人間関係のストレスから解放されたことです。病院に行くほどつらいストレスがなくなりました。成功することができたのは、徹底した情報収集です。ネットや本、ハローワークなど、調べに調べあげてから転職を決断しました。
miplin
業種を選択するときに、自分が何がしたいのか、社会にどう貢献したいのかを考えて転職し、必要な資格試験を取得し、資格を生かして目標を定め、毎日ひたむきにコツコツと努力を絶え間なく出来たことと、社会に貢献できたことに喜びを感じられたことです。
ねこのぐみ
希望する勤務スタイルを最初から妥協せずに正直に伝えたことが一番の理由だと思います。休みたい曜日や残業はしないことなどすべて伝えることでお互い信頼して働くことができました。出来ることと出来ないことを最初からはっきりと伝えること、能力以上に見せないことが大事だと思います。以前の職場はなぜ辞めたのかをはっきりと嘘なく伝えたことも良かったと思います。
なべぶた太郎
転職してからは、移動時間が短くなったこと、人間関係が良くなったこと、仕事のスキルアップができたことです。その理由としては、前職が非常に遠い場所にあったので毎日満員電車に乗る生活が続いていました。そのせいか、仕事をすることが目的ではなく通勤することが目的になっていき、結果的に消耗することによって仕事も効率的にできず人間関係もうまくいきませんでした。しかし転職してからは移動距離も短くなりストレスが軽減されたことによって、その分を体力の回復だったりスキルアップにつなげることができました。
hotmot2
前職で体を壊してしまい、健康な人がつける仕事に就くことが出来ず、今の職に就きました。会社を退職して、まずしたことは、自分に合った労働条件で採用できる職種を選択したことです。たくさんの会社に落ちましたが、労働条件の希望に合うような会社に就けて、非常に満足しています。
オガタケちゃん
成功したと感じた事は、前職に比べて給与アップ出来た事と就労時間が減りプライベートの時間が持てるようになった事でした、前職の頃には残業が多く内心ブラックなのでは?とか、ここまで働いて給与はこんなものか‥と毎日仕事に対するモチベーションが下がっていました、こうした事から本当に成功したと感じました。次に成功する事が出来た理由ですが、私は転職エージェントを利用して現在の会社に転職したのですが、良い転職エージェントに出合いスムーズに転職活動が出来た事が成功する事が出来た決め手だと思っています、エージェント会社の担当キャリアアドバイザーの方には本当に的確なアドバイスも頂きましたし、サポートもしっかりして下さいました、こうした全面的な転職サポートがあったからこそ成功に至ったのだと感じています、以上です。
三藤ふみか
転職前、引っ込み思案な自分には不向きな接客業務に従事していた私は、現在では自分にぴったりな事務仕事に従事できているため、転職に成功したと感じています。その理由は、転職先の候補や、転職後の職種の候補をなるべくたくさん出して、冷静に見比べたことだと思っています。転職先を探していた当時は、自分に合う仕事は何か?という点が分かっていませんでした。しかし、たくさんの企業・職種を比較していく中で、自分にはこういう職場・こういう仕事が向いているのではないか?という点が見えてきたため、現在の職場・職種を選び出すことができました。
坂上えりこ
社員10名程度のIT会社から、社員数百人のIT会社へ転職しました。転職前は出向することが多く、自らが望むスキルアップの機会に恵まれませんでした。上司にも相談しましたが、小さい会社のため、その先も暫くは現状維持だろうと言われ、転職を決意しました。転職先では新たに学ぶことが多く、仕事の幅が広がりました。それに合わせて給与もアップしました。現状維持でいいか...と諦めなかったことが、良い結果につながったと思います。
大文字やま
私は過労から体調を崩して前職を辞めました。転職する際に何を一番重要視するかしっかりと考えてから会社を選びました。私の場合、それは就業時間でした。また過労で倒れることのないよう、働きやすい環境を第一に転職活動した結果、満足のいく転職ができました。
三島ふみこ
ハローワークインターネットサービスで、少しでも気になる、と感じた企業の情報はすべて印刷し、メリットとデメリットを色分けしてマーカーを引いて冷静に比較したことで、自分に最適な企業を選び出せたのだと思います。
翻訳家2020
講師業から制作業へと転職した際(どちらも語学力を生かす業務)、大幅な年収アップにつながり、仕事内容も自分により合っているものになったためです。転職活動の際に、それまでの経歴や実務経験について細かく整理し、今後どのような職場環境で仕事したいのかを明確にしていたということが理想的な形に繋がったと思います。転職エージェントのアドバイザーさんから厳しいアドバイスを頂いた点も、ひとつのきっかけになりました。自分一人では見落とすようなこと、見方が偏ってしまう場合もあるので、転職エージェントを利用するのも良いと思います。ただ、エージェントの意見を鵜呑みにする必要は無いと思います。あくまで自分の幸せのため、自分がどう生きていきたいかを、自分自身が落とし込むことが大切です。
