女子会へ行ってきました

女子会へ行ってきました年代や状況によって話題は様々なようですが、やはり皆が「そうそう」と共感できる内容が一番人気でしょうか。

回答一覧

  • 全て
  • 楽しい
  • 恋バナ、恋愛
  • 男子、男性、男の人
  • 彼氏、カレ
  • 結婚
  • 同級生
  • 大学、学生、学校
  • 旦那、夫、主人
  • ママ
  • リフレッシュ
  • ストレス発散
  • 自慢、マウント
  • 愚痴
  • 会社
  • 職場
  • 仕事
  • 上司
  • お局
  • 先輩
  • 食事
  • 料理
  • 飲み
同級生の友達との女子会でリフレッシュ
ようこ
社会人になって、みんなそれぞれに違うところで働いていても、高校生の時の同級生の子達が集まる女子会は、何回集まっても盛り上がって楽しい。新しくできたカフェに行ってみたり、人気のスイーツを食べに行ったり、レンタカーを借りて、ちょっとだけ遠出してみて旅行気分を味わったり、本当にごく自然に振る舞えるのが楽しい。この前は、「最近、寝ても疲れが取れない」とか、ちょっと老け込んだ話で盛り上がり、学生時代とは違う話も出てきたけど、それもまたみんなで共有できるのが面白くて、みんなで笑って話せたのがうれしい。いつも集まるメンバーで、女子会が一番楽しいなって思えるのは、みんなが本当に優しくて、性格が良いんだろうなって思う。大人になっても、こんな風にして女子会を開いてくれて、気軽に声をかけてくれる友達は大切にしていきたい。女子会で集まっても、誰かの愚痴を言うわけでもなく、自分達の近況を話したり、今度はどこに行きたいか等を話して盛り上がれるのは楽しくて、行くと、いつもリフレッシュできる。
いくつになっても女子会でストレス発散
nana
いくつになっても女子会は必須イベント、女子会は決して若い子だけのものではありません。結婚して家庭を持ってからも、女子会は定期的に行っています。若い子の女子会とおばさん女子会では、トークの内容がガラッと変わってきます。結婚前なら彼氏や好きな人の話題で盛り上がってきゃあきゃあしたものですが、結婚後はというと、ほとんどが愚痴。愚痴大会です。夫や子供、夫の家族、ご近所、ママ友の愚痴、と、親しい仲間内にしか聞かせられない話題ばかり。だからこそ、ストレスを発散するための大事な場所。いつも家事に子育てにパートに明け暮れ、そこでの人間関係は常にストレスと隣り合わせ。そんな自分と同じような悩みを抱えている女友達と、たまには美味しいものを食べたり飲んだりしながら愚痴大会を開くのが至福の時間なのです。愚痴って悪い意味でとらえられがちですが、気の置けない仲間との愚痴合戦は、悩んでいるのは自分だけじゃない、もっと頑張ろう!という活力になります。もちろん、その仲間が愚痴が嫌いな人達じゃないことが前提ですが。結婚前に比べて、女子会の頻度はものすごく減りましたが、これからも定期的な女子会でガス抜きしたいと思います。
気を使わない仲間との楽しい女子会
まみ
あまり付き合いが長くない友達やご近所さんとの女子会は気を使って疲れてしまいます。食べるものを相手に合わせたり、服を気にしたり、会話も合わせなくてはいけません。計画をしているときは盛り上がりますが、約束の日がくると嫌になってしまうパターンが多く、頑張って行ってみても疲れて終わることが多々あります。一方で気を使わなくていい、付き合いの長い友達との女子会は最高です。まず、食べ物を思いっきり味わうことができます。気を使った中の女子はおしゃべりに集中しないといけないので、食事をしっかり楽しむことができません。しかし気を使わない友達となら、食事をしっかり楽しみ、自分の好きなものを選ぶことができます。長い付き合いでお互いの好みやこだわりもわかっているので、いちいち口出しされることがありません。また何時間喋っていても疲れることがありません。くだらないことでも話題にすることができます。またお金に関してもしっかりと割り勘することができて楽です。
キラキラ女子会の恐ろしさ
なーちゃん
元々女子会が好きでよく開いていました。その日はキラキラ女子たちとの女子会。場所も恵比寿のお洒落なカフェで行いました。いつも遊んでいる友達はお酒も強くどちらかといえばサバサバ系。この日は真逆な女子たちとの女子会だったので飲み物も普段飲まないような可愛いお酒を頼む子ばかり。そして始まると色んな男の人に買ってもらったブランド自慢、自分のモテる自慢、この前連れてってもらった美味しいお店の話、次はどの人にどんなブランド物を買ってもらうかの話ばかり。永遠にそんな話が続き、そうゆうのとは無縁な私は(結婚してるので)ひたすらみんなの話を聞いてました。よくもまあこんな話が尽きないなぁと関心しつつ…5人での女子会でしたが、ちょっと可愛くない女の子もいつもキラキラ女子の恩恵にあやかってお食事など行っているのか感覚が麻痺してしまっていて自分もモテるかのような話っぷり。色んな女子がいるんだなぁと冷静に思ってしまいました。もちろん酔うこともなく解散。不完全燃焼だった私は1人で飲みに行きました(笑)
幼なじみと3人で女子会
カフェラテ
先日、幼なじみと女子会をしました。幼稚園から中学校まで一緒だった子たちですが、当時はそんなに仲が良いわけではありませんでした。中学生のときの塾が同じで、高校生のときにひさしぶりにこのメンバーで会おうとなって以来、大学生、社会人になってからも集まるようになりました。なぜこのメンバーの気が合ったのかというと、ライフスタイルが似ていたからだと思います。ヤンキーの多い土地柄でしたが、私たちは大学、短大まで進んだ地元では少数派。だんだん他の地元の子達と話が合わなくなったので、このメンバーで固まって行ったのだと思います。今は全員結婚して子供がいて、仕事もバリバリから少しまでバランスは異なるけれどしています。子供がピンポンダッシュをやらかした話、旦那がどの程度家事をやるか、義両親との関係、受験の話、子供のスポーツの話。いくら話しても尽きません。女子会では、いつもは家族ではいけないような、ちょっとおしゃれでヘルシーなお店に行けるのも嬉しいです。
愚痴りまくりの女子会
potorlielie
女子会というと恋バナといった印象を受けていましたが実際やってみると愚痴り大会でした。仕事や恋愛についての愚痴、日常の愚痴などありとあらゆる方面から愚痴りまくりでした。最初は恋バナをしていたものの、男の人ってなんでこんな風なんだろうかという話に進んでいき、彼氏や旦那さんの愚痴でいっぱいに。彼氏や旦那さんの愚痴で多かったのは仕事仕事って言って後回しにされてる感が否めないことやデートっていっても、もうどこに行ったらいいのかキュンキュンなんかしないとかそういった愚痴。仕事に対してもこういうお局がいてという話や厄介な上司の愚痴をたんまりと言い合いました。女子会のいいところは、絶対共感してくれることかなと思います。彼氏や旦那、仕事、日常の愚痴全てにわかる?と言って盛り上がれること!ここでお説教とかされないのがいいところで、居酒屋ではなくてちょっと敷居の高いワインバーやお肉とチーズのお店に行って美味しいご飯とお酒を堪能しながらの話は格別です。気を遣わなくていいし、心もお腹も満たせるので女子会は定期的にやるべき!と思って定期的に開催してます。
女子会はやっぱり話が盛り上がる
はな
女子会では気になる男性の話や彼氏の話しなど恋バナでとても盛り上がりました。友達がまだ付き合ってはいないのだけれど、いい感じになってちる男性がいて、まずは出会いから聞き、LINEの頻度やLINEでどういうやりとりをしているのかなどを聞いたり、遊ぶときは何をしているのかなどを話してくれました。自分のことではなくても、友達の恋バナをきくととてもドキドキワクワクします。友達と気になる男性とのLINEの内容を聞き、それは絶対気があるとか、もう早く付き合えばいいのにとか、その男性のこと試してみればいいじゃんとかいろいろ話すのが楽しくて仕方ないです。彼氏がいる友達は、最近マンネリしているとか言いながらも話を聞いてみると実はまだまだラブラブだったりしてツッコミできて楽しかったです。その彼氏と結婚はしないの?と聞いてみたり、友達の恋バナは恋愛ドラマを見るより盛り上がって時間が経つのも忘れる位に楽しいひとときでした。
女子会にはかかせない話
にこにこぱんだ
定期的に開催される仲のいい職場のメンバーでの女子会は楽しみの一つで、毎回行ったことないオシャレなお店に行きます。今回はイタリアンディナーバイキング式の飲み放題プランで美味しいものを食べながらトークを楽しみました。みんな職場は一緒でも部署は違うので、それぞれの仕事で抱えてる悩みや愚痴、あの人とあの人は仲良いように見えて実は仲が悪いらしいよとか内緒話をして盛り上がりました。ストレス発散の場でもあり唯一情報交換できる場でもあるので誘われたら急用がない限りは毎回参加してそれを楽しみにみんな仕事も頑張っています。女子会だと料金が安かったり、女子会プランでしか食べれないコース料理もあるのでみんなで次はこのお店に行こうかと次回の予定もその場で決めました。今回はイタリアンレストランだったので次は居酒屋の予定となりました。でもコロナ感染が流行ってその女子会は中止となり、それ以降は集まれていないので早くみんなと飲んで食べていつものトークで盛り上がりたいです。
何でも話せる仲間との女子会は最高のストレス発散
さくら
女子会といっても、気を使わなければならないような相手だと疲れますし、行くのも億劫ですよね。やはり何でも話せる仲間との女子会が最高です。いろいろ大変なことがあっても、飲んで、おいしいものを食べて、騒いでいるとストレス発散できます。私には年代は違うものの「何でも話せる」と感じる友達が2人いて、普段からよく遊んでいます。いつもは流れで食事をしたり飲みに行ったりするのですが「女子会」ということで他のメンバーを交えないで飲み会を開くことがあるのです。これが実に楽しいと感じます。大抵最初の30分くらいは、黙々と食事をして、落ち着いたあとにおしゃべりが始まります。3人もいれば、常に誰かは落ち込んでいたり、大変だったりするものです。家庭や仕事、恋愛と、悩みはつきないものですよね。それでも、そういう時間があることによりだいぶストレス発散してきたと感じています。また近々3人で女子会を開催する予定なので、居間からとても楽しみにしています!
女子会に最適なのはお家パーティー
ゆうみ
私が仲の良い高校時代の友人と5人で開催した女子会は、「お家女子会」です。みんな30代で家庭を持っているので、節約意識が高く飲食店での支出を抑えられるメリットで企画しました。しかし「お家女子会」のメリットはそれだけではありません。まず、「まわりを気にせず騒げる」のは大きなポイントです。飲食店に足を運ぶと、個室を予約したとしても部屋が隣接していてなかなか大声で笑ったりリアクションをすることには気が引けてしまいます。次に「ラストオーダーを気にしなくて良い」ことも嬉しいポイントです。気の合う仲間と集って盛り上がっていると、時間はあっという間に過ぎ去っていきますよね。そんな時に飲食店でラストオーダーの知らせを受けると、せっかくの楽しい雰囲気が冷めてしまいます。その点「お家女子会」ではラストオーダーも閉店もなく、盛り上がりをそのままに思いっきり楽しめるのです。他にも「子供を安心して遊ばせておけること」や「食べたい物を材料さえあれば好きな味付けで作り出来立てを食べられること」など、お家女子会は魅力がたっぷりです。最後に、なかなか外では話せない「旦那や姑の愚痴」も心置きなく話せ、特に盛り上がった話題がコレでした。
女子会ならぬ腐女子会
やまだ
私は普段、自分がオタクであり腐女子であるという事を隠しながら生活しています。なので普通の女子会に誘われて参加する事も時にはありますが、実際のところお仕事の話だの男の話だのそんなものには全く興味はありません。私にとってのお仕事とは推しをとことん愛し自分のお金や時間を捧げる「推し事」であり、男とはあくまで現実に存在しない「二次元の男子」を指すのです。そんな私が心から楽しめるのは気心知れた腐女子仲間との「女子会」ならぬ「腐女子会」。この会ではお洒落なレストランも可愛い洋服も、気合の入ったメイクも必要ありません。すっぴんに部屋着同然の状態で誰かの家に集まりおすすめのアニメやBL漫画、最近買った同人誌などを持ち寄りひたすら鑑賞するのです。時には意見が合わず解釈違いや推しているBLカップリングについて激しい議論に突入する事もありますが、意見をぶつけ合う事でより熱い腐女子の友情が育まれていきます。私にとってはこの「腐女子会」こそが普通の女子会に勝るとも劣らない楽しみの一つなのです。
女子会でお決まりの話題
maruko
学生時代からの友人4人と年に3、4回定期的に女子会を開催します。日頃からこまめにラインでのやりとりをしていても、実際あって話をすると話題が尽きることがありません。仕事の話や健康の話といろいろ話題はありますが、その中でも毎回必ず話すテーマがあります。それは恋愛です。特定の決まった人が毎回恋愛の話をするわけではなく、それぞれその時の恋愛・夫婦での動きや変化があり、みんなで話す感じです。なので、恋愛トークは、女性特有の好きな話題なんだなぁとつくづく思います。最近だと、30歳前後になってきて結婚を意識した恋愛感なんて話題が多いです。例えば、デート中のふとした彼の行動から、将来を共に歩んでいけるパートナーではないと思ったとか、優しさはあるが仕事面が不安で結婚に踏み出せないとか。たいていは恋愛トークは、悩みを解決したいわけではなく、みんなに話て聞いてもらって気持ちをスッキリさせたいということが多いように思います。気の置けない友人だからこそ、赤裸々な恋愛トークで盛り上がっています。
女子会は悪口が盛り上がる
ぱっつん
女子会ではあまり幸せな話は盛り上がりません。長年の気の知れた友人は別ですが。職場の女子会は悪口ばかりです。上司、お局、先輩等のネタは鉄板です。上司はえこひいきしている、お局は男性社員と女性社員では態度が違う、先輩はうざいと次から次へと話題が尽きません。一度彼氏の話をした子もいましたが、すぐに違う話に戻ってしまいました。やはり人の幸せより、不幸のほうがみんな好きなのだと思います。また、噂話も大好きです。上司とその部下が不倫関係にある、社長の愛人が2人いて社内でとてもバチバチしている、社員旅行で浮気をしていた、あの2人はできている等よく知っているなと思いました。私もそのころ職場恋愛をしていたため、噂の対象になっていたみたいでごまかすのがとても大変でした。私は女子会は楽しいと思っていましたが、あまり頻繁に行き過ぎると幸せが逃げてしまう気がします。悪口ばかりではなく、仕事のためになる話、将来こんなふうになりたいというポジティブな話もしたかったです。
自分に合った女子会が一番
anan1226
私はもともとキラキラかわいい女子会よりも、仕事で忙しいから愚痴をついつい言い合ってしまう女子会が好きです。どちらかというと自分も愚痴は言ってしまうけれど仕事はなんだかんだ言って好きだから。でもおしゃれなカフェやレストランで女子会をするグループには憧れてしまい、自分もそんなかわいい女子会グループに入りたいので何度か参加してみました。参加するときはかわいいワンピースを着て、普段あまり話さないような合コンの話などに一生懸命ついていき、自分がすごく背伸びしているのがわかりました。キラキラ女子会の女性は自然に話していてもとてもかわいらしく、写真をことあるごとにみんなで撮影し、ポーズもかわいいきめポーズを何通りも知っていて、普段の自分がしていることと全然違うので圧倒させられっぱなし。私が自然体でいる世界と違っていてとても疲れてしまいました。女子会に参加することで感度のいい自分を演じてみましたが、ぜんぜん楽しくないので普段の私が出せる女子同士の飲み会の方が私には合っていることに気づきました。
女子会のランチは目でも楽しみたい
なお
