文字数と記事数と検索結果の順位の関係

疑問と回答

多くの人が、文字数、記事数、ページ数はどうすれば良いのだろうと疑問を持っていると思います。

その答えとして、○○文字以上必要、○○ページ以上必要、○○記事以上必要、
などと書かれているページを沢山見ますが、全くそのようなことはありません。

むしろ、それだけ書かなければ人を集められない程度の内容と言うことになります。


当サイトのお客様からも、良く同じ様な事を聞かれますが、いつもラーメン屋さんを例にご説明しています。


メニューは1種類しか無いが、そこでしか食べられない超美味しいラーメンがあるラーメン屋さんと、
メニューは20種類あるけど、どれも美味しくないラーメン屋さんと、

どちらが人気店になると思いますか?

自分なら、どちらの店に行きますか? どちらの店に友達を誘いますか? 大切な人に紹介しますか?


その答えは、ネットでも同じです。


大した喜びのないページが何ページあろうと、人気サイトにはなりません。

一方、1ページしかないサイトでも、「今すぐ誰かに教えたい!」と言うほどの内容であれば、

あっという間に人気サイトになります。


内容次第では、この1ページで、つまらない100ページのサイトのアクセス数も簡単に抜けます。


実際に、たったの1ページで、検索結果の上位に表示されているサイトもあります。

見た人が「今すぐ誰かに教えたい!」となれば、自然に被リンクが増えるのですから当然の結果です。


あなたは、「へ〜」「ふ〜ん」という程度や「つまらない」と感じるようなページを誰かに教えますか?

そのように被リンクに繋がらないページを幾ら増やしても、人気サイトにはなりません。

恐らく、1000ページあっても誰かに紹介することは無いでしょう。


理想は、「今すぐ誰かに教えたい!」というページを増やすことです。

大切なことは、文字数やページ数や記事数では無く、「見た人がどれだけ喜べるか」です。

こちらも合わせてご覧頂くと理解しやすいかと思います。
検索結果の順位が上がる仕組み

良くある勘違い

既に多くのページ数があるサイトの運営者が良く言うことがあります。

「ページ数が足りないからアクセス数が伸びないんだ」
「頑張ってページ数を増やせばアクセス数も増えるはずだ!」


どれも美味しくないラーメン屋さんが、美味しくないラーメンを更に増やせば人気店になると思いますか?

そう言うラーメン屋さんに、あなたは行きますか?友達を誘いますか?友達に紹介しますか?


何度でも書きますが、美味しくないラーメンは誰も紹介しませんから、人気店にはなりません。

面白くもないページしか無いサイトも同じです。


でも、だって、、、文字数が、ページ数が、、、ってあちこちに書かれているし。。。

同じように仰る方が、大勢いらっしゃいます。

どちらを信じるかは、ご自身の自由です。


ただ、「今すぐ誰かに教えたい!」というページを、1ページだけでも作ってみることをお勧めします。

実際に作ってみるとわかります。

そのサイトで、そのページだけが断トツにアクセス数を得るはずですから。

前次ページ

カテゴリ内ページ

カテゴリ一覧