ふうれんさん
転職先を間違わなければ転職は成功となりますが、企業の事を徹底的に調べる事が重要です。そこに転職した場合も下調べが活きます。
いとうさやか
短期間で見つけようとすると、見つからない時に焦りが出てきて妥協してしまいがちなので、長期間で余裕を持って転職活動した方が良いです。絶対に譲れない条件があるのなら、何があっても譲らない気持ちを持つことも大切です。
イトリンリン
職種と勤務地を選べない正社員という働き方を捨てて、派遣社員として転職いたしました。やりたい仕事、職種に就くことができて充実しております。3年間経過した現在は無期雇用の派遣社員に契約も切り替わり、さらに安定的に働きつづけております。正社員という固定概念を捨てたことが成功のキッカケだと思います。
たかちゃんまん
自分は、同業者への転職をしました。自分の力が発揮できる場所。収入アップできる事。やったことをきっちり評価してくれること。この事を考えながら転職し、それにあった会社が見つかり転職してよかったと思いました。転職する事 自分の気持ち、やりたいこと、なぜ今働いている会社ではダメなのかしっかり考え後悔しないようにする事が大事だと自分は思います。
カズトヨコ
自分に合う転職コンサルトに出会えたので、自分の気持ちを率直に話し、希望した条件で転職することができました。合わないコンサルトに無理に合わせようとせず、こまめに情報収集をしながら、相性のよいコンサルトに出会えるまで根気よく探すことが大事だと思いました。
こうじろう
私は広告関連業界の人間ですが、転職前に担当していた業界や人間関係をいったんリセットし、転職先では、それまで経験のない業界の仕事を積極的に引き受け、社内外から一定以上の評価を得ました。転職前の成果やスキルに頼らず、まったくの新人の気持ちで臨んだのが功を奏したのだと思っています。
たかちゃんまん
成功したと感じたことは、職場環境が自分にあってることと、やりがいがあると思えたこと。成功することができた理由は、コミュニケーションを取る事が重要だと思い、自分なりに取りにいった事が成功できた理由なのだと思います。コミュニケーションが良ければ新しい仕事も早く覚える事ができますし、無駄無理なく仕事が行えると思えるのでこの事が1番の成功できた理由だったのかなぁと思いました。
さくらもち
転職して成功したと感じたことは、業務量が適切であり、自分の時間が取れる職場を見つけることができたということです。前職では業務量が多すぎて勤務時間が長くなってしまい、プライベートに使える時間の余裕が全くない生活を送っていたのですが、転職する際に自分の望む職場環境、待遇面や福利厚生面などもきちんと見定めてから転職活動を行ったのが良かったのだと思います。
なうまいる
転職して収入は減りましたが、人生の満足度は上がったと感じられることが転職が成功したと感じる理由です。転職を決めた時に、まずは今の仕事のどういう所が嫌なのかを書き出して「優先して解消したいこと」や「勤務条件次第で確実に変えられること」を明確にして、その条件に該当する転職先を探しました。何のために転職するのかをはっきりさせたことが転職を成功させたポイントだと思います。私の場合、前職は平日休みで転勤も年に一度のペースなのでプライベートの人間関係がどんどん希薄になること、名ばかり管理職で拘束時間と押しつけの責任ばかり増えていくことが苦痛でした。現職は土日休みで転勤無し、ポジションは変わらないが実績次第で昇給できる会社を選んだことでライフワークバランスが改善し、充実した毎日を送っています。
秋山ふみか
私は転職してから、自分に合った事務の仕事ができるようになったため、成功したと感じています。転職したタイミングが良かったこと、転職先の業務内容等についてきちんと下調べをしたことなど、理由は複数ありますが、あらかじめ簿記等の資格を取得しておいたことが、転職の成功につながったと感じています。
小林さあや
週休が2日から3日に増えました。理由は、まず業界として完全出来高制のところを選んだため時間に縛られない働き方に職場全体が慣れていたことです。まず自分の希望と業界の勉強をして、すり合わせることが大切だと思います。
hironaka
入社してからすぐに周囲の社員に積極的に話しかけ、コミュニケーションを深められたのが、転職を成功することが出来た最大の理由です。会話の中で業績や改善点、キーマンなど会社の内情が分かったことで、自分の役割が明確になり、短期間で仕事を任せられ、転職の成功を実感したのです。
あかりんご