友人に連絡を取ったのがきっかけで、以前働いていた職場の同窓会的な女子会が開かれました。1年ぶりにあった人、6年ぶりにあった人と、様々なメンバーでしたが、会った瞬間に盛り上がることが出来ました。独身の人、結婚した人、離婚した人、近況報告をしあい、過去の話に花を咲かせました。一期後輩の子が見つけてくれたレストランが、横浜ランドマークタワーの「chef's V」。「シェフがつくる、野菜を活かした魚・肉料理」をコンセプトにしたレストランです。到着してまず、窓からの眺望の美しさに一盛り上がりしました。窓からはみなとみらいが一望でき、目の前には日本丸が停泊しています。ソファ席からゆったり眺められる眺めに、スマホを向ける友人もいました。予約した「シェフズブイプレート」は、まずアンティパストプラッター(前菜9種盛り合わせ)が並べられると、その美しい見た目にみんなで声を上げてしまいました。「野菜がメインのレストランって、家族とだとなかなか来られないよね」「精細な料理も、男の人って喜ばないしね」という友人の発言に、一同同意。素晴らしい眺望を楽しんだり、落ち着いた店内の雰囲気を味わったり、見た目の美しい料理を堪能したり。「きれいなもの」に思いっきり盛り上がれるのが女子会ならではの楽しみだね、とみんなで頷き合いました。最後のハーブティーまで堪能し、また今春の再会を約束しましたが、コロナ禍で延期となったままです。またみんなで会って盛り上がりたいと願っています。
同居の嫁をしている人だけの気楽な女子会
saeruko
嫁姑というと本当に昔から色々ありますが、やはり気遣いというものは半端なものではありません。嫁でしか分からないことは嫁をしていない人には分からないのです。そんなこと、と思うことでもこれは嫁にとっては一大事なことなのです。ささいな言葉のやり取りから始まり、たわいのない会話の中で思わず本音を言おうものなら、何年も経ってからあの時のこんな発言が良くなかった等と、くどくどと言われるなんてこともよくあることなのです。多分嫁以外の人には想像もできない気苦労があるのですが、それを言い合い、共感してもらえる嬉しさは何ものにもかえることのできない満足感があります。初めて会った人でも同居の嫁をしているというだけで、一瞬で打ち解けてしまい、手を取り合って分かち合うことができる不思議な関係なのです。人は誰もが自分がこんなに頑張っているということを誰かに分かってもらいたい、と思うものです。この苦しさを自分だけではなく、他にも自分と同じ思いの人がいることにとても安心感があり、励まされるものです。大袈裟ですが、私にとって嫁同士の女子会は生きていくための酸素や水と同じ位の重要なものとなっています。
久々のオトナ女子会♪
ぴよ
新入社員の時から仲良しの同僚5人でよく女子会をしていました。みんなで合コンに行ったり、クラブへ行ったり、自由に楽しく過ごしていました。しかしそれから異動辞令が出てばらばらになり、私の結婚式で久々に再会。そのとき他の4人は彼氏はおらず、また集まろう?と言いながら、やっと結婚式から半年後に女子会をすることに。社内結婚をしていたので、今回は私の結婚生活について聞かれるかなあーと思いながら行くと、まずびっくり!同期の女の子が妊娠中!さらに後輩1人は交際期間2ヶ月で電撃結婚、もう1人も交際期間半年で婚約中!みんな「大事なことだから直接会って報告しようと思ってて…」とサプライズ報告3連続でした。とりあえず1人ずつ、「え!誰と!?前の人は別れてたよね?どの彼氏が旦那になったの?!新しい人?!」と大盛り上がり。私の平穏な結婚生活話は聞かれることもなく、みんなの幸せほやほや話を聞いてすごく楽しかったです。昔は22時集合で朝まで遊んでいたのに、ランチを済ませるとそれぞれ晩ご飯の準備のために早めの帰宅。幸せな気持ちになりましたが、大人になったなあ、としみじみ感じました。
居酒屋での女子会が楽しすぎる
ゆう
私はいつも仲のいい女友達と女子会をするときには、チェーン店の居酒屋を使います。理由としては、良い感じに騒がしさがあり自由に会話ができるからです。音楽や他の話し声もするため、話を聞かれるという心配が少なく話を楽しむことができます。話の内容は、仕事のグチや好きな俳優の話など幅広くしていますが、あまりおしゃれなところでこのような話をするよりチェーン店の居酒屋の方が気兼ねなく話ができるので気に入っています。特にまだ働き始めたばかりであるため、お互い仕事のグチが多くなります。大学からの友人の集まりであるため、気兼ねなく愚グチを言うことができるので次の日の仕事からまた頑張ることができます。お互いが支え合う機会になっていることは少しうれしくなります。また、女子会をすることによって情報交換の機会にすることができます。話を聞いてこの業界はこれが大変なんだななど知ることができることは、自分の仕事に役立てることができます。似たような分野でみんな働いているため、情報交換をすることができることは嬉しく感じます。
女子会は「共通の話題」よりも「仲の良さ」
フミーチカ
私は不思議と、「共通の話題」を持つ女友達が少ないです。しかし、共通の話題を持つ、あまり交流がないコミュニティの女子会に参加するよりも、共通の話題なんてほとんどないのに、仲が良い女友達たちのと女子会の方が圧倒的に楽しいと感じています。たとえば、女子会の話題のトップに位置しているものといえば「恋バナ」ですし、20代後半という私たちの年齢から考えても、恋愛はもちろん結婚・出産といった話題が上ってくるのも当然といえます。しかし、私はアセクシャル(他人に恋愛感情や性的欲求を抱かない人)なので、そういった話題にほとんど乗っかれません。それでも、気心が知れた友人たちの話であれば、そうった話でも聞くだけで楽しめるのです。私は普段、自分のセクシャルを公表している訳ではないので、女子会のメンバーによってはごまかしたりかわしたりするのに苦労しますが、この気心が知れたメンバーには打ち明けているので、本当に気楽に話ができます。前回開催したときからもう半年以上経ってしまったので、また女子会を開きたくなってきました。
久しぶりの女子会にて
ももものか
コロナで仕事に出社する機会が減り、時間を持て余すことが増えたこともあり、落ち着いた頃に思い切って昔の大学生時代の同級生たちと女子会を開催しました。お店を予約するのは人目もあったため、友人の家で料理を持ち寄り集まりました。久しぶりに皆の状況を聞くと、それぞれ仕事やプライベートの話が進みました。仕事と家庭の両立や子育てなど女性ならではの話は、普段は言えない愚痴にも発展しましたが、知ってる人たちが自分の目の前の人生と向き合ってる姿を見て自分もがんばろうと思いました。普段は仕事や子供がいる家庭は学校のこともあり忙しく、なかなか会うことが出来ないのですが良い機会となりました。男性からすれば女子会なんていい印象がないかもしれませんが、学生時代に戻ったようにたくさん美味しいものを食べたり、話をして笑い合ったりして時間の流れの速さにも驚いたのですがストレス発散にもなりました。普段仕事などで違う年代の人と関わることが多いのですが、同世代のありがたみもよくわかりました。
悩みと本音全開の女子会
みみ
大学で同じ学部の仲の良かった5人で、だいたい3ヶ月に1度くらいの頻度で定期的に女子会を開催しています。皆結婚を意識したり、周りのベビーブームに巻き込まれているので共通の話題といえばズバリ「付き合っている男性」のことがメインテーマで進みます。後少しで婚約というところなのに、実は彼の家があまり評判の良くない宗教のかなり上のポジションの方で結婚したら確実にその宗教に入信しなければならないような状況でどうしようという難しい悩みだったり、バツイチの彼氏が離婚した本当の理由を共通の会社の人伝いに聞いて、彼から聞いていた話と食い違いがあり別れようと思っているが、現在同棲しているので引っ越しをするのに資金を貯めなければならないというものまで様々です。結局皆の間で共通認識なのは「一つでも不安要素があるなら結婚はやめておいた方がいい」ということで終わるので、大学を卒業してから何年も経ちますが5人中既婚者は2人という状況です。
女子会で必ず盛り上がる話3選!
みい
どうも、みいです。お酒が好きなのと喋るのが好きなので気づけば月1回は女子会をしています。そんなに話すことあるの?と思われそうですが、毎回話が尽きません。1ヶ月もあると、色々と心境に変化があるのでその変化に関して毎回話すのですが、必ず会話に出てきて且ついつも盛り上がるトピックが3つあります。では紹介していきましょう♪まず1つめ!なんといっても美容!女性は季節に応じてメイク用品だったりケアが変わります。夏になるとどの日焼け止めがいいとか、魅せる為の肌作りに関しての情報を交換しまくります。(笑)冬になると乾燥が気になるので、乾燥対策の話で盛り上がります。2つ目、恋愛の話!彼氏がいてもいなくても話すことが常にあるのが女性!彼氏がいる人は、その彼氏とのおもしろエピソードだったり惚気だったりちょっとしたイラッとしたことについて話します。彼氏がいない人は最近誰とご飯に行ったとか連絡とってるとか、詳しく話して笑い話になります!(笑)3つ目、性の話!女もするんです。(笑)特に最近した話は毎回でます。そして男性より女性の方がぐろいとかよく言われていますが、そのとおり!(笑)でもこれも美容の話と同様、良かった事と悪かった事の情報交換を笑いを交えてするというような感じです。私がよくする女子会ではこの話が必ず出ますね!思い出すだけで楽しくなります。女に生まれて良かったです!(笑)ぜひ、女性に生まれたからには女同士の楽しみもたくさん味わってください。
高校の同級生が集まった女子会で学生時代へタイムスリップ
はな
高校時代に仲良しグループだった4人とはLINEでのやりとり以外直接会うこともないまま気づけば40代になっていました。最後にみんなで会ったのは34、5の時、「40過ぎたらまた会いたいねー」なんて話を思い出し、40もすぎたけど女子会を開くことを思い立ちグループLINEへ、みんなの都合を合わせるのに3ヶ月くらいかかったけどなんとか日程調整できて小洒落た居酒屋で女子会開催できました。5年も会っていなかったけど、姿や顔が年相応になってたけど、中身は誰1人変わることなく学生時代のままの仲良し4人組グループのまま。会った時また集まれたのが嬉しくなってうるっときたけど、茶化されるのは嫌なのでバレないように誤魔化しました。まずはお決まりの近況報告から始まりました。家庭をもっているのが2人、独身者2人だったので、独身者への過剰な気配りもなく安心しました。大半の時間は学生だった時のエピソードが出まくりで馬鹿笑いを久しぶりにした気がします。3時間があっという間で、学生時代へタイムスリップできた様で素敵な時間でした。
会社の部署内女子会の悲劇
かなこ
基本的にあまり飲めないので、飲み会などは参加しないのですが、会社の部署のリーダーが女性で、定例で毎月一度部署内での女子会をしていたので、断りづらくて参加しています。しかし、部署ということもあり、女子会と言ってもほぼ会社の人間の悪口大会なだけ。特にその女性リーダーが日頃思っていることを話したいだけといった女子会です。話す内容も、誰だれは仕事できないし会社くんなよなとか、あんなつかえないやつ早く辞めろよ!異動でもなんでもしろ!といったとんでもない暴言のオンパレード!女子会と言うよりも、もはや、リーダーの独壇場の自分が気持ちよくなりたい、スッキリしたいだけの集まりと化しています。女子会と言うとガールズトークだとか、恋バナだとか可愛い印象ですが、この集まりは部下の女性が、強制で付き合わされて暴言や愚痴を聞かされ、リーダーの私すごいのよ風なトークを聞かされるだけのしもべ会状態です。こっそり聞いたところ、みんな仕事の付き合い上行くだけで、本当は行きたくないんだそう。女子会という名のただの悪口大会なんて金輪際行きたくない。
毎回、女子会は大盛り上がり
みー
学生時代の友だち5人と集まっての女子会は、いつも盛り上がります。毎回時間がいくらあっても足りないくらいです。とくに一番盛り上がるネタは、やっぱり恋愛についてです。それぞれの彼氏や好きな人の近況報告はとても盛り上がります。彼氏とデートした話や、ケンカした話、、失恋話、好きな人との進展状況などなど、、は聞いていても、とても楽しいです。その話の中から、恋愛関係の悩みや困っていることなどをお互いに相談し合っています。友達に話を聞いてもらい、アドバイスをもらったり、話を聞いてもらうだけでも、気持ちもすっきりして、とてもありがたいです。私が失恋してしまったときには、友達にたくさん励ましてもらいました。そのおかげで気持ちも切り替えることができて、また次の恋に進むことができました。女子会は私にとってはなくてはならない、憩いの場だと思っています。気心が知れている友達だからこそかもしれません。これからも次の女子会が楽しみです。
女子会は私には向いてない
拓殖
私は数ヶ月に一度程開かれる「元同期女子会」に参加しています。その名の通り元同期で集まり近況報告をしたり昔の上司の愚痴を思い出しながら話したり、といった具合なのですが、全メンバー6人中1人苦手な子が居るんです。話をする時に物凄くオーバーリアクションで、みんな同調して笑ったりはするんですが、私にはとにかくその子の対応が苦手なんです。その子が仮にAちゃんとして、Aちゃんは自分を盛り上げ役だと思っているのかみんなに話題を振ります。その中でも大人しい聞き専の私に、恐らく「(拓殖ちゃんが輪に入れてなくてかわいそう!私が気を遣ってあげないと!」という善意からなのでしょうか、話題を多く振ってきます。ここまでならまだいいのですが、話を振ってきた後に私が「そうかも、確かに〇〇って××だよね?」と答えると丸無視で次の話題へと切り替えます。それが何度も繰り返されるだけの女子会です。その子1人が苦手なだけで後のメンバーは本当に優しくて気さくで大好きなんです。まだまだ参加したいけど、行って疲れるならもう行かない方がいいのかな、なんて考えたりもします。
世代を越えた同担女子会
はるまき
ここ最近よく開いているのが、同じ人を推している方々の同担女子会です。みんな同じ配信者さんが好きで、それをきっかけで知り合いました。仲良くなってみるとわりと家が近い人たちが多く、近場組で女子会をするようになったんです。場所は本当にさまざまですが、やっぱり一番多いのはスイーツ。先日は仕事終わりにみんなで集まって、パフェの専門店に行って3時間ほどお茶していました。みんな同じ人を応援していますし、みんなで応援したいという気持ちの強い人。だから気持ちも共有することが出来て、話も盛り上がります。前回は過去の配信の中で印象に残ったもので盛り上がりました。推しは男性の方なのですが、女装して配信した時は楽しかったね、とか。後は配信中に親御さんからの電話が来て、ミュートしていないのに気付かずお話していたことがあります。その時親御さんに対する話し方が穏やかで、より好きになったなとか。みんなで共感出来る女子会なので、とても楽しいです。年齢もみんな違うのに、いつも話が大盛りあがりですよ。
付き合いでの女子会はできればもう参加したくない
くままる
主人の会社の先輩や同僚の奥さん達との女子会でのことです。今年の一月に私たち家族と主人の会社の人達の家族で新年会がありました。そこで「今度は女性陣だけで女子会をしよう!」と言う事になり、正直私はあまり乗り気ではなかったのですがその場で「私は嫌なので行きません」と言えるわけもなく私も参加する事になりました。私は主人二人世帯で子供はまだいません。女子会に参加する奥さん達の中には子供がもう大きいひとやまだ小さい子を育てている人もいました。私は結婚するまでずっと飲食業で働いていてすっごく忙しいけどお給料は結構高い仕事をしていました。結婚しつからもフルパートで働いていました。子供がいる奥さん達はデキ婚だったようで仕事をずっとしていないとの事でした。デキ婚について私は全く否定的な考え方はないし、子供がいる事も羨ましかったし、出産や育児で仕事を離れている事も別に普通な事だと思っています。でもその奥さん達は私の働き方には理解が出来ないようでいわゆるマウンティングのような事が始まりました。「子供早く産んだ方がいいよー」とか「結婚したんだから仕事だけじゃだめだよ」とか「子供いると大変でー」などと言われました。子供がいるのは大変だと思いますが子供がいなくて忙しく働いている私にそれ言う!?とかなりイライラしました。でも主人の会社の先輩の奥さんもいたので「そうですねー」としか言えず全然楽しくなかったです。もうできれば付き合いでの女子会には行きたくないです!
