人気ランキング

贈るならVISA・JCBギフトカード

よーこはまさん : 2015/07/10
今まで贈りものとして貰って嬉しかったのはやはり、VISAやJCBギフトカードです。
何よりも使える対象が多いからです。

財布に入れておけば、いつものスーパーやショッピングセンターなどで様々な対象物に使用可能です。

何かのお祝いで現金を貰った時の内祝いは、現金を返すのではなく、VISAかJCBギフトカードをお返しする事が多いです。
お祝いの内容によって品物を添えて贈ります。

万が一、ギフトカードを使わなくても金券ショップで買い取ってもらえます。
勿論100%の金額で買い取ってはもらえませんが、元々無かったものとして考えれば立派な臨時収入になるのではないでしょうか。

また、最近ではAmazonやiTunesギフト券などのデジタルギフト券の買い取りサイトもネットで多数増えてきています。

内祝いでデジタルギフト券を贈るのは少々失礼にあたるかと思いますが、ちょっとしたプレゼントなら、贈る相手によっては確実に喜んでもらえます。

カタログギフトも貰った側は嬉しいですが、システム手数料(税抜き500円〜700円の物が多いようです)が引かれた額での掲載なので贈る側はその分も考慮した額のカタログギフトを贈ると良いでしょう。