仕事をする上で人間関係が大切なため、人事の人柄を重視しました。人事の人にも人間関係はどうかを突っ込んで聞き、快く応えてくれたのでこの会社は雰囲気が良いと判断。実際に入社してからは人に恵まれて充実した日々を送っています。
テレサザン
転職で成功をする事が出来たと感じられる事は、収入面と休日日数、業務内容が合っている事です。成功する事が出来た理由は、しっかりと転職求人を吟味して妥協をしないで長期間かけて転職先を検討した上で決めたからです。
てんつるりん
まずは、自分自身の目的を年収100万円アップ、同じ業界での転職と定め、クリアできたのが成功した点。成功できたのは、転職活動にあたり事前に自分の価値を客観的に調べてもらい、ターゲットを定めていたからだと思います。
ガッツ桜くん
転職した先はブラック企業でもう辞めていますが、在籍時に人脈を築くことができ、独立に繋がりました。また、定年まで勤めることなく辞めた人たちが100人以上おり、一部の人とは協力関係にあります。その会社は高齢化が進んでおり業績もジリ貧状態なので、いずれはシェアを逆転したいと思っています。
石焼ステーキ
サービス残業が当たり前の前職だったのが、転職先ではそうしたことが無く、労働時間に見合った対価をしっかりと受け取ることができるようになれたことです。転職を成功に導けたのは、会社選びをする際に、離職率やモデル年収等、事細かな数値を事前に把握して、情報収集に力を注いだからだと感じています。
shizutaka34
転職以前から、ビジネス上でお付き合いのあった、大手メーカーの技術者(管理者)の方に、自分の仕事の実力(知識、経験)を認められ転職できました。その結果、転職先の会社の製品に、自分の技術で立ち上げたといえる、製品を世の中に出すことができました(もちろん特許も取得できました)。
作業人三号
転職の成功の基準の一つは、退勤後に自分の時間が持てることだと思います。私は転職前は毎日早くて11時頃の退勤でしたが、転職後には6時の定時でほぼ退勤可能となりました。特に独身でなければ、給与が減っても家族との時間が増えればそれは成功だと思います。成功の秘訣は、製造業を選んだことだと思います。事務職は長い目でみて数か月後の会議資料を考えなければなりませんが、製造業は毎日の生産量が勝負です。その日の分が終われば帰宅可能なので、転職時には一日のノルマが少ないところがねらい目だと思います。
転職小太郎
前の会社より給料が上がったことが成功したと感じたことです。成功した理由は、転職の目的をはっきりさせて面接に臨んだことです。具体的なキャリアパスを描き、転職前の会社ではできないことと転職すればそれが実現できることをイメージして、それを具現化していきました。
タケモトカラダ
業務に自分の意志を反映しやすくなったこと、何より収入が増えたことが成功と感じました。不満に感じていることを自分の中で明確にして、その不満を解消するために、何を妥協して、どんな職場だと解消できることになるのかを考えて転職先を決めたことが良かったと思っています。
るるかママ
私は、転職をして収入がアップして安定するようになりました。特に、賞与がでるようになったことで、生活に余裕ができるようになり、精神的なストレスも減りました。私が、転職に成功した理由は転職エージェントを利用したことです。エージェントに希望職種と希望年収を伝えるだけで、希望に合った求人を見つけてくれました。収入については、面接でも聞きにくい項目ですが、エージェントに任せていればきちんと確認してくれるので助かりました。
ファンタジスタ
転職に関しては何を目的として転職するかによりますが、自分は働き方、環境を良くしたくて転職を考えました。実際の転職先は、残業なしで休日もしっかりとれる企業です。業界や職種ももちろんですが、待遇に関する軸も決めて、そこは妥協せずに、焦らず動いたことが成功につながりました。
ともやんまん
土日祝が休み、年間休日126日、残業がほぼなしの企業に就職したので、家族との時間を取れるようになりました。転職先を選ぶ際は年間休日や残業など譲れない条件を作り、とにかく企業を探してたくさん応募しました。
かきざきゆい
成功したと感じたことは、一番の目的であった給与アップを実現できたことです。成功することができた理由は、まず転職の動機として、自分はなぜ転職をしたいのかをリストアップしたことです。私の場合は給与、働く環境、などなど、、、その中で一番譲れないものはなにか、優先順位を決め、それを軸に転職活動に臨みました。
りゅうどうじ