変わりゆく女子会の内容
KYK
人生で一番女子会を開いていたのはいつかと言われれば間違いなく短大の時だろう。あの時は“女子会”なんて名付ける必要なく毎日が女子会だった。私は女子短大だったから教室でも学食でも常に女子会が開かれていた。あの時の話題の中心は恋愛。この前の合コンで出会った彼の話もあれば付き合っている彼との悩みもあった。ときにはいろんな乱入者が現れ、「何その話?聞きたい!」と軽い講演会のようになり、そのあと討論が始まった。あれから10年がたち、女子会はすっかり変わっている。様々なライフスタイルに分かれた当時に女子会メンバー。結婚して子どもがいるグループ、結婚しているけど子どもはいないグループ、結婚はしてないけどお付き合いはしているグループ、お相手がいなくて探しているグループ、特にお相手も探していない我が道をいくグループ。話す内容や悩みもそれぞれになったので、自分と共通項のある人と集まって女子会を楽しむ。人数は少人数になったし時間も限られるようになった。かといって当時のメンバーで集まらないこともない。自分とは違う人生を歩んでいる友だちはとても刺激的で話しているといろいろ考えさせられる。「わかるーわかるー」の共感の関係から、個々が確立した尊重し合う関係性に変わったような気がする。女子会は一生やめられない。
自宅でお泊まり込みの女子会は最高
gon
大学の仲がいい友達でお泊まり会を開催することになりました。勿論どこか外出をしても良かったのですが、大学生で実習が控えていたこともあり、一人暮らしの友達の家を借りて女子会をすることになりました。お風呂は各自が済ませ、それぞれコストコやスーパーで買った食材、ジュースを持ち込んで開始しました。話の内容は基本的に彼氏が欲しい話と他の子たちへの愚痴です。これげ結局のところ1番盛り上がるので、どんな話をしていてもこのような話に落ち着きます。その時はみんな彼氏がいなかったのでどうやったら彼氏が出来るか、について話したり、過去の男との経験を語り合ったりしました。大学に入りたての頃でまだみんなのことを全然知らなかったので、過去の面白い話や、散々な男の話を聞いて仲が深まったように思います。また、女子の中でもいくつかグループに分かれており、他のグループには少し苦手な子もいます。その子らについての愚痴ではその時1番に盛り上がりました。例えば化粧が濃い、といった外見のことや、グループの活動に参加してくれないなど多種多様な愚痴で夜を明かしました。このようにどこかに遊びに行かなくても家で女子会をするだけでとても楽しかったです。
女子会で盛り上がる話題はやっぱり恋バナ!
ぴっぴ
私はトリミングサロンに勤務しています。女性オーナーが1人と、全スタッフが女性4名という少人数の小さなお店なのでとても仲が良いです。毎月、女子会としてお店の近くのレストランにみんなが飼っているワンちゃんも一緒に連れて食事をしに行きます。普段の仕事の話やお客様の話、お店に来店されるワンちゃんやネコちゃんのお話でとても盛り上がります。しかし、やはり1番盛り上がるのはそれぞれの恋バナです。私が結婚したばかりだったので最近の女子会では結婚についての話題で盛り上がりました。「旦那さんは結婚して変わったか」「結婚生活は楽しいか」などなど質問攻めでした。さらに女子しか居ないのを良い事に夜の営みの事まで聞かれました。「結婚してから営みの回数は減ったか」など。男子が居ないのでそのような質問にも気軽に答えられるのが女子会の良いところだと思います。また、女子同士は好きな食べ物の傾向が似ているのでメニュー選びなどで揉めることはありません。食後のデザートもみんなで毎回楽しんでいます。男子が居るとそうもいかないのではないかと思います。
女子会における本当の目的
みさ
私は定期的に、大学時代の同期8人で女子会を開催しています。とても気の合う仲間たちなので、ただワイワイ話すだけですが、女子会はとても楽しく、息抜きの場所になっています。今年の初めにも女子会を開催しましたが、私は新婚ということもあり、みんなにお祝いをしてもらいました。プレゼントをもらったり、結婚について色々聞いてくれたり、とても有意義な時間を過ごし、また近いうちに必ず女子会をしようね、と言って解散しました。それからまもなく1年が経ちますが、女子会には行っていません。どうやら女子会自体は開催されているのですが、私には誘いが来ないのです。最初はあまり気にしていなかったのですが、ふと、これまでいつも一緒に参加していた友人のインスタグラムを見ると、楽しそうな女子会の写真がアップされており、なんだかモヤモヤしてしまいました。何故私は誘われないのかなと考えていると・・・思い出しました。結婚する前に参加した女子会で、結婚した女子とは、話す内容が違ってくるし、いまいち盛り上がらないよねと、皆で話していたことを。決して友人たちと仲が悪くなった訳ではありませんが、女子会というものは、ただ楽しく話すのが目的ではなく、同じような境遇の人たちと、同じ話の内容で共感することが目的だったんだなと気づかされました。
韓国系カフェで女子会がイマドキ
韓国大好き女子アキコ
今までいろいろなカフェで女子会をしてきましたが、もう普通のカフェで女子会をしても大した刺激はないので、最近では韓国系のカフェを利用しています。私はBTSが大好きなので、韓国系のカフェを利用するとBTSのメンバーに少しでも近づけているような気持ちがしていつも嬉しくなります。女子会に行くメンバーみんな韓国が大好きです。なので最近はとにかく韓国っぽいメニューが豊富なカフェをネットで探しては、BTSの話を肴に楽しく女子会を開催しています。私がいつも行くカフェにはどんなメニューがあるのかというとソヨンラテ480円、スコーン380円などがあげられます。エディブルフラワーがちょびっと乗った可愛らしいソヨンラテは、濃厚なミルクを沢山加えたジャスミンミルクティ。ジャスミンの上品な香りがふんわりと漂い、見ているだけで幸せな気分になります。さっくり焼き上げられたスコーンとともにいただきます。そんな可愛いメニューを頂きながら私の推しであるVの話をしますとにかく顔が美しいのです。いつもお女子会のメンバーと今まで行ったBTSのコンサートの話題で持ちきりです。気の合う仲間と女子会で大好きな韓国系カフェに行きBTSの話題をすることが、私にとって、一番至福の時間なのです。
カラオケの女子会プランはお得で楽しい
ruruno
アイドル好きな女子グループでカラオケの女子会プランを利用しました。場所は都心の大手カラオケチェーン店。専用ルームの壁一面の三面モニターでライブDVDの上映会を開催しました。ペンライトや部屋のディスプレイ用品、応援音声が発生する装置や仮装衣装などレンタルできるものがとにかく多くて皆で色々なアイテムを使ってライブを応援して大盛り上がりでした。それぞれの好きなアイドルのDVDを流してプレゼン大会を開催したり、アイドルの誕生日をお祝いするケーキもプランに盛り込まれていて皆大喜び!!フリータイムだったので6時間以上滞在してひたすらにライブDVDを見てドリンクバーを飲んでケーキを食べて疲れたら寝て…と人の目も時間も気にせずに自由に過ごすことができました。今回はグループで行ったので一人当たりの支払いも千円ほど。お部屋も女子会プランなだけあってとてもかわいいので今後も定期的にカラオケ女子会を開催するつもりです。
自尊心高め女子のせいで最悪の場に
めるこ
私の会社は、100名以上の職場でしたが、数名しか女性がいないため、女子同士のつながりは入社当初より深く、定期的に女子会を開催していました。とは言っても強制の雰囲気は全くなく、「今週集まろっか?参加したい人はここに集合〜」みたいな軽いノリ。お互いの業務も分かりあっているので、参加できない方がいても咎めることはなく、とても楽しい会でした。楽しさで言うと退職した方も複数名参加されるような、本当に楽しい飲み会なんです。そんなある日、契約社員で入ってきた彼女(以下Aさん)。Aさんは私より年上で、社会経験も豊富なよう。Aさんが入社したこともあって、歓迎会も含め、久々に女子会を開催することになりました。今回は私が予約したお気に入りのイタリアンのお店。店主さんには何度かお世話になっていて、お任せのコースを注文。「こちら、イタリアントマトを使用した3種の盛り合わせです!」と店主が紹介。私たちの『わ〜?おいしそう?』という声に合わせて、「えwわたしトマト嫌いなのに〜」という声。その声の主はAさん。凍り付く場。店主さんが気を利かせて「あ、じゃあ彼女の分だけサラダ作ってくるよ」と。Aさんがトマト嫌いなことを把握してなく、申し訳なさもありましたが、ここで何か違和感を感じました。女子会が進むにつれてお酒も進む進む。先程の違和感も忘れかけてた頃にAさん「みなさんって彼氏さんとか、、結婚されているんですか?」と。当時彼氏が居なかったのは私だけだったのですが、そこからAさんの旦那マウントスタート。「えーそんなんだから彼氏いないんですよ〜」「そういうとこがダメなんですよ〜」と何度言われたか分かりません。Aさんが入社して、職場で話したことはないにも関わらず、しばらく続く旦那マウント。周りも早い段階から諭しますがお酒が進んで聞く耳が無いよう。店主もそんな私を察してか、いつものタイミングよりかなり早いタイミングでコースを裁いてくださり、大分早めに女子会終了。この件がきっかけとなり、職場の女子会は開催されていません。
職場の女子会は辞めた人の話で盛り上がる
ナナ
私はとある病院の事務で働いています。半年に一回ほどのペースで同じ病院内の仲の良い人達で、ランチ女子会を開いています。みんな結婚していて子供もいるので、夜の外出は難しいので、土曜日の仕事終わりに美味しいランチを食べながら女子会を開いています。話す内容といえば、病院内のことはもちろんの事、今までいたスタッフのその後の情報や、病院内の噂話、近所でおきた事件や事故の話などです。特に、以前勤めていた同じスタッフのその後についての話はらとても盛り上がります。辞めてしまった理由として、病院内のスタッフ同士の不倫だったりします。あそこの女子は手が早い、以前も不倫して辞めたらしいよー。あの2人ご飯食べに行ってるの見かけた人いるんだよーなどがメインです。あまり良い話ではないのですが、なぜか人のそういう話は、とても盛り上がります。また、病院内のトラブルで辞めた人の話も、最近男の人と店歩いてるの見かけたー。などの噂話から最近の諸事情まで、色々ネタがあります。女子会って不思議なもので、話があちこちに飛び回り、結局最後には何の話をしていたのか分からない時があります。でも、なぜか女子会が終わった後にはスーっとするような、楽な気分になりとても楽しく時間があっという間に過ぎていきます。
インターナショナル女子会
リサ
私は色々な国の友達がいて、女子だけで集まる「女子会」は多国籍になることも多いです。日本の女子会はもちろん男子の話や最近の恋バナで盛り上がることが多いですが、海外の女子会も同じような話題が多く、女子だけで集まると話すトピックは世界共通だな〜と思います。ただ海外の場合は日本人女子の女子会よりもさらにズバズバとはっきり意見をいうし、セ○○スの話題もかなりオープンに話します。もちろんこれは女子だけの場なので話すのであって、海外だからと言って男子の前ではしません。最近会った彼とはどんなことをしたとか、どういう行為が好きとか、人によっては一番興奮した場面までしっかりシェアしてくれる人もいます。もちろん、ダメだった場合も容赦はありません。デートプランや話した内容、キスやセ○○スまでバッサリ切っていきます。そういった自分たちの恋愛経験を仲の良い女子同士でシェアすることによって、幸せな気持ちはさらに上昇し、ネガティブな気持ちや嫌な経験はみんなで笑い話にして、結果どちらにしても楽しい時間になります。これは日本でも一緒だと思いますが、日本の女子は色々と毒を吐くことも多いですが、海外女子はさらに赤裸々で面白いです。
タワーマンションで高級女子会!最高すぎました
まこと
この前独身貴族の大企業で働いている小金持ちの友達に女子会に呼ばれたので行ったのですがめちゃくちゃ楽しかったです。彼女は住むところにすごいこだわりがあるので、タワーマンションのかなり上を購入していて、夜はカーテンしないで夜景を楽しみながら彼女が買ってきてくれた高級スーパーの海外のエスカルゴとか、スパークリングワインとか、生ハムよか、もうとにかくいろんな高級食材を用意してくれて最高でした。5人で飲んだのですが、みんな独身でバリバリ仕事しているので話も面白かったですしためになりました。一人は起業していて社長さんなので、その子の話を聞きながら夜景を眺めて、高級食材の料理に舌鼓なんてもう、なんというか最高な時間でした。でも、悩みもそれぞれあって、女子だからこそ、赤裸々に話すことができて面白かったですね〜。またやろう!と言ってくれたのでうれしいです。最後にそれぞれプレゼント交換みたいのしたのですが、みんなセンス良すぎ!素敵なブランドの1万ぐらいの商品で大好きな友達たちです。
親しくない人との女子会はつらい
tuna
今回体験した女子会は、職場内の女子会である。年齢は自分含め20代女性2人、40代の主婦1人だ。女子会は全体で3時間程であった。職場の女子会で盛り上がる内容と言えば職場で面倒臭い上司の愚痴がほとんどである。初め1時間は上司の発言がうざいということであったり、上司が仕事をしないということで盛り上がりとても楽しかった。雲行きが怪しくなってきたのは始まって1時間経過した時だった。40代の主婦がプライベートでの愚痴をマシンガンで話し始めたのである。内容は、職場には全然関係ない人のとある行動が気持ち悪いということであったり、娘の話であった。ちなみに私たち2人はその行動が気持ち悪いという人と娘には会ったことがない。私たち20代女性2人は内容も全然分からず、頷くだけであった。独り話のようになり流石に耐え切れず話が途切れたすきに「じゃあこれで」と言いかけてみるが、全然聞こえていないのかまた別の話が始まってしまうのだ。マシンガントークがようやく終わり女子会が終わる頃には今までにないくらい疲労困憊になってしまった。あまり親しくない人との女子会がこんなにつらいと思ったのは初めてである。今後女子会を行う際にあまり親しくない場合には、ラストオーダーが早いお店や何か終わらす手段を考えてから参加しようと思った。
久しぶりの同級生との女子会
Sky
久しぶりに高校時代の同級生と4人で集まってBARでの女子会。まずは久しぶりの集まりなので近況報告から。A子,B子は学生で、私とC子は専門学校を卒業し、社会人。学校での課題に追われながらもサークルや趣味を楽しむ大学生の話は専門学校でサークルのなかった私には羨ましく感じられました。社会人側もある程度仕事の愚痴を語った後、「で、最近彼氏とどうなの?」という話題に切り替わりました。A子とC子は彼氏とうまくいっているようで、愚痴もなく最近のデートのことをちょっとだけ話した後、「B子はどうなの?大丈夫?」と。B子はだいぶ前から彼氏と別れたがっていて、あまり良い関係ではなく、優しすぎる性格のB子はなんて言って別れたらいいかわからない、傷つけたくないと未だに別れられないでいるのをみんな心配していて、その日も彼氏のわがままエピソードを一通り聞いてB子の彼氏への大ブーイング(笑)そして女子会といえば下ネタ!彼氏との行為についてのB子の愚痴勃発。そこからA子のクソすぎた元カレの愚痴、私の元カレの愚痴が炸裂。女子の下ネタトークは内容がえげつないのです(笑)一通り愚痴を話した後はみんなスッキリした顔でカラオケで熱唱。同級生との女子会は会話の中に高校の時の部活仲間や、学年で有名だった人の話もちょいちょい出てきて懐かしさを感じることができて私は女子会の中でも一番好きです。長い付き合いということもあり気が合うので趣味の話もできるし下ネタや愚痴もみんなで言い合えるのがとても楽しかったです。
ノルマ化する女子会に疲れました
チーズ
月に一回は必ず開催されている私たちの女子会。主要メンバーはほぼ毎回同じですが、たまに新入りの女子も加入することもあります。この女子会のテーマは「可愛くて美味しいもの」を持ち寄る会。人気のお店やインスタ映えするようなお店でスイーツやその他気の利いたものを事前にリサーチして、ここぞとばかりに女子会開催日に持ち寄り、皆でキャーキャー言って会を楽しみます。最初の数回は、なんとなく参加してなんとなく楽しかったのですが、ここ最近はノルマ化する女子会に嫌気がさしてきました。ごく純粋に美味しいものを食べられれば良いのですが、リサーチやら準備やらで苦痛になってきました。さすが女子力高い女の子は、みっちりと調べて可愛らしいスイーツやら話題のものをプレゼンテーションしていますが、私自身男っぽいところがあるので面倒くさくなってしまいます。今さらこの会を脱退するのも気まずいし、大いに悩み中です。いつまで続くの、この会は。
信頼できる友達との女子会
もみじ
現在35歳。高校の同級生2人と蕎麦屋で女子会をしました。2人は今年結婚したばかりの新婚さん。さらに一人は妊娠中です。まずは2人の新婚生活について聞きましたが、新婚にも関わらず意外と旦那さんへの愚痴が多かったです。部屋をすぐに散らかしたり、一度伝えた大事な話を忘れていたり些細な事のように思えますが、腹が立つそうです。それでも結婚式をしたり、旅行に行ったりと楽しい事も多いようでした。あとは親が高齢になってきてこれからどうサポートするかという事を初めて話しました。実は私の両親は還暦を過ぎているのに、現在離婚するしないで揉めています。私はこの事ですごく悩んでおり、ストレスを溜め込んでいました。なかなか他人に相談できずにいたのですが、信頼している二人には自然と話ができました。二人は親身に話を聞いてくれ、私の気持ちに寄り添ってくれました。私は話を聞いてもらえた事で、かなり心が軽くなりました。信頼できる友達との女子会は楽しいしストレス発散になるしいい事しかありません。
