文章量、ふんだんな画像、何を重視すべきか?

【Q】質問

SEOを上げるためには1ページの文章量が多い方が良いと言われますが、
可読性を上げるためには画像をふんだんに使った方が良いとも言われます。
どちらを重視するべきですか。
また、文字を文字が入った画像に差し替えてもSEOを上げる方法はありますか。

【A】回答

文章量、画像数よりも、ページを見た人が、最終的に「見やすい」「分かりやすい」など、
何らかの「喜び」を感じられるかどうかの方を、遙かに重視します。

文字数、画像数、可読性などは、飽くまでも一般的にはという話しであって、
それらに拘らなくても、グイグイ引き込まれて数千文字の文章を一気に読めるページもあります。

その様な一気に読めるページに、ふんだんに画像が使われていたらどうでしょうか?
小説にふんだんに画像が使われていたらどうでしょうか?と言うことに近いかもしれません。

最近は画像を入れなければダメというくらいに考えているのか、
無理矢理、関係の無い画像を入れているページも多数あります。

個人的には、邪魔だと感じます。

文章量も画像も、「これを伝えるために必要だから」という理由が無いのであれば不要だと思います。


画像をふんだんに使わなければならない文章というのは、気付いたら読み終えていたということが無く、
一生懸命読まなければならない、という引き込めていない文章と言うことなのでは無いでしょうか。

画像を使わないと飽きてしまって、最後まで読めないつまらない内容、、、という感じです。

そのようなページに被リンクが集まるとは思えません。

この様な質問を頂くときは、いつも自分の感覚を大切にした方が良いとお話ししています。
自分が読んで読みやすいと思うか、不要な物や邪魔な物が含まれていないか。

最期の文字入りの画像を使う場合については、その文字をaltに書けば問題ありません。

前次ページ

カテゴリ内ページ

カテゴリ一覧