まず給与、そして各費用などの枠が上がったことと福利厚生の充実。残業時間の現象で趣味や交友に使える時間が増えたこと。給与があがったので必然的に趣味などに使える金額も増えて、貯蓄や投資にもまわせる余剰が増えた。調査や自主的な学習は高いレベルが求められるのできついと感じることがありますが、総じて対価としては悪くないと思います。まずエージェント含め、知人友人など全てのコネクションを利用してリサーチ。Webの情報は当てにならないので、生の声を聞くことに注力しました。そして自分なりの希望を設定したものに上下のマージンをつけて、上にいくぶんには構わないが、下回っても許容できる設定を動かさずにリスト化した企業にあてはめていきました。結果的に候補はいくつかキープでき、一つに拘るのではなく、選択の幅を持たせました。妥協してよい幅と最低ラインを最初に作って動かさないことが最大の勝因だと思っています。
KIKUTI
勤め先の人間関係に悩み、ここでは自分の能力を活かすことができないと感じて転職を決意しました。そのため特に職場の雰囲気と自分の能力を活かせるかを重視して転職先を選びました。こういったことは募集要項や企業の公式サイトを見てもわかりませんので転職サイトやSNSなどを通じて社員の生の声を集めました。こうした結果職場の人間関係も良く、自分の能力を活かし更にスキルアップも望める転職先を見つけることが出来て転職を成功させることができました。
ジェイジェイ
大学の就職活動で働いてみたかったが諦めた職種に、転職を機に受けてみたら採用してもらい、最初に選択した職場よりも、勤務時間、人間関係、実績がよかったことが成功したと感じました。そうする事ができた理由は、一度諦めていたのに、またチャンスを得られたので決して失敗したくない、しっかりと学んで全力で働こう、という気持ちが強かったからだと思います。
マルチネス
好きな職務、業務に携わることができ職場環境に恵まれていることが成功したと感じます。将来の自分自身を鮮明にイメージし、どのような自分になりたいかをど真剣に考えたうえ、すぐに転職活動したことが成功出来た理由です。
サイトウシンジ
前の職場に比べて勤務時間が短いが、給料の額はあまりかわらなかったので成功したと感じました。前の職場では自分の性格や特技など、職種と合っていないことが多く、疲れることが多かったです。前の先輩のアドバイスもありましたが、早くに転職を決めたことが成功できたことにつながったと思っています。転職は不安でしたが、合っていない職種で働くよりも早く決断し、自分にあった職種に転職した方がいいと思いました。
ひまわり821
年間の休日数が増えたことシフト制の休みから週末休みとなり、お盆、正月も休めるようになったこと残業時間が20時間と半分になったこと。友人を通しての仕事の紹介だったため、細かく丁寧に仕事内容等聞くことが出来たのが成功した理由です。実際転職してからも、話し通りだったのでよかった。
ロードマン
わたしが転職をして良かったと感じるのは、仲の良い上司や同僚に恵まれたことだと思います。やっぱり最終的には人間関係ですよね。今回はあえて自宅より遠い勤務地を探して転職したのですが、わたしを知っている人間は一人もいないので、それが良かったのかもしれません。

お知らせ・ご案内

聞きたいこと募集中
多くの方に聞いてみたい事を募集中です。

転職

転職で成功したと感じたこと
回答:65件
転職をして、成功した、良かったと感じたことを聞いてみました。人それぞれの価値観があり、異なることで成功を感じることがわかります。自分が気付いていなかった価値観を知ることも出来ます。
転職で失敗した原因
回答:70件
転職は残念ながら失敗したと後悔してしまう場合もあります。何故そう感じるのか、そうなってしまったのかを聞いてみました。実際に転職をしたことが無ければ得られない感想も沢山ありますので、ご自身の転職活動で同じ様にならないように役立てられます。
転職で失敗したと感じたこと
回答:82件
転職後に失敗したと感じる事を聞いてみました。人それぞれ価値観は違いますが参考になりますますので、ご自身の転職活動で、きっと役に立つと感じます。
転職エージェントの利用経験談
回答:110件
転職をする際、転職エージェントを利用する方は大勢いらっしゃいますが、まだ利用したことがない方は、実際に利用するとどうなのかなど心配な事も多々あるかと思います。そこで、既に転職エージェントを利用したことがある方に、感じたことを聞いてみました。
転職サイトレビュー
回答:198件
実際に利用した転職サイトの感想をお聞きしました。10サイト以上、200人近くのレビューを掲載しております。
転職フェア参加経験談
回答:61件
実際に転職フェアへ行った事がある方々に、心構えや準備してから行った方が良いことなどを聞いてみました。ご自身が行く際のご参考になさってみて下さい。
転職検討中の方へ経験者からのアドバイス
回答:165件
転職経験のある方々に、転職を検討している方へのアドバイスを聞いてみました。実際に転職した人で無ければ分からない生の声が沢山書かれています。多くの人が書いている事は、やはりそれだけ重要なことなのだとも感じます。一通りご覧になると、きっとご自身の転職にも役立つことと思います。