やっぱり同世代あるあるが楽しい女子会
おゆき
仕事を始めてから職場に同世代の人が少ないので、知らず知らずのうちに気を使って丁寧に話したり仕事場内のソーシャルディスタンスが出来上がっていて、人付き合いは上手にこなせるようになったけれど、職場あるあるで飲み会などの時に何となく物足りなさを感じることがありました。でも、同世代の女子だけで集まる機会を作ってみんなで楽しく盛り上がっていると普段言ったこともない、ちょっとした職場の不満や、職場で言ってしまって漏れ聞こえたら困るような気になる人のこととか女子会だと出てくるでてくる、もう止まらなくなってしまって、楽しくて普段思っても言えないと声に出していったこともない内に秘めたことが、自分の再発見にもつながって面白くて、本音以上のことが出てきて、嬉しくなりました。女子同士だと締めにスイーツを食べるのも次の日にアルコールが残らないので、とっても余韻を感じることが出来て、また行きたいなと何度もラインしました。何歳になってもずっと続けられそうなメンバーです。
たこ焼き女子会で大富豪
さちこ
職場の先輩の自宅で、たこ焼きパーティーが開催されました。私の職場は、90%が女子なので、だいたいの集まりは女子会になるのですが、この時は23〜31歳の幅広い年齢の女子が集まり、わいわいしながらたこ焼きパーティーを楽しみました。7〜8人と比較的大人数だったので、みんなでおしゃべりするというよりは、3つ4つのグループに分かれてそれぞれが好きなことを喋りやすい人と喋っていた感じでした。せっかく集まったので、みんなで楽しめることをと、家の主の先輩がトランプをやろうと提案してくれました。そこで、大人数だからこそ楽しめる大富豪をすることになりました。年齢層がバラバラなメンバーだったので、大富豪のルール自体は全員知っていましたが。「縛り」「10捨て」といったマイナーなルールが出たりでなかったりで大盛り上がりでした。最終的には、たこ焼きの余った食材をかけて勝負をし始め、私は卵をゲットして帰りました。女子会らしくない会でしたが、お酒も飲んでないのにわいわいできて楽しい会でした。
おしゃれなお店で久々の女子会
みんみん
気の合うママ友3人で、近所に新しくできたちょっとお洒落なお店で久々にゆっくりといろんな話をしました。普通の居酒屋と違って、田舎にしてはおしゃれなメニューが並んでいて、優柔不断な3人はより一層メニューを決めることが出来ずに困りました。上の子も下の子も同じ学年同士で幼稚園からの付き合いなので、子供の話が主でした。新型コロナウイルスが流行りかけて、店にはマスクもない、トイレットペーパーも買い占められた時期でした。しかも学校が一斉休校になる直前のタイミングだったこともあり、「これから毎日子供のお昼ご飯が大変だね」とか「1日中子供がいると騒がしいよね」という愚痴大会が始まり、最終的には旦那さんの愚痴(悪口)に移行していくといういつものパターンで日頃のストレス発散をしました。学校行事で会う事はあるものの、他の人がいたり子供の前ではできないような話が心置きなくでき、おいしい料理とお酒で大盛り上がりで、今回も閉店間際まで居座るという事になりましたが、またコロナが落ち着いたら開催したいと思います。
誰の何をお祝いするのかわからなくなる女子会
ピッピ
女性ばかりの部署に所属していた時の話。私が、結婚した数か月後に部署のみんなで、私の結婚祝いという名目で飲み会をしようと提案してもらいました。直近で結婚した人は居なかったので、入籍しただけてそんなにお祝いしてくれるのかと、なんだか申し訳ない気持ちでしたが、うれしい気持ちもあり、楽しみにしていました。おしゃれなイタリアンのお店での女子会。完全にアラカルトで注文する形式でしたが、女子ならではなのか、それぞれに「お魚が苦手なんです」「お肉が苦手なんです」「野菜しか食べない主義なので」と好き勝手に言っていて、食べるものを取り分けるにも一苦労でした。「○○さんのお祝いだから、食べたいものをどんどん言ってね」というのに、私が食べたいものをいうとこんな調子で、否定されるのです。結局、「あ、皆さんがお好きなもの、頼んでください」といい、とりわけまで行い、自分はお祝いされる立場だったことなんてすっかり忘れました。女子会の最後には、お祝いのデザートプレートもいただき、自分がお祝いしてもらっていることを再認識し、うれしくなりました。
年代の地が若者との女子会にいってみた。
たぬき
今私はデイケアに通いながらB型作業所に行っているのですがそこに通ってる10代の女の子と20代の女の子と3人で17時から駅近くの居酒屋でノンアルコールとソフトドリンクで女子会をしましたが私自身は39なので、今時の若い子の恋愛話を聞いたり恋愛相談や将来の悩みなどを年齢関係なく話していました。10代の子のアニメプリキュア話には全くついて行けず歳を感じながらも、若いのに将来自分がもう一度自分で稼いだお金で高校に行ってちゃんと卒業したいというその子には凄いなと思いました。私も高校にはいってなく、高卒認定を取っただけなので卒業資格が欲しいという彼女には叶えてほしいなと思いました。若い子とごはんに行くと自分も若返った気持ちになり10代20代の子に将来の老後の相談をしたり、2人共年上の彼氏の話は私はどちらかというと彼氏さんの年齢に近いので、年取るとね??を連呼していたように思います。年齢の差を会話の中で感じながらも、どの年代でもお付き合いしてる方への不満とかは変わらないもので、面白いもんだなあと思いながらも恋愛に若いと積極的になれるもんなのかしら?と恋愛に興味がなくなっている自分、どちらかというと老後のことを考えている自分が婆だな。若いっていいな。思いましたし、自分がその子たちの年齢の時ってそこまでしっかりしていなくて、若いのにすごいなぁと思いつつ、まだまだ若い子について行けるから大丈夫かしら?なんて思ったりもしまして楽しい時間を過ごせました。
元同級生とのホームパーティー女子会は最高
マリエ
3年ぶりにとても仲の良い高校時代の同級生メンバーとホームパーティー女子会を開きました。それぞれ家族がいるので家で女子会をするには平日の午前中からお昼すぎまでの子供が保育園や学校に行っている間の時間でないといけなかったり、お酒を飲むことは出来なかったりといろいろと制限はありましたが、普段は買えない高めのスイーツを持っていき、ランチはご近所のファミレスのテイクアウトを注文して、自宅だから声の大きさや話の内容を気にする事なくリラックスして喋る事が出来ました。卒業アルバムを見ながらの学生時代の話では、SNSで同級生が何をしているかみんなが情報を持っているので、同じクラスだった男子が社長になっててすごいとか、学生時代にそうでもなかった女子が美人さんに変身してるとかいった噂話で盛り上がりました。それぞれの家庭の話では、離婚した元旦那の最低な話、愚痴や悩みなど、それぞれ自慢話よりも自虐ネタの方が多く、鉄板ネタの昔告白してフラれた恋愛の失敗談や、ブラックな会社を辞めた話など、何度聞いたり話したりしてもなぜかいつも笑って楽しめる話が尽きませんでした。最高に楽しめるホームパーティー女子会でした。
レストランのテイクアウト料理で女子会
はなこ
年代はバラバラだけど趣味のフラワーアレンジメントで仲良くなった女性4人でしょっちゅう女子会をしていました。しかし今年度はコロナウイルスの不安があって、なかなか女子会をやろうと言い出せない雰囲気でした。学校や職場がウイルス対策をしながらだんだん元通りになってきた夏の終わりに、誰からともなく女子会を再開しようと声があがりました。そこでまずはお店ではなく、一人暮らしをしているメンバーの自宅で行うことになりました。近隣のレストランがこぞってお手頃なテイクアウト料理を始めていたので、それらをランチタイムに購入して楽しもうというものです。美味しいと評判の喫茶店の料理と、デザートが有名なカフェのパンケーキをテイクアウトしました。料理を頼んだ喫茶店はとても静かなお店で、おしゃべりな私たちが女子会をするには向かないためこれまでは諦めていたお店です。テーブルに美味しそうな料理とデザートを並べたら私たちのテンションはいっきに上がりました。あっという間にごちそうをたいらげつつ、次回テイクアウトしたいレストランのメニューをかたっぱしからネットでチェックしはじめました。和・洋・中・エスニック、デザートもあれがいいこれがいいと大盛り上がりです。年代も家族構成もバラバラなメンバーが集う女子会でも、美味しいものの話題があればオールオッケーと感じました。
いつだって女子会は恋の話で盛り上がる
るりんこ
一番最近の女子会は先月でした。昔の同僚でちょくちょく集まるんです。みんなデザイン関係の仕事をしていて、アーティスト仲間って感じで、気が合うし映画や音楽、サブカルチャーの話題で止まらなくなります。友達が長く続く関係というのは、やはり趣味が近いってことだと思うんです。芸能界の話も多いですかね。でも、一番盛り上がるのはいつだって恋バナをする時なんですよね。いつも集まる4人の仲間のひとりが、なんと電撃結婚をすることになったんです!これは大いに盛り上がりました。その子は本当に良い子で、仲間のみんなからも好かれていて信頼のある子でした。だからこそ、みんなで喜んだしハッピーな気持ちになりました。もちろん、もうこんな風に気軽に会えなくなるのかなって、寂しくもなりました。女子会はみんなの幸せ報告や仕事の愚痴報告、近況の報告など、『友達のニュース』を一気に聴ける場所。この場所がないと、私たち女子は息詰まるんですよね。この輪の中に入らせてもらって、言いたい事を言い合って、明日また頑張ろう!!って元気をもらえるんです。女子たちにとって、なくてはならない大切なイベントです。
会いたいけど会えないならオンライン女子会
sekira
コロナ渦、なかなか会いたい人に会えない!そこで、急遽計画したオンライン女子会の話です。東京、千葉、神奈川、埼玉と首都圏在住の女4人、趣味を通して知り合ってからもう15年。仕事終わりに飲みに行ったり、毎年恒例の旅行など、気の合う仲間という関係です。そんな中、新型コロナの影響で外出自粛など気軽に会える状況ではなくなり、始めてビデオ通話機能を使って集まることにしました。「夜開始ね!」という雑な段取りで、私も息子を寝かしつけた後に参加。すっぴんパジャマもいるし、ぬいぐるみ抱えて話してたりと本当に自由。自宅ということで、自作のおつまみを自慢し合ったり、「お酒作ってくる〜」と途中退席も可。コロナの影響で仕事が激減した話や、テレワークでほとんど家から出ていないという話、一番驚いたのは、独身二人が彼氏と同棲を始めていたこと。一人はもう結婚前提のお付き合いをしていたので、既婚者二人からのアドバイス合戦。そしてもう一人は、「そんなダメ男は捨ててしまえ」と総攻撃。顔を見て話すのも久しぶりで話は尽きず、お酒も飲みながらの女子会は深夜2時まで続きました。気の合う女4人はオンライン女子会でも盛り上がります。今後、実際に会えるのはいつになるかわからないので、それまでは定期開催になりそうです。
ママ友とZOOM女子会でストレス発散
えめ
女子会は若い女子が集まって美味しい物を食べて美味しいお酒を飲み、喋り倒すというイメージがあります。私も独身の時はそんな女子会に参加していました。しかし子どもを産んでからしばらくは女子会はおろか、子どもをおいて外出するのさえも難しい状況でした。そんなある日、同じ2歳の子育てママからお誘いを受けてZOOM女子会に参加しました。メンバーは4人。みんな幼児期の子どもを育てるママでした。女子と言って良いか微妙な年齢でしたが気にしません。時間はお昼ごはんの後。子どもがお昼寝をしている間です。ZOOMはアプリを入れてしまえば簡単に接続でき、通話料はかかりません。画質も電波も良いので、途中でフリーズしたり、音が聞こえなくなる様なことはありませんでした。快適に約2時間。ずっと喋りました。話題は、子育て話、旦那の愚痴話、義父母の話、将来の話でした。やっぱり子育て話には花が咲きました。子どもあるあるで困っていることを相談したり、クスッと笑える話があったり、同じ子育て世代だからこそ共感出来る内容でした。だからこそ楽しい時間であり、充実した時間でした。また定期的にやりたいと思っています。
年代のギャップを感じなかった女子会
早苗
かつての会社の後輩たちが、女子会に誘ってくれたんです。最初は、年代も違うし話が合うわけないと断っていたんです。現在、40代後半となり、20代や30代の女性とは話が盛り上がらないだろうと思ったんです。それに、私が参加することで後輩たちに気を遣わせることも申し訳ないという気持ちもありました。でも、何度も断るのはさすがに申し訳なかったのと、私よりも年配の先輩が参加するということで、思いきって参加してみたんです。そして、参加してみたらかなり楽しくて、気がつくとすっかり溶け込んでいました。やはり女性というのは、年代が違っても、悩んだり考えたりしていることは同じなんだなってつくづく思いました。20代の女性でも、シワやシミに対して悩んでいたり、40代や50代でも恋愛に悩んでいたりして、とても気持ちがリラックスしてきたんです。そして、韓国ドラマのことが話題になると、全員がとたんに恋する乙女になっていて、どのシーンが良かったとか、誰のファンだとかで盛り上がりました。食事もそれぞれが持ち寄ってきて、若い世代が持ってきたスイーツに興味津々だったり、中年世代が作る料理に、若い世代がレシピを教わったりと、わいわいと楽しくて過ごせました。最初に抱いていた年齢差に対する懸念は全くありませんでした。やはり女性は、何歳になっても女性なのだと思いました。
普段は行けない女子会ならではのお食事
mami0108
私の毎日の仕事、家事でのイライラを発散できるのが女子会。周りもみんな家庭を持っている子がほとんどなので、そんなに頻繁には開けませんが、たまに集まれる女子会はやっぱり楽しいです。年齢を重ねるにつれて女子会の内容も変わってきます。まだ独身の頃は、もっぱら彼氏の話。相談に乗ったり、愚痴をこぼしているように聞こえて、実はしっかりみんな、友達の彼氏に点数を付けていて心の中でマウンティングしちゃってたりします。私の彼の方がまだいいかも!と誰しも思ってたりするんです。結婚してみんな落ち着き始める頃には、今度は旦那様の職業やお給料、住んでいるのは一軒家かマンションか、など生活水準をしっかりチェックしたりします。そしてさらに月日が流れていまの私の参加する女子会の内容はほとんどが子供の話。先日参加した女子会もそうでした。お受験はどうする?習い事は何?スポーツはしているの?などです。うちなんかダメよと言いながらしっかり自慢が入っちゃったりしてるんです。それが女子ですよね。いくつになっても比べたがる、そして一つでもいいからみんなより優越感が持てるものが欲しい。正直、終わった後は疲れますが、でも私にはとてもいい刺激になります。私も頑張らなきゃ!みんなもっと頑張ってる!と自分を奮起させることができます。田舎在住で完全に乗り遅れている感がある私ですが、それでもやはり明日からの生きる力がみなぎってきます。私にとっては女子会とはそういう自分を向上させる意欲を持たせてくれる場所です。
数年ぶりに会うメンバーと女子会
フミーチカ
先日、高校卒業以来、実に9年ぶりに会うメンバーで女子会をしました。どちらかというと、いつも集まっているメンバーに私が初めて入った形です。高校でも私は違うグループに入っていたのですが、彼女たちとも不思議と気が合ったので、どの子も頻繁に遊ぶような仲ではなかったものの、好ましい印象を抱いていました。だから緊張しないかと思いきや、女子会の直前はとても緊張しました。「みんな、すっかり変わって大人っぽくなってたらどうしよう…?」と不安な気持ちもありました。自分自身が大人になりきれていないと感じているからなおさらです。しかし、いざ女子会に参加してみると、みんなはみんなの印象が変わらないまま、自然に大人になった感じがあり、すぐにその場の空気になじむことができました。でもやっぱり、参加メンバーの結婚に関する話なんかにはビックリさせられたし、全然そんな予定がない私には焦りも感じられましたが…高校時代を思い出せる良い女子会でした。
【最高!】特撮オタクだけが集まる女子会
matsuko
特撮が大好きな女子だけで、女子会をしたことがあります。場所は、難波のカラオケパセラ。カラオケとは思えないほどお部屋がきれいで、食事も豪華でびっくりしました。同じ趣味を持つ仲間なので、たまーに世間話も挟むけれども、たいてい特撮のお話が多いです(笑)。おそらく他の人が聞いても、ちんぷんかんぷん(笑)。5人くらいの集まりだったのですが、「〇〇ちゃんが●●さん(特撮OB)のお店に行った」「そこでサインをしてもらった」「東京ってイベントが多くていいよね」「今放送してる仮面ライダーで推しキャラ出来た?」と、特撮に関するお話は尽きることを知りません。皆さん熱いファンなので、イベントや舞台等に足を運ぶ人も多く、そのお話を聞いている時間は楽しすぎてあっという間に過ぎていきます。好きなものを語っている友達も楽しそうで、同じ趣味を持っているだけでここまで仲良くなれるんだなあと、つくづく実感させられますね。カラオケなので、歌うのは特撮ソングが多いです。最近のカラオケは、特撮ソングを入れると実際に番組の映像が流れるので、それを観てまた盛り上がるオタク(笑)。最近はコロナの影響でなかなか実現できませんが、またみんなで集まって熱く語りたいですね。
女子会は「発信するとき」が本番?
沙耶香
Twitterで繋がったコスメ好きのフォロワー数人と女子会を開くことになりました。皆さん初めましてで、互いにこんなに可愛いとは思わなかった〜!お洒落だね〜!なんて褒め合いながら予約したカフェに入店。最初は和気藹々とするものの綺麗なグラスが来たら写真パシャリ、ご飯が出揃ったらパシャリ、不意にカメラに入って入って〜!と声を掛けられ近くの数人とパシャリ。とにかく写真の数が多い。誰かが「〇〇の秋の新作リップ本当によかったよ〜!」と話せば誰かがそれをTwitterで調べて画像を共有して盛り上がり、その流れで該当記事をリツイート。今の女子会の話題がリアルタイムでTwitterに反映される奇妙な感じに。女子会自体雰囲気はよかったのですが特別大きく盛り上がることもなく、当たり障りなく終わったあと、いつも通りTwitterを開いてみると今日の女子会の様子が分かる写真がタイムラインにずらーっと並んでいて、「今日の女子会最高だった♡」「皆さんめちゃくちゃ美人さんで緊張したけど楽しかった〜!」などの投稿が満載。確かに楽しかったけど、私が感じた手応え以上にキラキラ楽しい最高の女子会でした♡感があちらこちらで投稿されていて、少なくともこの女子会については「めちゃくちゃ楽しい日常を過ごしてる私」を発信するための機能も果たしたんだなぁとなんだか感慨深くなりました。もちろん、私も「最高に楽しかったです♡」ってツイートしましたよ!笑
マウンティング女子主催の女子会にはもう行かない
ayu
以前、そこまで面識のない会社の先輩に女子会に誘われました。その先輩は社内でも派手で綺羅びやかで有名な先輩でした。その時新卒だった私は知り合いの輪を広げていきたいと思い参加をしました。高級なホテルでのアフタヌーンティー、まずはInstagram用に写真を何枚も撮らされました。なんとなく嫌な予感はしていたのですが、そこからはずっと先輩の独壇場でした。付き合っている年収1000万以上の彼氏ののろけ話や、会社の中の気に入らない可愛い女の子の悪口、通っている高級エステの自慢話、、、。東京に出てきて初めて実際にこういうマウンティング女性がいるのかと感じた瞬間でした。それ以降は誘われても断るようになり、何度か断っているうちに諦めがついたのか誘いの連絡も来なくなり一安心です。女子会は一人の女子がマウンティングをする場ではなく、他愛もない恋愛の話や仕事での悩み相談をする場所だと思うのでこれからは一緒に行く人をよく考えてから女子会にいきたいなと思います。
年齢とともに変わっていく女子会
柴犬
女子会と言えば、お洒落なワインバーや新しいお店チェック、などを楽しんでいました。会社などの普通の飲み会と違い、飲み放題のお酒の種類の多さや内容にこだわったり、そのときブームのチーズタッカルビやアヒージョなどを楽しんだり。当然話題は、彼氏、つまり恋バナが中心だったのですが、年を取るとだんだん女子会そのものの雰囲気が変わってきたように思います。今では結婚していない、または結婚していても子供がいない働く女子、3人だけの会です。年々、結婚して旦那がうるさくて、とか子供が小さくて、と集まるメンバーが減っていきました。そうなると話題もウキウキする恋バナよりも、結婚して変わってしまった友達や、結婚や出産を迫る親への、どす黒い悪口大会に変わってきたのです。料理のチョイスも、お洒落やブームよりは味重視になってきたせいか、大概同じ店。今年はコロナの影響であり得ませんが、寒い時期は3人、掘りごたつで一つの鍋を囲んでひたすら悪口でした。女子と言う年齢ではなくなったので、年を取ると女子会が変わるのではなく、当人の私たちだけが女子会と言っているだけで、すでにその飲み会は女子会ではないのかもしれません。とはいっても私たちには必須の会なので、女子会かどうかはともかく、また同じ鍋をつついて悪口を言える世に、早く戻ってほしいです。
気の合う仲間とする爆笑女子会
KiKi
定期的に気の合う職場の友人と女子会をしていました。今はコロナの影響もあり、定期的に...とは行きませんが、状況を見ながらたまの気分転換に女子会を少人数で開催し、ランチに行ったり、飲みに行ったりしています。やっぱり、気の合う仲間との女子会は最高に楽しいです。仕事の話やら、プライベートの話やら、恋愛の話、男性のタイプの話で盛り上がります。「女子会」と言っても街によって、人によってと色々と種類はあると思いますが、私が参加している女子会は居酒屋の個室での女子会です。やっぱり仕事の話や込み入った話をする時は個室が最高です。気兼ねなく、おしゃべりが出来ます。色々な話しをする事によって友人との距離を縮めてくれる他に、自分が考えている事が他の人と比べてどうなのか?と言う事にも気づかせてくれます。中の良い友人と行くと助言をしてくれる事もあるので、自分の視野が広がります。笑いながら楽しいお酒を飲みながら、色々な事に気付けるなんて本当に有難いです。美味しいご飯と、美味しいお酒と、気を遣う事なくおしゃべりができる女子会は本当に元気をくれる時間だと思っています。女子会の後も、話し足りずドライヴに行く事もあります。学生の頃に戻った様に、おしゃべりをして、笑って最高に元気を補給する大切な時間です。女子会は気を遣わずに気の合う仲間とするのが、最高に楽しいです。
高校の時の同級生との楽しい女子会
ゆか
高校のときに仲が良かった女友達3人で、ランチ女子会をすることになりました。周りは結婚しているのですが、いわゆる私たちは売れ残りというような状態。それでも楽しく生きてるよねという感じだったのです。女子会では近況報告をして、一人はなんと三年間同棲していた彼が結婚願望がないということで別れて、実家に戻ったものの、兄夫婦が同居しているため、家に居づらいとぼやいていました。その兄の子どもは来年高校生ということで、女子会の話題は高校時代に。当時、嘘ついてカラオケでオールしたよね、当時人気だった歌を職場のカラオケで歌ったら、若い社員から知らないって言われたなど、時代が流れているんだねと、高校時代の話と今のギャップに花を咲かせました。女子会に参加していた一人は、高校でもモテるタイプだったので、「絶対一番に結婚すると思ってたのに」と話、これまで結婚のチャンスがない、本命には見られないのかも。なんてさみしい話をしつつ、もう一人は「私は夫いらないから子どもだけほしい」などと盛り上がっていました。この三人のなかでだれが一番先に結婚するのかなと話ながらもみんな諦めモードなのがわかりながらも、また女子会で思い出話をしようと別れました。結婚してない私たちはまだ、青春モードが抜けきれていないのかなと思ってしまいました。
やっぱり女子会と言えば職場の愚痴大会
つぐみ
私はよく同じ職場の同期と、休みの日に飲み会に行っていました。ほとんどの職員が女性という職場なので、定期的に開かれる女子会は大いに盛り上がります。恋バナももちろん楽しいのですが、やはり一番盛り上がるのは職場の上司や先輩、お局様の愚痴大会です。私の仕事は、先輩や後輩とペアを組んで仕事をするのですが、嫌な先輩や上司とペアを組んだ時なんで、もう愚痴のオンパレードです。仕事が出来ないくせに出来る風を装う上司、特定の子は気に入っているけどそれ以外の子には理不尽に冷たい先輩、全く仕事を覚える気のない後輩、その状況を逐一報告しているにも関わらず「気持ちはわかるけど、今は人がいないから。何とかこのまま頑張っていこう。他の部署もココと一緒で人手不足だから」と定型文のように言う主任。一向に業務量が減らず定時に帰れないのはもちろん、サービス残業なんて当たり前な会社。もう語れば語るだけ出てきます。そんな時にお酒を飲みながら同期とわいわい盛り上がるのは、日頃にストレス発散にもなるし本当に楽しいですね。
アラフォー世代の女子会も盛り上がる!
ruru
アラフォー同年代が数人集まって久々の女子会です。主婦がほとんどというところから女子会というよりも井戸端会議?なんて冗談をいいながら始まりました。話の話題は本当に色々。基本的には家庭の事(子供のこと、ダンナの事、実の両親のこと、義理の両親のことなど)から仕事のことが中心。他にも共通の友人のことなど、話が始まれば止まりません。女子会とはいうものの学生のころのように何時間もずーっとというわけにはいかず、全員揃っているのは1時間ほど、子供のお迎えがある、塾につれていかなきゃ、お義母さんが帰ってくる、仕事の時間、などで途中で抜けたり途中から参加したり。全員が前からの友達というわけではなく、顔を知っている程度の相手でもなんだかんだで話が盛り上がるのはやっぱり同年代なのと価値観が似ている共通の友人がいるからかなと思いました。一番盛り上がったのがお出かけの時にどんな服装をするか、させるか、という話。自分や子供たちはともかくとして、まぁ最悪ダンナもどうにかできるとして、困るのが両親だよね、という話。実の親の方がはっきり言えるけど義理の両親にははっきり言えなくていつも困るという人もいれば、義理のお母さんはすぐ話聞いてくれてお義父さんの服装もうまく決めてくれるけど、自分の親の方が娘だからか言うことは聞かずにわがまま放題で困る、なんて話で盛り上がりました。いろんな話をして盛り上がって、楽しいですよね。
ワイン好きな友達たちと女子会!最高でした!
まこまこ
最近ワインが好きな女子で集まった女子会に呼ばれていきました。私は正直ワインは好きではなかったので、期待していなかったのですが、結果最高でした。本当に行ってよかったです。ワイン飲める友達がワイン好きではない私にあまり癖のないワインを進めてくれて、このワインにはこの料理が合うよ〜って女子の気軽なのりでいろいろ教えてくれて本当に楽しかったです。結果、お店を出るころには、ワイン好きになっていました。自分んでも驚いています。一人一万ぐらいいってしまいましたが、それ以上の時間が過ごせたなっておもいます。最後にネットで買えるところなども教えてくれて、最高でしたね。女子4人でだらだたと恋話しながら、ワインと美味しい料理に酔いしれて最高でした。もう、30前後なのですが、みんな独身なので、話も合うしまたワイン会開こうってなりました。めっちゃ楽しみです。やっぱり気兼ねなる話せる友達との女子会は最高です。ワインも好きになれて本当によかったです。
味わうヒマなし女子会。
いつまでも女子
古い友人三人で半年に一度くらいの割合で定期的に女子会を開きます。ランチだったり飲み会だったりその時の状況に応じて決めます。お店選びは、情報通の子に任せる事が多かったのですがひとりだけ負担だしネタもつき、最近は持ち回りで提案する事が多くなりました。ランチなら隠れ家カフェや話題の新しいお店、飲み会なら料理のメニューが豊富だったり良い口コミが多いお店。大抵はネットでピックアップして決めます。決め手はいつも、オシャレで映えそうな感じ。いかにも女子会向きというお店を選びます。そして各々オシャレして集まって、最初ははしゃいで店内の雑貨やお料理を写真に撮ったりしますが、肝心の料理を味わった記憶が一度もありません。喋るのに夢中なのです。一度、若い子にも有名でちょっとリッチなスイーツが食べられるカフェに行ったのですが、20代の娘に「あの店なかなか行けないんだよ、混んでるし高いし。美味しかった?」と言われ「どうだっけ?」と答えて呆れられてしまいました。
永遠に同じ話の気付けばアラフォー女子会
はな
月に一度女子会をします。場所は決まって1人暮らしの料理上手な子のお家です。飲みものピザ、ケーキ、お惣菜なとお土産を持ち込み夕方6時ぐらいから女子会開始です。メインメニューは決まってお鍋。お鍋を囲んで先ずは独身者達の近況報告から始まります。女子会あるあるの話しの脱線脱線でお鍋の具や味の話やら今日のスーパーでの出来事。職場の嫌いな上司。などなど一向に話は進まず、いつの間にか自分話しが大好きな既婚者の話題が独占状態になるのがいつものお決まりパターンです。気付けば開始から早くも夜中の2時になり、1人、2人と帰宅者も出始めます。メンバーも少なくなり次のテーマは先に帰宅して居なくなった友達の話題に。『コレ内緒の話だから言わないでね!』このパターンも女子会あるあるです。結局は課題や議題もなく、悩みは答えも出ていなく、全て中途半端で飛び飛びな内容の薄いアラフォー女子会。20代からやってます。内容じゃないんですよね。集まって言いたい事を永遠に話す。コレが女子会の醍醐味。
高校同級生、20年ぶりの女子会
さっちゃん
個人的にはそれぞれ会っていたのですが、6人皆で集まるのは、20年ぶりくらいです。ご主人の転勤などでバラバラになっていましたが、ようやく皆、高校時代の地元に戻ってきています。空白の20年近く、会う前はドキドキですが、会ってみたら高校生に戻っています。女子高でしたので、女子高のノリです。結婚の時期も、子供の年齢も、ちょっとづつ違うので、子供を通じてのママ友とは違います。子供の話も出ましたが、そこまで長引くことなく、子供たちの近況報告程度です。俗にいうアラフィフです。やはり、健康面の話題が多かったです。多分、少し前でしたら、老眼が話題だったかもしれないです。更年期真っ盛りの6人です。身体の不調は多かれ少なかれ、6人ともあります。そういう歳と言えばそれまでですが、皆で症状交換です。30代前半頃までは、会えていましたので、ぽっかり空いた空白の20年です。何から話せばいいのだろうと、会う前は考えていましたが、結局はあったら高校時代のノリになっていたのです。話題は更年期だったです。
女子会は楽しいけれど独身に限る。
ままどおり
タイレストランで女子会をしました。タイレストランとはいえ、おしゃれな内装の少し高めのお店です。カクテルがおしゃれでおいしくて、一杯900円くらいでした。あまりお金を使いたくなかったのですが、タイフードのコースを皆が頼むので、じぶんもそうしなくてはいけず、少しお金がかかりました。なぜみんながおしゃれなタイレストランでおしゃれしていくかと言うと、インスタやフェイスブックを上げるためです。そのためにみんなおしゃれをして、いいコースを頼むのです。私は、インスタグラムなどは嫌いなので、正直食べ物をほっといて写真ばかり取る女子会は苦手です。恋話ばかりで、楽しいけれども結婚した自分にとって独身の恋話は羨ましくもあり、でもたかが恋愛でとおもぅてしまい、会話も合わなくなっていました。独身の頃は楽しかったのになと寂しくなりました。そして、レストランで散々写真を撮りながら、恋バナをしたあとは、バーに行き、朝まで言い男との出会いを期待している友達たちの間で、私はあまり遅くなると旦那が心配するので、一時間だけ飲んで帰ってきました。結婚後、独身の女友達との女子会は以前ほど楽しめなくなっていました。
女子会宿泊プランは楽しい
チカ
女子会宿泊プランを利用すると、安くホテルに泊まることができます。安いということはうれしいですが、それだけでなく気の合う友達と遅くまでおしゃべりできるところが楽しいです。普段もたくさん会話をしているのですが、なかなか話せないこともあります。たとえば恋愛のことです。今恋人とどういう関係なのか、彼と喧嘩しちゃった、彼といちゃいちゃ仲良くしている、彼氏がみつからないなど、お泊りのときならじっくり話せます。いつもと違う雰囲気なので、話しにくいことも話せてしまうのかもしれません。たくさん話を聞いてもらえると、もやもやしていた気持ちがすっきりします。女子だからこそ話せるし、女子だからこそ自分の気持ちを分かってくれます。それから、ホテルに泊まると朝食がうれしいです。スクランブルエッグ、焼き立てのパン、サラダなど、優雅な食事を楽しむことができます。みんなでワイワイいいながらビュッフェで食事を摂っています。いつも一人で食べているので、気の合う友達と食べれると朝食がおいしく感じます。
祝・回転ずしデビュー!女子会
のり子
私の母は自宅でお稽古教室を開いており、近所の人を中心に年配女性が集まってサロン化しています。ある時なぜか母が「うちの娘(=私)は一人で回転ずしに行く」と言及してしまい、60代の生徒さんとその妹さんから連絡を受けました。「実は私たち…〇ら寿司に行ってみたいの!のりちゃん連れて行ってくれないかしら!?」こうして40代主婦の私と60代のお姉様ふたりで、「はじめて回転すしにデビュー女子会」を開催することになりました。昨年末、一人で実家に帰省した際の話です。母の生徒とは言え私も長年知っている友人のような二人で、いつもは明るく豪放な感じなのですが、その日は「こ、こんな格好でよかったのかしら」とすごく緊張していました。二人とも定年後の旦那さんと二人暮らしで、子どもも独立しているため、時期的に〇ら寿司に行ける層じゃない、でも近くにあるんだからものすごくいきたくてウズウズしていた、しかし二人で行っていいものかわからないし、何だか注文方法が難しいらしいし…と、店内で待っている間に打ち明けてくれます。ところがいったんテーブル席に入ると、顔が輝き始めます。お寿司の取り方、備えつけタブレットでの注文方法を柔らかく教えると、こどものように興味を爆発させます。「スゴイわ、注文してたお汁がマッハで来たわ!?こぼれてないし!」「キャー何か丸いの出て来たわ(←びっくらポン)」「これ本当に100円なの?!」「ええっ、お寿司屋なのにケーキがあるの!」等など…。お二人とも上品なお姉様がたなのですが、ひそひそ騒いで初体験の〇ら寿司を心底満喫している姿がなんだか童女のようで、ものすごくほほえましかったです。最後は二人とも大満足で「また来たい!」と言ってくれましたし、ちょっと変わっているかもしれませんが、こんな女子会もいいなー!と思った次第でした。
高校時代の友人と久しぶりの女子会
マロン
私は高校時代の友人たちと久しぶりにランチに行く約束をしました。私を含めて3人で久しぶりに再会しました。現在は、みんな結婚して主婦だったので平日のランチ。前回あったのはいつだっけ?まずそんな話題からでした。みんな、言っていることがバラバラで、私たちはそれほど長い間会っていませんでした。大学を卒業してから1度はあっているかな?そんな印象でしたが…。とにかく私が27歳で結婚するころには、しばらく会っていなくて結婚の報告だけするのって気まずいなと思って報告していませんでした。みんな、今まで何してたの〜?という話をしていましたが一通り話し終わって一人の子は、あと何話す?と気まずそうに一瞬しましたが、何かの流れで高校時代の思い出話になり一気に長い時間話していました。やっぱり高校の時の友達との思い出は、会ってみるとたくさん蘇ってきてすごく楽しい時間を過ごせました。またしばらくは会わないかもしれないけど次に会えるのを楽しみにしています。
娘の高校時代のお母さん女子会
ちーちゃん
娘が高校時代、親が参加する学校行事が多かった事でクラスみんなの親御さんが仲良くなり、今の時代LINEというツールでつながることができているので娘らが高校を卒業して数年経ちますがまだ年に一度は女子会を開催しています。私が学級代表を務めていたので、場所を選ぶことも・招集をかけることもしていますが、皆さんその招集の連絡を楽しみに待っていてくれるのでいまだに続いています。内容は娘の事ばかり、かと思いきや自分の周りに起きた楽しい出来事や体調の変化など話題は尽きず娘の成長の話は二の次三の次です。体調を気にする割にはよく飲み・よく食べて本当によく笑うので、翌日は腹筋を使いすぎて軽い筋肉痛になっていて、いつも寿命が延びているような気がします。数十人は必ず集まるので、数時間の飲み会ではみんなの話が尽きず毎回どこか温泉旅行をしながら1日中話したいねと相談しています。今はコロナなので集まることが難しいですが、野外でバーベキューを開催してみようかと思案しています。
女子会は分野別に楽しむのが一番
キリン
男性のいない女子会は、それだけでまず気楽です。もともと男友達がいないので、付き合っていない男に気を回すのが疲れてしまいます。女子なら慣れた友人とするのはもちろん職場やあまり親しくない人ともするのも何でも予定が合えば参加します。インスタ映えを気にする子には行きたいお店を決めてもらったり(もちろん絶対文句は言わない)、たとえ味がイマイチでも雰囲気代と思えばそれでうれしそうな女の子たちを見られるなら満足です。マウント取ったり取られたり、うわべの褒めあいをしたりされたりもたかだか2〜3時間のものと思えばいい訓練だし、慣れた友人たちとは頻繁ではなくても突然気が向いたら誘いが来て、それぞれの好みの料理とお酒が味わえるお店でひたすら仕事の愚痴やら男の話やら体の話、飽きることなくダラダラと話してストレスを発散しています。どちらか一方だけだと物足りなさを感じるので、いろんな女子とのお付き合いは自分を鍛えるものと考えてどちらも大切だなと思います。
女子会の定番は絶対これ
じゅん
私が一番最近参加した女子会は、職場の同僚との女子会でした。会社の同僚と言っても年代は全て30歳以上で、4人中3人が独身でした。久しぶりにやった女子会ですが、案の定内容は高校や専門学校の頃と全く同じでした。始めに一人が職場の方針や上司の悪口を言い出したと思ったら、次から次へとここぞとばかりにみんな話し始めました。みんなそれくらい普段から不満を抱えているということだと思いますが、これには少し内心呆れました。と言いつつ私も少し会社の方針についての愚痴は言ってしまったのですが、結局最初から最後まで話の内容は人の噂話や愚痴です。これは女子会の定番とも言えると思いますが、正直私はこのような女子会は好きではありません。誘われたときもこのような感じになるのではないかと予想はしてましたが、何しろ同じ職場で毎日顔を合わせるので嫌でも断り切れないのです。おそらく私のように、本当はあまり気が乗らないけど女子会に参加している人は多いのではないでしょうか。
実りのない愚痴女子会
ゆう
同じコミュニティの中に、「私と同じ人(A子)を嫌っているんだろうなあ……」と態度でわかる方がいます。今まであまり話したことはなかったのですが、共通の友人が企画してくれて3人で女子会をすることになりました。私は人の悪口を言わないように心掛けていますが、その方は別で、乾杯が終わった後からさっそくA子の話を振ってきました。私は確かにA子のことは大嫌いで、愚痴を言おうと思えば無限に出てきます。ですが、はっきり言って今までろくに話したことのない、知人レベルの方に愚痴を言う勇気はありません(どこで言いふらされるかわからないので)。でも私が話をそらしてしまうと、せっかくこの場を作ってくれた友人にも申し訳が立たないし……と思い、ひとつふたつ軽いものを、適当に話を合わせながら披露しました。けれどやっぱり疲れてしまって……そもそもどうして友人がこの場を企画したのかもわかりません。もし私たちが悪口を言い合う様子を面白おかしく眺めたいというのなら彼女の性格も最悪だな、と我に返りました。結局コミュニティの中の苦手な人が3人に増えただけ、という実りのない女子会でした。次はもっとポジティブな話題で盛り上がれる人たちと女子会をしたいです。
女子会の楽しみといえばこれ!
きなこ
私の女子会の楽しみといえば、まず、おいしいご飯です。普段私は会社の方と安い居酒屋によく行くのですが、20代後半の女子会ならばそうもいきません。せっかくキレイめのところに行くならばと、友人と少しだけいつもよりきれいな服を着て、ふだんいかないようなお店に行きます。焼肉でも無煙ロースターのお店を選んだり、ワインが置いてあるお店を選んでみんなでワインを飲み比べたりしています。たくさんお酒を飲むわけではないので、普通の飲み会とは違いご飯でおなかをいっぱいにできるのが良いところです。もう一つの楽しみは、2次会です。女子会の2次会は、普通の2次会とは違って、私の場合はカフェでコーヒーを飲みながら、デザートを食べます。お酒にあまり強くない子も多いですし、なによりデザートに力を入れているお店が多いからです。夜のカフェは静かなお客さんも多いので、盛り上がって騒ぐというよりも、ゆっくりのんびりしながら、話し足りなかったことを話しています。月に1、2回開催するこの女子会がやめられません。
女子会といえば男の話で盛り上がる!
さやか
女子会は文字の通り女性しかいないので気を使うこともなく話せるのでとても楽しいです近況報告から始まり必ずと言っていいほど男性の話になります男性といっても今お付き合いしている方だけでなく、元カレ、今彼、過去に関係を持った人、友達の体験談など内容は様々です。そして女性しかいないからか話す内容はどれもひどい物ばかりでした(笑)夜の話だったり喧嘩したときの話だったり、誰と誰がどうなったーとかだったり。生々しいんですねこれが。男性は隠しながら話すといいますが、女性はそうはいきません。細かいところまで聞くし、話すんです。だけどそこが楽しいんです。はたから聞いたら汚いような話でも本人たちはとても楽しんでました。どれだけ喋っても、呑んでも醜態をさらしても仲の良い人しかいないから盛り上がるんです。自分の話もちゃんと聞いてくれるし、相手の話もちゃんと聞くし男性がいるとなかなかこうはいかないかもと思うとより楽しくお酒も進んでしまいました(笑)気を使わないからこそ、女子会は楽しいんでしょうねとても楽しい女子会でした。
年齢差を超えた気の合う仲間の女子会
MKOSO
私たちはかつて同じ会社で働いていました。配属は異なっていましたが、縦横につながりがつながりを呼び、中でも気の合う者が定期的に集まるようになり、皆が退職してからも年に2〜3回は飲食を共にしています。年齢は最高齢から最低齢まで一回り違います。年齢的に熟年期を迎えるに至っているため「女子と言えるか?」と言い合いながらも「女子会」と称して集まっています。そんな年齢の者が集まっているため、昨年の忘年会では、未だ独身者が「将来はグループホームを作って一緒に面倒見合おうね」というなど、健康や介護の情報共有の場になりがちですが、「女子会」ですから、恋ばなあり、トレンドについての情報交換あり。カラオケに至っては「内の坊主が聴いてる」という最新ヒットを熱唱して、「そのリズムにはついていけないわ〜」といいながらも、ネットで調べて覚えようとするなど、いつまでもチャレンジ精神旺盛です。それぞれに家庭を持ったり、離婚をしたり、ずっと独身だったり、介護をしたり、熟年結婚をしたり、自身が病を得たり、配偶者が癌になり克服したり…と、様々な出来事がある中で、年に何度か会って、悩みを明るく打ち明け合い、ためになるのかどうか?という助言をもらい、たまには10歳も年下の後輩に叱咤されて気合を入れるなど、ただお楽しみの会というより、仕事を通じて志を一つにした同志的つながりのある、頼もしい「生涯女子」の集まりです。
ワンランク上の女子になれる女子会トーク
あおい
世の中のトレンドにうとい私。そんな私にとって、女子会は目からウロコの話題満載でした。まずは、収納。みんな収納用品や収納の方法にこだわりがあることを知りました。私は収納というと、使わない物をダンボールに収納して、押入の中に眠らせたままというものばかり。でも、できる女子は違うんです。インターネットを利用して要らないものを売って、売れたお金で好きなものを買っていたんです。収納用品も、100円ショップや300円ショップで買えるものを利用して、しかも、部屋がすっきり可愛く見栄えのする部屋に変身させるという技を使っていました。料理の話しも、盛り上がりました。今みんなのマイブームは、ホットプレートでひとりご飯を楽しむことらしく、ホットプレートひとつあればいろんなアレンジ料理が作れるそうで、みんなのオリジナルレシピを聞くことができました。なんと、ホットプレートでスイーツも簡単にできるとは、またまた目からウロコでした。火を使わなくて安心だし、簡単に料理ができるから、料理をするのが楽しくなったとも話していました。女子会のおかげで、ワンランク上の女子をめざせそうです。
30過ぎてからの女子会は止めておけ
ペイズリー柄のもも
学生時代の友人と女子会をしました。小学校からの友達で、東京に行った友人が帰省したタイミングで皆で集まりました。「昔のまま、オタク喋りできるかな?」と思ったのが間違いでした。みんな結婚・出産していて、、、私は田舎に残って未婚で非正規労働者。恥ずかしすぎていたたまれません。みんな子どもの写真を見せあって、育児の相談をしあったり、義理家族の愚痴を言ったり、、、居場所が違い過ぎる!なんでこの私を呼んだのか聞きたいくらい。私に向かって「いい人いないの?」「親はなんか言わないの?」というセクハラパンチ。「いい人いるから相談したいんだよ。」とか、私がいつ結婚したいって言った??そもそも男に興味ないのに。最後の方はみんな私に気を使ってか、私がトイレに立った隙に子育ての話とかをしてたみたいでスマホをさっと隠してコソコソしててなんか嫌な気分。「もう二度とこのような会には参加しないぞ!」と決めました。30超えたら女性は色々変化があって当たり前なんですね。この何も進展が無い私にとっては地獄でした。
ママになったって女子会
ちびまま
結婚して、子供が生まれてママになりました。学生時代や社会人時代の仲間に加えて、ママ友という仲間が増えました。仲のよいママ友と、飲みに行ったり、ランチをしたり、集まります。ママ会ではありません、私たちはママ女子会として、楽しんでいるのです。アラフォーママだって、気のあう仲間と楽しく飲んだり食事をしながら話をすれば、気持ちはもう女の子ですよね。なので、私たちは「ママ女子会」です。前回は、サーファーたちが集まるおしゃれなレストランへ行きました。地元で行ってみたいお店を前もってみつけておいて、みんなで決めます。みんな仕事をしているので、集まれるのは子供達が学校へ行ってる間か、子供を見てもらえることができる日の夕方から夜です。最近は、授業参観で仕事を休んだ日に、ママ女子会になります。ママ女子会の内容は、やっぱり子供たちの話が多いですが、そのほかにもあの先生は若くてかっこいいだとか、あの俳優さんと付き合いた〜いだとか、ラグビーの〇〇選手の体がいいとか(これは私が言ってます)、きっと若い女の子たちと同じ話題で盛り上がっているに違いないです。あっという間に2時間、3時間とすぎ、「子供たちが帰ってくる時間だね〜」とママ女子会は解散となるのです。いっぱい笑ってほうれい線のシワはくっきりでも、気持ちは20代のキラキラ女子になって、可愛い子供達の待つわが家へ帰ります。仕事や家事でバタバタと過ぎていく毎日、このママ女子会を楽しみにアラフォーママ達はがんばっているのです。子供たちが手を離れたら、「ママ女子の旅」をしてみたいな〜と考えています。
50代、初のオンライン女子会で感じたこと
ハナミズキ
20代の女子会なら、コスメ、男子、恋バナの話題で盛り上がるでしょうが、50代の女子会の話題は、健康、親の介護、老後の話がメインとなってきます。20代のトピックと比べると、話題はいくぶん重くなってきますが、自分の抱える悩みをみんなで一緒に考えてもらったり、笑いとばしてもらうことで肩の荷がスーッと軽くなるところは20代と同様です。そんなわけで年に一度は高校の同窓生5人とお洒落なレストランでランチ女子会を開いてきました。ところが今年はコロナ禍で集まることが叶いません。そこで初のオンライン女子会を開催しました。すると遠隔地で日ごろ集まれないメンバーも参加でき、お店の時間を気にすることもなく、体を締め付けるおしゃれな服を着なくてもすみ、リラックスした雰囲気で何と5時間も話が弾みました。途中でメンバーの夫、子供が画面上で参加したりすることも微笑ましかったです。親の介護を抱え、一人鬱々と悩んでいた問題も、みんなに聞いてもらってリフレッシュできました。オンラインでも繋がり続けることの大切さを実感しました。
女子会で萌え話するなら要個室
いろは
女子会といえば、インスタ映えするお店でインスタ映えする料理を食べ、女子力高いトークをする人が多いと思いますが、腐女子の女子会はちょっと違います。腐女子(BLが好きな女)の女子会での会話は推しキャラの萌え話がほとんどなので、腐女子に対して理解がない方々に話の内容を聞かれるのは好ましくありません。そこで腐女子が女子会を開く場合は個室のある飲食店、またはカラオケボックスが主となります。しかしコロナの影響でカラオケボックスは利用しにくく、個室を利用することが増えました。個室に入り注文を終え、料理がある程度運ばれてきてからが本当の女子会の始まりです。腐女子の女子会はオフ会の要素も含まれていて、SNS(主にtwitter)で知り合った人が多く、実際にお顔を拝見するのが初めてという方も少なくありません。腐女子といえば地味で暗いブスという印象を抱いているかも知れませんが(私はそうですが)、中には凄い美人もいたりするのが楽しいです。話す内容は推しキャラについて推しがいかに可愛いか。推しがいかに尊いか。推しがいかに皆に愛されているかを語りあいます。あ、そうそう萌えキャラ達はヌイグルミ化されていることが多いので、もちろん皆推しのヌイグルミをテーブルに置いたりしているのが、普通の女子会とは違うところです。普段できない萌え話をしまくれるのが、腐女子会で最も楽しいことです。
ママたちだって女子会します!
いちこ
子供が幼稚園だった頃に出会ったママ友さん。ひょんなことがきっかけで、今ではほぼ毎月『女子会』を開くような仲になりました。独身のキラキラした女子たちのように、いつも素敵なところでの女子会はなかなかできないけど、それなりにオシャレとされるお店でランチを楽しんだりしています。毎回、それぞれがリサーチして、『今度はここに行ってみたい♫』とか、場所を決めるのも楽しみのうちの1つです。ママになって、毎日が目まぐるしく、気づけばいつも家族優先…そんな中での『女子会』はリフレッシュ&リセットにとても役立っています!美味しく、美しいお料理を目の前に、話すことといえば、やはり子供のこと。成長過程に合わせて生活も悩みも変わってきて…。誰かに相談したいなぁ…と思う時も、『女子会』があると思うととても心強くて1人で育児をしているワケではないんだなぁ、と力をもらえます。『子供を産んだら、もう女子じゃないよ?』と言わず、ママたちにも女子会楽しませてもらえたら!と思う今日この頃でした。
お家&パジャマで女子会は学生気分でおすすめ
あんず
友人の家にパジャマを持参で行きました。デリバリーをフル活用し、なるべく何もしないようにしました。夕方早めに集まり、交代でシャワーを浴びたり、食事の準備をしたりして全員が揃うまで待ちます。冬だったのでフリースやもこもこのかわいいパジャマを着ての女子会がスタートします。パジャマなのでリラックス感がかなり高く、お酒が入るにつれ次第に本音や普段は言わない弱音を話しやすい環境になっていきました。みんなあまり言わないけれど、お仕事で嫌なことあったり色々とあるんですね。「頑張らなければ」、とか「私が我慢すれば」「ここを辞めたら次の仕事がないから」など我慢している理由もそれぞれでした。見栄を張らず、強い自分でいようとしなくて良いんだと感じる事が出来ました。まるで学生の頃に戻ったように楽しい時間が過ごせました。友人の中には医療従事者が数名いるので外食が難しく、お家でパジャマの女子会をしましたが、最高に盛り上がり、これからも時々こうして集まる約束をしました。もうしばらく外食が難しそうなので、お家での女子会を楽しめるようなものを色々と考えてみようと思っています。友人の家なので酔ってもそのまま泊まれるし、普段ハードワークをしている人にもおすすめしたいです。
GoTo利用アフタヌーンティー女子会
ちーちゃん
普段はちょっと勇気がいる高級ホテルでのアフタヌーンティー女子会にハマっています!アフタヌーンティーといえばケーキスタンド!あのスタンドがテーブルに運ばれた瞬間に女子とはもう言いづらい年齢のわたしの女子ハッピーレベルが上昇します。Aman Tokyo、帝国ホテル、インターコンチネンタル、コンラッド、ディズニーのオフィシャルホテルなど季節に合わせたアフタヌーンティーメニューを楽しめる素敵な高級ホテルがいっぱあります!ホテルではなくてもフランスの老舗菓子店のラデュレなど、インスタ映えしまくるアフタヌーンティーもお気に入り。ちょっと高級目のホテルが行き先になることがおおいので、いつもよりちょっとだけ服装に気合を入れて女子会、とは言ってもあまり大人数でなく2-3人で他愛もないことを話し、ひたすら目の前にあるおいしくて見た目のかわいいスーツたちを写真に撮りまくってインスタにアップする…それがわたしのお気に入りの女子会です!コイバナとかなし!砂糖とカワイイで幸せになれます!!
女子会で話すことや楽しみ
こま
女子会において楽しみな事はいくつかありますがその中の1つが、おしゃれをすることです。大抵の場合おしゃれなカフェやレストランの予約を友達がしてくれるので、料理なども楽しみですがその日までにコーディネートを考えることも、楽しみの1つになっています。友人はおしゃれな人が多いのでそこも楽しみの1つです。毎回特に何を着て行くなどの話はしませんが、その行事によってコーディネートが被ることがあります。クリスマスにバレーを見に行く時は白や赤を基調とした服、美女と野獣の映画を見に行く時はみんなどこかイエローのモチーフをつけていました。話し合いをせずともなんとなく、ファッションに置いてどこかかぶる部分があり、いつも会った時に最初に服装の話題になります。そして、レストランなどについてからもひたすらおしゃべりです。話題は次から次へと変わっていき、おもしろおかしな話、懐かしい話、最近の仕事や恋愛のことなど、ふざけたことも真面目な話もして、あっという間に時間がきてしまうので、いつも解散が早く感じます。
30代ならでは!妊活の話題で盛り上がる女子会の話
moe
30歳を過ぎると周りも既婚者が増えるため、女子会で盛り上がる話題も婚活の話題から妊活や子育ての話題に変わってきます。先日参加した女子会も全員既婚者だったので、女子会というより主婦会といった感じでした。子供が小さい人や妊活中の人まで事情はいろいろです。私自身は現在不妊治療でクリニックに通っていますが、女子会とはいえ話しにくい話題のため、話すかどうか迷っていました。迷った末、思い切ってカミングアウトすると、「うちも体外受精で授かったよ!不妊治療、メンタルやられるよね。」と共感してくれる人がいたのです。確かに不妊治療は内服治療、人工授精や体外受精など、女性の身体に負担がかかるのはもちろんのこと、メンタル的にかなりきつくなることがあるのです。話しにくい話題でしたが、この機会にたくさん話を聞いてもらい、気持ちがすごく楽になった女子会でした。それ以来、不妊治療のきつさに共感してくれた人とは、2人で女子会をすることも多くなりました。つらい気持ちを分かち合うことができて、更に友情が深まっています。思い切ってカミングアウトしてよかったです。
最近のマイブーム「リモート女子会」
Mari-guru
旅行が好きな私は毎年何度か東京に遊びに行き関東在住の友達と女子会をしていました。しかし、新型コロナウイルスの影響で今年は東京に行くことができず、友達ともたまにSNSで連絡を取り合う程度にとどまっていました。地元でも飲み会を開くことができず、飲み会好きの私としては憂鬱な日々でした。そんな中、テレビで「リモート飲み会」のトピックをたまたま目にしました。SNSのグループに提案したところ、同じく飲み好きの彼女たちは大賛成してくれさっそく日程調整しました。関東以外の友達も参加できるということで、想定よりも大人数での女子会になりました。これまで、東京に行った際はお洒落な場所で女子会をしていました。今回は各自お酒と食べ物を準備するということで何にしようか悩みました。私は地元の焼酎と新鮮なお刺身、東北の友達は日本酒率が高いなど地域によって異なっており、準備した飲食物の話題でとても盛り上がりました。また、子供や仕事の都合で普段は集まれないメンバーも、リモート飲み会だと子供たちの声が混ざっても仕事帰りにちょっと参加など全然気にならないのもよかったです。まだまだ、東京に集合して女子会を開くのは難しい状況なので、当分はリモート女子会で大切な友達とのひとときを楽しみたいです。
私が体験したご近所さんの開いた迷惑な女子会
ムフムフ
女子会といえば楽しい仲間同士のおしゃべりや料理を楽しめる会となるものなのでしょうが、私が体験したのはありがた迷惑なご近所さんが開いた女子会でした。転勤族なため一つのところにずっとは住めないこともあり、以前から私はお友達作りはほとんどしません。越してきても数年でしょ?という態度の方がいたり、その地域のやり方だとかをごり押しで押し付けてくる方が多かったのでウンザリしていたのが理由です。それでも仲良くできた方もいましたし、ほどほどなお付き合いがよい距離だと思っています。そのご近所さんは遠いところにお孫さんのいるご夫婦で、はじめからいろいろ根掘り葉掘り聞いてくる方でした。3歳で夜泣きをちょこちょこしていた娘に引っ越しも相まってグロッキーな私はストレスマックス。関わりたくないし、できれば休んでいたいのにご近所さんが一品の持ち寄りの女子会をしようと言ってきました。しかも日曜に。ご近所付き合いと諦めて参加しましたが、中身はこちらのことをあれこれ聞き出すためのゴシップ会のような会でした。翌日、体調を理由に途中で抜けた私の悪口が町内で広まっていたのでそこでのお付き合いは一切断りました。女同士なんだからのセリフがあれほど醜悪に感じた瞬間はありませんでした。
素の女子会【ホクロ】
MONE
私は女子と遊ぶのが苦手です。なぜなら女子は自分中心というイメージがあるからです。カラオケに行ってもずっとスマホ、恋バナは共感してくれないと無理、SNSは自分が一番に盛れている写真を載せるなどなど。。。偏見かもしれませんが(笑)興味のない話ばかり。そんな女子と遊ぶのが苦手な私が唯一盛り上がった会話を紹介します。初めに言っておきます。本当にしょうもない会話です。【ホクロ】についてです。私は人についているホクロがとても気になってしまいます。芸能人でも、もちろん一般人でも特に顔に大きなホクロがあるとそれが目に入って会話が集中できません。その話を女子会ですると、とっても盛り上がりました。「ホクロ 芸能人」「ホクロ 位置」などみんながホクロに気になりだして、女子会メンバーのみんなの検索欄がホクロで埋め尽くされてしまいました。気づいたらホクロの話で2時間(笑)今まで自分中心だったのが見事に一致団結?しました。女子会で会話がなくなって困るときは誰にでもあると思います。その時は是非【ホクロ】について話してみてください。きっと盛り上がります。
大学のころの友達集めての女子会は複雑だけど楽しい!
ひまわり
最近大学のころの友達たちと女子会をしました。大学のころは話題の内容も自由でなんだか夢があったりバカみたいな話ばかりでしたけど、社会人になるとそのような話題ではなくて仕事のことや結婚のことが話題の中心でした。ある友達は、新卒採用で勤めていた会社を辞めて新たにアルバイトをしその職場で出会った男性と半同棲を始めていたり、ある友達は派遣社員を辞めてそのまま無職だったりと人生のターニングポイントを迎えていそうな話ばかりでした。大学生時代の何も中身がない話よりとてもハラハラしますし、人生が大きく変わっていく時期なんだと身が引き締まる思いをしました。でもこんなまじめな話をするのはまだ比較的お酒は入っていない女子会のいわゆる前半戦でどんどんお酒が入ってくると、大学生の時のようなまったく中身のない話にタイムスリップです。最近のかっこいい芸能人の話やその芸能人が出てるドラマの話、「最近の若い俳優や女優は何にも分かんないやー」と言い合ったり。女子会では話の内容が昔よりは現実味を帯びた話になって少しリラックスできない時もあるけど最終的には何でもどうにかなるという気持ちになって解散するので、女子会は楽しいです。
懐かしい女子会もメンバー次第
GNZ
学生時代に仲の良かったメンバーで、泊りがけの女子会をしようということになり、地元で夜景のきれいな露天風呂が売りというホテルに集まることになりました。県外からも来て懐かしい顔を合わせて盛り上がりました。学生時代の仲間とは長く会っていなくても思い出話に花が咲いたり、年齢的にも健康についての話題など、話すことはたくさんありました。数名でバカ話、二人でかなり真剣に、などとにかくしゃべりっぱなしでした。そんななかで少しずつ気になってきたのが、仲の良い集まりでも気を使わなすぎでは?という発言をする人がいたことです。幹事は、皆それぞれに違った生活をしているから贅沢過ぎずに気軽に参加できるような値段設定でホテルも決めたと思うのですが、「バイキングと言っても、昔みたいに食べるわけじゃないから、次にやる時はいいものを食べられるところがいいね。」と平気に言ったり、「露天風呂も眺めはいいけど、もっと広いかと思ってた。」と言ったり、皆の予定や人数などいろいろと考えてホテル探しや予約をしてくれた仲間に感謝の気持ちは無いのかなと思いました。さすがにそれを指摘すると空気が悪くなると思って黙っていましたが、次にその人が来る少人数の女子会なら参加は考えなければと思いました。
30代の女子会トークは美容から健康へ
ちゅちゅちゅん
大学時代の友人とは30代後半になった今でも定期的に集まって女子会をしています。女子会での話題は20代のころは恋愛トークが多かったですね。そういうこともあって美容に関する話題も多かったです。30代に突入すると徐々に結婚するメンバーも出てきて、美容と言ってもアンチエイジングについての情報交換が増えてきました。友人と話していると、アンチエイジングを気にしていると食べるものや健康にも自然と気遣うようになっていくんだなと感じます。女子会のお店選びでも、以前よりも料理のヘルシーさに注目するようになったように思います。独身時代のように夜遅くまで時間を気にせず飲み歩くというスタイルではなく、ランチにゆったりと過ごせるレストランで、アルコール抜きで野菜が豊富なメニューを選ぶようになりました。付き合いの長い、気心知れたメンバーとの女子会なので、旦那さんにも話せない相談などもできますし、思い出話をすることでリフレッシュになる。心身ともに健やかでいるために、私にとって女子会は無くてはならないものだなと感じます。
幼稚園ママ友の女子会
ゆめ子
よくドラマでママ友のカースト制みたいな怖い話を見て、ある程度の距離を取って付き合うようにしているママ友付き合い。つい先日、時間に余裕があったので初めてママ友のランチ会に参加しました。ほとんどが専業主婦で、お金持ちの幼稚園というわけでもないので近くの飲食店でランチ会をしました。みんなどんなメニューを選ぶのかなというところから始まりましたが、実際に話し出すと楽しいもので、久々に爆笑してランチを楽しんだ時間となりました。ほとんどは子供達の話が中心で、仕事をしている人は仕事と家事育児の大変さに付いて語り、ボランティアが大好きな人はボランティアでの話を披露していました。話していて感じたことはドラマのようなカースト制は普通の幼稚園ではないということです。ママ友は誰かを蹴落としたいのではなく、母として、妻としての顔ではなく一人の女性として楽しみたい人が多いのではないでしょうか。今後も予定を調節してママ友ランチ会にどんどん参加して、リフレッシュする時間を過ごしたいと思います。
女子会で話す家庭事情
かぐら
全員社会人の20代後半女子...女性?3人の女子会でした。全員共通で好きなゲームがあり最初はゲームの話で盛り上がっていましたが、お酒も入り段々とディープな話に...。共通して言えることは、全員母親が「毒親」という内容でした。皆一人暮らしをしているのですが、勝手に家具を買われる、連絡なしで突然インターホンが鳴るなどストーカーのような行動や、婚活パーティーのURLを送ってくる、転職サイトからなって欲しい職業のURLを送ってくる...など理想の押し付け行動が共感を得る内容になっていました。「ほかの友達も言ってた〜」という話も出たので、女の子の母親あるあるなのかもしれないね、という話になり、そこから母親との向き合い方を話していました。自分の母親にひどいことを言っているという罪悪感からなかなか話せない内容でも、気心しれた同性の友人に打ち明けることで自分だけじゃないと思えますし、その後なにかあった時にもすぐ愚痴りやすくなったので、本当に良い女子会でした。
裏表のない友人との女子会
hana
年齢だけでなく独身、既婚、子供の年齢などそれぞれ違う私たちは職場で出会い、何故か意気投合して仕事を辞めても一年に一度は食事をする女子会をしています。美味しい物に目がない私以外の人に日時やお店は全てお任せできるのも私にとっては嬉しい。3、4人で毎回会うのだけれど、仕事の愚痴やコスメの話、スキンケアや嫁姑問題の話。最近、買って良かった物や掘り出し物が見つかるお店の話など、何時間でも話していられるんです。最近では、スキンケアに目覚めた友人が多くアドバイスを求められる事が多くなってきました。それぞれに年を重ねてきたんだなぁと実感です。私は、若い頃からスキンケア商品や化粧品が好きだったので今でもアドバイスを求められる事が多い。特に美白ケア。しみに悩むお年頃ですから。お互いの好みを食事から洋服まで知っているだけに気が楽で、純粋に会っていることを喜べる相手ってなかなか見つからないと思うんです。喜怒哀楽を共に感じる事ができる友人たちが大好きです。
PTAがらみの女子会…気が付いたら輪の外に
“もう、八方美人は止めます”ママ
娘の通っていた公立高校でPTA役員を担当していた私。卒業してからも毎年、12月初旬に忘年会の名を借りた役員たちの「女子会」が開かれてきました。はじめの頃こそ、懸命に盛り上げた体育祭や文化祭、卒業懇談会など、皆で力を合わせたイベントの思い出話に花が咲き、楽しく散会したものでしたが、さすがに娘も大学を卒業し、社会人となってからは、参加した40〜50代女子たちの家庭や仕事についての話か、かつて見知った教師たちの噂話が中心になってきました。聞くともなしに聞いていると、皆さん、仲良しさんを作って、こうした女子会のほかに、ラインなり、会うなりでたびたび情報交換をしているようで、皆さん、おしゃべりに夢中です。パート主婦がほとんどだったPTAは、お友達づくりの場所だったの?正社員としての仕事が忙しく、PTAで個人的な知り合いは作らなかった私ですが、同じような人も何人かいて、にぎやかなおしゃべりの輪から取り残されていました。仲良しさんを作らなかったから?それもあるかもしれませんが、あの熱気の中に無理に飛び込んでいくよりも、次回からこの女子会はパスしてもいいかな、と思いました。
大好きな仲間と女子会
ちょこ
私が一番元気をもらえるのは以前の職場で出会った仲間との女子会です。出会った頃はまだハタチそこそこの私たちでしたが、気づけばラスト20代。あの頃とはみんな全く違う仕事をしていたり、結婚したり妊娠・出産を経たりとかなり環境は変化しました。でもやはり集まるとあの当時のお局様の話で盛り上がり、みんなで爆笑してしまいます。住んでいる場所も近いわけではないため半年に一度くらいのペースでしか予定が合わないので、なかなか頻繁には集まれませんが半年の期間なんてまったく気にならないくらい話が途絶えません。基本的にみんな穏やかな性格なのですが、盛り上がってくると我先にと夜の話やら共通の知人の現在・仕事の裏話やらと、ネタをどんどん放り込んでくるところも大好きです。過去のつらかったことも全て共有しているからこそ、一緒にいて安心するし仲間のハッピーな出来事も自分のことのように思い嬉しくなります。仕事や家事で日々クタクタになってしまっていてもみんなに会えると疲れも吹き飛びます。これから先、年を取ってもお局様の話で盛り上がれる私たちでいたいです。
Netflixで繋がる女子会
kaz0303
女子会の話題といえば、恋愛や会社のことが多かったのですが、30代に入ると今までの内容では飽きてきてしまうので、最近はもっぱら配信動画サービスでの会話が増えました。元々テレビや芸能の話をすることも多かったのですが、自粛期間も長くあったので、今まで配信ドラマを観ていなかった友人もどんどん積極的に観るようになって、話題が増えました。特に韓流ドラマは、観ている人も話題作も増えてきたので、「愛の不時着」「梨泰院クラス」をはじめ、あの俳優の作品、この女優の作品とコンプリートを目指す強者も現れて、ますます盛り上がりを見てせています。30代ともなると、ドラマのあらすじや見どころも、ここが面白い、この演技がたまらないなど、それぞれのこだわりの解説が聞けるので、お勧めされた作品は私自身も積極的に観るようにしています。周りが見ているドラマに意外と知っている俳優さんや女優さんが出ていることもあり、「あ、これにも出ているんだ!!」と共通点が見つかったりすると、余計観るのが楽しくなってくるのも面白さの1つだと思います。今までは、自分のことや普段の出来事を話していたのに、それぞれの生活基盤が変わってくると、やっぱりエンターテイメントの話が一番盛り上がり、楽しくなります。自分たちの好きなもの、こだわりのあるものを話すのは、お互いに発見もあって女子会ならではの楽しみかなと思います。
2年に1回の女子会について
basamiruku
県外に就職し結婚した友人が帰省した際に開く女子会です。いつも同じ人が幹事となり、ご主人と1度来店して味がよかったらそこの店で女子会をします。コロナになり、今年は帰省をあきらめた友人もまた次の年は帰省すると思います。みんなで8名のメンバーですが一人は県内の少し遠い場所に住んでいてまだ1度も参加したことはありません。しかし、幹事の友人のところに3年ほど前に手紙が来ました。そしてその友人が友人のラインに招待しそれからまだ女子会が開かれていないところです。市内に住む友人も親の介護などがあり、来れない友人もいます。私も、子供が長い入院をしているときに参加した時は元気がなく、県外に就職した友人はそれに気づき手紙をくれました。それから、その友人とは手紙のやり取りが始まりました。手紙もその友人とも実母が入院している私が20代の頃は文通していました。その頃からこの友人は心の優しい人でした。家で買っている犬が15年以上経ち食欲もなくなり、その犬の介護を夫婦で交替でやっているようです。また、次の年は帰省すると思うので長く会っていない市内の友人とも話をする機会を女子会で持ちたいです。
スポーツクラブ会員の女子会は・・・
ルル
通っているスポーツクラブの女子会に誘われました。同じスタジオプログラムに参加している人たちが自然と仲良くなって年に数回女子会を開いています。わたしは入会して1年ほどですがこの間「今度女子会をするから来ない?」と誘われて行ってみたのです。その時は10人集まりました。メンバーが誰か知らずに行ったわたしもわたしですが少し苦手な人がメンバーに混じっていてちょっとしたことで気まずくなってしまったのでもう2度と参加しません。気まずくなった原因は、わたしがのに入っているスタッフの悪口を誰かが言ってそれに賛同する人たちと盛り上がっていたので「そんなことないよ、結構いい人よ」と言ったらその場がしらけてしまって。わたしがそのスタッフを贔屓にしていることを知っていて、わざわざ聞こえるように悪口を言い合っている様子にうんざりして、そのグループの女子会には絶対に参加しないと決めました。女同士は仲よさそうに見えても裏では怖いです。
体重など気にせずにスイーツ女子会
ポチ
私たちは同じ大学卒業の5人組、今でも定期的に集まって女子会をします。既婚者、独身者、子供あり、なしとお互いの状況は様々です。この日は、ホテルの夏季限定スイーツ食べ放題で女子会を開きました。私は普段はカロリーに気を使い、筋トレと有酸素運動を欠かさず、太らないように気を付けていますが、この日は特別です。朝食を軽めにして、スイーツと、気の置けない仲間とのおしゃべりを思いきり楽しみます。既婚友人もまた、旦那様が居ない所で思い切り食べる事が出来るのを楽しんでいるようです。独身友人は普段は仕事と家の往復だそうで、こちらは仲間とのおしゃべり重視のようです。このホテルの夏季限定スイーツは、モモやマスカットをふんだんに使ったパフェやスフレケーキなどでした。いつもは家計を気にして高価な果物は買いませんから、それが食べ放題だなんて、夢の様でした。おしゃべりの内容はそれぞれ立場が違うので、義理家族、旦那への愚痴から、子供のこと、仕事の悩みなど、多岐にわたります。そんな一人一人の話を頷きながら、より良くなるように解決したり、相談に乗ったり、良いことを喜び合ったり出来る私たちの関係は素敵だなと、今回も改めて思いました。体重を気にせず食べたせいで、次の日にはガッツリ1.5キロ増えていて、お腹もパンパンでした。2週間かけて元に戻しましたが、女子会で過ごした時間が楽しすぎたので、体重を戻すのは苦になりませんでした。
老化への抗い方がメインテーマとなる30代女子会
mayu mayu
大学時代の友人との女子会、30を過ぎた頃から集まる度に1番盛り上がるのは、アンチエイジングネタです。かつて20代の頃には出会い、恋愛で悩み、相談し合っていた私達もいつの頃からか悩みの種がお肌、体の衰えへと変化していました。前回集まった際には、お肌の老化を食い止めるには徹底した保湿ケアが必要だと主張する派と必要以上のケアはお肌の自然治癒力を奪ってしまうため逆効果だと主張する派で熱い討論を繰り広げました。最終的に落ち着いたのはどちみち食い止め切れないお肌の砂漠化には最新美容医学の力を借りるのが1番効果的だと言う元も子もない結論でした。更に既婚組は共通していかに生活感を出さず、若々しくいるかにエネルギーを注いでいることがわかりました。一方、独身組は出会いを求め結婚を望むことを諦めず自分磨きを続けるエネルギーを持ち続けるために努力していることがわかりました。出会った10代の頃には想像もしなかった老化への抗い方で盛り上がる30代の女子会もまた若い頃の思い出に変わる時が来るのが楽しみです。
女子会ならではの落とし穴
いろは
私には5歳の息子がいます。息子が通う保育園の同じクラスのママさん4人とありがたいことに仲良くしてもらっていました。みんな働いているという事もあり、送迎時や行事などで顔を合わせてその時に少し話す程度だったのですが、ある日一人のママ友と連絡先を交換し、その後ママ友のグループチャットに参加しました。ママ友1人や2人と遊びそれぞれ順調に親交を深めていき、私はるんるんでいました。しばらくして平日のお昼にママだけでランチにでも行こうと誘いがあり、グループチャットに参加しているメンバー全員でランチに行くことになりました。まだあまり話したことのないママさんもいたので緊張していたのですがそんな緊張もすぐに解けて気軽に話すことができとても楽しい時間を過ごしていました。しかし、ママ友のうちの1人が急にお昼からはキツイよという内容の下ネタを話し始め、最初はみんなやめなよ〜という雰囲気でしたがいつのまにか下ネタを受け入れどんどんえぐい内容の話に…みなさんご存じかどうか分かりませんが、女子の下ネタはえぐいというか生々しいんです…せっかくおいしくいただいたランチもその話題のせいで台無しになった気がして、もうこんな女子会はこりごりだと心の中で泣きながら帰宅しました。また女子会を開催するみたいですが、みんな悪い人ではないので参加したいけど…ととても複雑な気持ちになります。これも女子会の使命なのでしょうか…
仲のいい子達との女子会は最高に楽しい
maezawa_
年に数回高校時代から仲のいい7人組で女子会をしています。7人もいるとそれぞれ仕事や育児など生活があるため中々全員は集まれませんが、その時集まれる子で会っています。最近した女子会は一昨年結婚した子のお宅にお邪魔し昼ごはんをみんなで料理して作りました。メニューはチーズフォンデュとトマトパスタ。チーズフォンデュ用の野菜を切る係、パスタを作る係に分かれて作業しました。私は友達と料理すること自体が10年ぶりでとっても楽しかったです。みんな大人になったからなのか適当に手際が良く、エプロン姿も似合っていて、仲がいいから横に立って一緒に野菜を切るだけで楽しかったです。高校を卒業して10年以上経つのに一緒にいるとすぐその瞬間に戻れます。何年経っても、どんな仕事をしても、生活が変わっても関係が変わらないことが嬉しいです。このメンバーだったら何をしても楽しいのだろうと思います。これから先もずっとそうだといいと思います。

お知らせ・ご案内

聞きたいこと募集中
多くの方に聞いてみたい事を募集中です。

女性

育乳で試したことと結果
回答:172件
育乳で試したことと、その効果や結果を170人以上の方に聞いてみました。ご自身の育乳のご参考になります。
バストサイズが決まる要因
回答:112件
「医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由」という記事をご覧頂き、その内容に対してのご意見を聞いてみました。